展覧会

  • イランと中央Aisa 12-14世紀、イスラム美術博物館、ドーハ
    主にシリアとイラクの12世紀から14世紀にかけてのイスラム時代の黄金時代です。ビザンチンの視覚的な語彙(青と金の色、天使と勝利のモチーフ、ドレープのシンボル)と、12世紀の書物のフロントピースのモンゴロイドの顔のタイプとの組み合わせ。 […]
  • カタールのパターン、イスラム美術博物館、ドーハ
    比喩的なイメージの使用を避けがちなイスラムの装飾は、何世紀にもわたって発展してきた幾何学的パターンを頻繁に使用します。ビザンチン帝国とコプティック芸術の豊かな織り交ぜパターンから開発されたイスラムのインターレースパターン。 […]
  • レースを通して、バレンシアガ美術館
    レースは、長い伝統の織物であり、その機械化までの最も強力なクラスに関連付けられており、バレンシアガと産業技術の創造性が新しいアプリケーションやシルエットを賞賛するためにどのように結びつけることができるかを示す例として役立ちます。 […]
  • 高級体験、バレンシアガ美術館
    オートクチュールは、創業以来、贅沢で特に女性らしい経験の究極の表現と見なすことができます。 […]
  • 東室、シェーンブルン宮殿
    城の内装は皇室の住居としてだけでなく、表象目的のために建てられたものでもあり、君主制の威信を象徴し強化した無数の祝典や式典の場面であった。 この目的のために、多くの有名な芸術家や有名な職人が任命され、最高のエレガンスをお届けしました。 […]
  • ノースウェスタンの室、シェーンブルン宮殿
    シェーンブルン宮殿の1階の西側の棟には、19世紀のフランツ・ヨーゼフ皇帝とエリザベス皇帝の居住区があります。 […]