装飾、デザイン、ライフスタイルセクターの国際見本市であるMaison&Objet 2019は、9月6日から10日まで、パリのヴィルパントエキシビションセンターで開催されました。ダイナミックな国際ビジネスが特徴のショーで、刺激的なイベントの魅力を確認しています。

群衆を引き付けるMaison&Objetの能力は、主に、有望なビジネス傾向を推進する能力と相まって、セクターの新進気鋭のトレンドを偵察して紹介する卓越した能力にかかっています。家の装飾、デザイン、工芸、ライフスタイルの各セクターの業界の専門家が集まり、Maison&Objetに集まり、アイデアを交換し、発見を行い、市場のトレンドを把握することができました。

パリノールヴィルパンテエキシビションセンターで開催された装飾、デザイン、ライフスタイルフェアの扉は、再び前向きなビジネス環境にありました。過去1年間に採用された戦略:イベントをこれまで以上に明確かつ直感的にすることを目的として、オファーを2つの別々のハブ、「メゾン」と「オブジェ」に編成する戦略。

注目を集める才能と象徴的なデザインブランド、若い卒業生と美術館の機関、新しく立ち上げられたデザインハウス、職人とインスピレーションを与える手を持つデザイナーメーカーはすべて、望ましいライフスタイルのビジョンを発明して披露するためにパリに集まります。自然と調和し、テクノロジーを駆使して人をつなぎ、世代から世代へと受け継がれてきた伝統的な専門知識を活かし、時の流れを目の当たりにするライフスタイル。望ましい開発は、私たちを抑制されていない復活の道に導く、その微妙で切望されていたバランスを打つのに役立ちます。

最も有望な新進気鋭の才能から最も高く評価されているインテリアデザイナーに至るまで、直接再接続したいという願望と傾向は明白でした。装飾とデザインの分野で働く誰もが新しいコレクションを発見し、実際に触れて感じることができることが重要ですが、クライアントはついに製品に親しみを持って親しむことができました。

9月版の達成もWORKの選択にかかっていました!あらゆるレベルで配信され、出展者と新規訪問者を同様に魅了するテーマ。何年もの間、私たちの労働環境とレジャー環境の境界線は徐々に曖昧になり、家具メーカーとメーカーは家の装飾のコードを採用し、機動性、社交性、快適さ、パーソナライズ、柔軟性の要求を満たす範囲を開発することを余儀なくされています。

フィリップ・ボワセリエが上演した約1,200m²をカバーするWORK!MAISON&OBJETのゾーンでは、カンファレンスプログラム、エキサイティングな新しい発見やアクセサリー(Chantal Hamaideから提供)を紹介するスペース、特定のWORKを伴うクリエイティブなワークスペースデザインソリューションを紹介しました。見本市全体をカバーする旅程と、500を超えるビジネスミーティングを主催したまったく新しいエリア。インスピレーションを収集し、新しいビジネスチャンスを生み出す機会がたくさんあります。

Maison&Objetが家具や食器から調理器具、照明、テキスタイル、フレグランスまですべてを取り入れた専用の旅程をまとめたホテルとレストランの取引から始まり、すべてが安全基準、アクセス可能性、堅牢性などの点でその業界の特定のニーズに対応しています。9月の見本市では、各ゾーンの装飾、装備、設計の課題に対処するための一連の会議を伴う、ニーズに合わせて特別に調整された旅程が取り上げられました。今回新しくなったのは、ホテル経営者、レストラン経営者、インテリアデザイナーが、数百の専用ブランドを選んで300を超えるビジネスミーティングに参加する機会でした。

MAISON&OBJETは常に新しい才能を求めて、このエディションのデザイナーオブザイヤーに選ばれた建築家LauraGonzalezの作品を祝いました。いくつかの征服サミットと同じように、パリ-マラケス建築学校で訓練を受けたこの37歳の女性は、ファッショナブルな会場、レストラン、バー、ブティック、ホテルなど、彼女の名前のデザイン征服の印象的なリストをすでに持っています。このイベントはまた、6つの新進気鋭のアメリカの才能を擁護することによって米国にスポットライトを当て、同時に池の向こう側から旅をした出展者(55ブランド)と訪問者の数の増加を引き起こしました。

Maison&Objet
1995年以来、MAISON&OBJETは、ライフスタイル、インテリアデザイン、デザイン業界の専門家にとって世界で最も重要なイベントとなっています。各エディションには、約3,000の出展者と85,000を超えるユニークな訪問者が集まり、その半分はフランス国外から来ています。新しい連絡先と新しい才能を促進する、年に2回のフェアは、最新のインスピレーションの源を提示します。MAISON&OBJETは、現在および将来のトレンドに光を当てることで、ブランド開発とビジネス成長の触媒になりました。

SAFI(Ateliers d’Art deFranceとRXFranceの子会社)が主催するMaison&Objetは、24年間、国際的なデザイン、家の装飾、ライフスタイルのコミュニティと関わり、それらを結集してきました。Maison&Objetの商標ですか?見本市とデジタルプラットフォームの両方を介して、また家の装飾の世界を刺激し刺激するトレンドを強調する独自の才能を通じて、つながりを生み出し、ビジネスを加速する独自の能力。

Maison&Objetの使命は、才能を明らかにし、つながりを刺激し、オンラインとオフラインの両方でインスピレーションを提供し、それによってビジネスの成長を支援することです。業界の専門家を対象とした毎年2回の見本市と、9月に開催されるパリデザインウィークを通じて、デザイナーとブランドの創造的なエネルギーが光の街で一堂に会します。Maison&Objetは、インテリアデザインセクター全体の頼れるプラットフォームです。

2016年9月に発売されたデジタルプラットフォームMOM(Maison&Objet and More)は、フェアに出展するメーカー、職人、デザイナーからの最新ニュースや製品の包括的な概要を提供します。デジタルプラットフォームにより、バイヤーとブランドは一年中会話を続け、コレクションを立ち上げ、物理的な会議を超えたつながりを築くことができます。エキサイティングな新しい発見の毎週のまとめは、セクター全体のビジネスを絶えず刺激します。底なしのインスピレーションの源であり、訪問者が年間を通じて何千ものブランドと直接コミュニケーションするためのツールも提供します。

さらに物事を進めるために、Maison&Objet Academyは現在、業界の専門家に、トレーニングと市場動向の解読に焦点を当てた毎月のコンテンツを放送する独占的なWebチャネルを提供しています。一方、私たちのソーシャルメディアプラットフォームは、Facebook、Instagram、Twitter、LinkedIn、Xing、WeChat、TiKTokのほぼ100万人のメンバーからなる活発なコミュニティと毎日交流することで、これらすべてのデザインの発見を続けています。創造性の首都としてのパリの先駆者として、Maison&Objetは、パリを世界をリードするデザインセンターの1つとして位置付けるための触媒です。

Related Post

MAISON&OBJET見本市は、デザインの世界的なショーケースとしての評判を維持しています。2019年9月版では、3,137のブランドが最新の作品を展示し、863が初めて展示されました。見本市もますます国際的なイベントになりつつあり、ブランドの61%が海外からの宣伝を行い、69か国を本拠地と呼んでいます。

パリデザインウィーク
パリデザインウィークは、フランスの首都全体でデザインの旗を掲げる200の住所を集めたデザイントレイルです。新しいコレクションが店頭に並び、夏の終わりの最新コンセプトが発表された瞬間に合わせて、このイベントはショップ、ギャラリー、ショールーム、ホテル、レストランからのサポートを活性化し、デザインと作成の経験を共有するために丸8日間を過ごすように招待します一般市民。このイベントでは、フランスおよび海外の一般市民と業界の専門家の両方を招待して、10日間の展示会、LE OFFで、パリのデザインに最適な住所と、業界で最も前衛的なアイデアのいくつかを発見します。

デザインのショーケースであるパリ:これは、MAISON&OBJET見本市と並行して開催されたパリデザインウィークの第9版で、光の街が丸10日間投影した画像でした。10万人のデザイン愛好家がこのイベントに参加し、ショールーム、ギャラリー、ワークショップ、美術館、施設、ホテルなど、5つの異なる地域に点在し、それぞれが共有のデザインテーマにスポットライトを当てる、230の予期しない会場で記録的な群集を作りました。 :ハイブリダイゼーション。この特定の「オフ」を断固として「イン」にした合併のお祝い。

パリデザインウィークは、フランスの首都を多面的なデザインへの情熱を持つ誰にとっても夢の目的地に変えました。それは、伝統的な家具地区から最新の創造的な温床まで、デザインに飢えた探検家を北、南、東、西に駆け巡り、ヴェルトボア、ピガール-スタリングラード、オペラ-コンコルド-エトワール、レハレス-マレ-バスティーユ、サンジェルマン-をカバーしました。 des-Prés地区。5つの地区すべてがハイブリダイゼーションに重点を置き、グローバルデザインの脈動にしっかりと注意を払い、MAISON&OBJETの仕事を反映しています。今日の新しいワークスペース専用のテーマ。

5つの地区はすべて創造的な活動のハイブであり、フランスの首都を横切る8つのデザイン主導のトレイルが、あらゆる好みに合うものを保証していました。現代のデザインの多くの面を探求し、アートだけでなく、美食、ファッション、アップサイクリングを含む多くの専門知識を発見する絶好の機会でした。

パリデザインウィークの待望のフリンジイベントであるLeOFFは、毎年新進気鋭のデザイナーを紹介し、この特定のエディションのためにVertbois地区に家を構えることを選択しました。レピュブリックとアールエメティエの間に位置するこのパリの創造性の新しい震源地は、コンセプトストア、レストラン、常設またはポップアップギャラリーが豊富にあり、街で最も先進的なものと見なされています。

その魅力的な魅力は、パリデザインウィークを魅了することは間違いありませんでした。パリデザインウィークは、新しいグローバルデザインの才能を紹介し、シャンタルハマイデが議長を務める円卓会議でさまざまなデザインのテイクを探求するためのプラットフォームとしてこのエリアを選びました。Vertbois Awardも初登場し、初優勝者のTimothéeConcaretとFormel Studioの背後にいるNicolasMérigoutが、9月7日の夜に開催された公式Vertboisイベントで賞を獲得しました。世界デザイン組織によって世界デザイン首都2020と名付けられたリールメトロポールも、来年の計画を共有し始める機会を得ました。

パリの最後の1インチは、必見の無限のリストを備えたデザインの呪文に該当しました。サンジェルマンデプレの中心部にあるバック通りで、カッシーナは、ほぼ17年前に最初にオープンした旗艦ショールームのためのパトリシアウルキオラによる新しいプロジェクトを発表しました。Made in Designは、20周年を記念して、20のデザインハウスとデザイナーとのコラボレーションで作成された20個の限定版を発表しました。dyptiqueは、PARIS DESIGN WEEKを選んで、家、diptyqueのバザールへの好奇心の最初のコレクションを立ち上げました。

BHV Maraisは、「Design Italia」イベントでイタリアの創造性にスポットライトを当てることで、ドルチェヴィータの真の感覚を刺激しました。デパートの各フロアには、ミラノのデザインであるロッサナオーランディ女王の監視の下、厳選されたイタリアのライフスタイル製品や象徴的なデザイナーの作品が展示されていました。デザイナーのMarcoLavit(Atelier LAVIT)とNicola Spinetto(Nicola Spinetto Architectes)は、イベントのために特別に作成されたオンサイトインスタレーションで、BHVとEATALYを結ぶ中庭を引き継ぎました。

今年、アメリカのデザインも中心的な舞台となり、MAISON&OBJET Rising Talent Awardsの背後にある専門家の審査員が、非常に有望な6人の受賞者を選出しました。Made in USトレイルを楽しんだ人は誰でも、最高の新進気鋭のアメリカ人の才能だけでなく、「AmericanDesigninParis」展のためにEspaceFroissartのJosephGalleryに向かうことで彼らの情熱をさらに楽しむ機会がありました。 、だけでなく、TriodeGalleryとWantedDesignによって展示された作品のセレクション。

最後に、いくつかの有名な文化施設も今年のイベントに支援を提供しました。国立公文書館から始まり、ウブリクという名前の若いデザイナーの集団がオテルドスビセの中庭に家を構え、高さ5メートルの壮大なスツールを設置しました。狙い?スツールをそれ自体で記念碑にして、考え方の変化を引き起こします。思考の糧としてのデザイン。同様に称賛に値するのは、建物のメイン階段である適切な名前のエスカリア・ドヌールを飾った、セリーヌ・ライトによって設計された紙の鳥の詩的な雲でした。

少し離れたところにあるパリ市立史料館は、フランスのボワフォレから木を使った作品を展示するよう招待された11人のゲストデザイナーをフィーチャーしたノワール&センスのインスタレーションを発表しました。一方、アングレーム・ラモイニョンの広い中庭には、ファットボーイの屋外家具が備え付けられており、社交やリラックスに最適な空間になっています。

Les Ateliers de Parisで、Martial MarquetとDöppelスタジオはFantasmagorieを発表しました。これは、PierreCharrié、Superpoly、Studio Martes、Studio Mousse、Adam Ruiz、Unitsなど、フランスおよび海外の15人のデザイナーによるさまざまな明るいアイテムを展示する展示会です。一方、Citéde l’architecture et du patrimoineでは、建築家やデザインハウスからの250点の家具の回顧展が展示され、1960年から2020年までのデザインの変化を探りました。

最後に、メキシコやスウェーデンの研究所を含むいくつかの文化研究所も参加しました。前者はオアハカ地域の居住者のためにコンスタンスギセットによって作成された8ピースのコレクションを提示し、後者は居住者の芸術家や研究者が使用する6つのスタジオの扉を開き、6人のデザイナーが完了した改修工事を披露しました建築家はそれぞれスウェーデンのブランドとペアを組んでいました。