歴史を通じて、漆は、縄文時代初期から少なくとも9000年の間、個人の装飾品、宗教用品、食器、調度品など、さまざまな方法で使用されてきました。また、日本人の精神文化の進化に大きな影響を与えており、コーティング媒体として精神的な特性を持っていると考えられています。漆は日本人の根底にある文化の一部であると言っても過言ではないでしょう。

漆について
漆は、漆の木の樹液です。強力な接着特性を持ち、硬化すると非常に耐久性が高くなり、光沢のある仕上げが得られるラッカー材料として使用されます。東アジア全体に広く見られ、数千年にわたって日本で使用されています。 「ウルシ」という言葉は、日本のウルワシまたはウルムに由来すると考えられています。漆は硬化すると、酸とアルカリの両方に非常に耐性があり、数千年続くのに十分な耐久性があります。漆製品は、縄文時代(紀元前8000年-紀元前300年)の発掘調査で発見されました。元の木製ベースが完全に腐敗したが、元の漆コーティングが色と品質を保持したまま残っている場合も報告されています。

漆も非常にデリケートな物質です。
漆も非常にデリケートな物質です。漆の品質は、木からうるしを採取する日時によって異なり、また、それを収集する方法と場所によっても影響を受けます。漆は、他の塗料とは乾燥方法が異なります。ウルシオールと呼ばれる物質が含まれています。ウルシオールは酸素と反応し、酸化プロセスを経て硬化します。このプロセスを実行するには、適切な温度と湿度の両方が必要です。乾燥プロセスは、ピースが完成してからかなりの時間をかけて徐々に進行します。したがって、完成したばかりの作品は、最初に使用するときに非常に慎重に扱う必要があります。それは最初の1年後に通常使用することができ、使用の約3年後に光沢は完全に成熟し、作品は成熟したと言うことができます。

漆器は環境にやさしい
木材と漆の原料である漆器は、自然の恵みの2つのコラボレーションです。生産プロセスでは、ほぼすべての天然素材が使用されるため、必要なエネルギーは非常にわずかです。さらに、生産プロセスに関連する有害な副作用はなく、最小限の環境汚染や生態学的損傷を引き起こします。

漆器の扱い方
漆器が本来の目的で使用される場合、めったに損傷することはありません。ただし、洗って保管する方法に関しては、覚えておくべき点がいくつかあります。

これらのガイドラインを守るように注意を払うと、漆器は今後何年もあなたの人生の審美的な質を向上させます。

洗い方
漆器は、従来の中性家庭用洗剤で洗えます。研磨剤を含むブラシやスチールウールを擦ると、引っかき傷が発生するため、避ける必要があります。漆器を陶器などの粗い表面の食器とは別に洗うと、傷が付くリスクをさらに回避できます

電子レンジなし
電磁波は漆を燃やすので、どのような状況でも漆器を電子レンジに入れてはいけません。

自動食器洗い機と食器乾燥機の使用を控える
熱湯や熱風が漆を損傷する可能性があるため、自動食器洗浄機や食器乾燥機はご遠慮ください。

直射日光を避けてください
漆は紫外線にさらされると劣化するので、直射日光が長時間当たる場所には置かないでください。

Related Post

傷や損傷を修復できます
漆器は再塗装することができ、損傷を修復することができます。

輪島では、昔から直志門として知られており、それを作った職人の責任です。

輪島漆芸美術館、日本

石川輪島漆美術館は、石川県輪島市にある世界で唯一の漆器美術館です。この広々とした博物館には、さまざまな時代に属するさまざまな芸術家による多くの漆芸作品が展示されており、その一部は芸術アカデミーのメンバーであり、「生きている国の文化財」に指定されています。訪問者は、ラッカーアートに関連するビデオクリップも見ることができます。博物館には輪島漆器だけでなく、日本の各地や海外の漆器のコレクションもあります。博物館は、ラッカーアートの深刻な性質についての洞察を提供します。

石川県の輪島漆器美術館は、全室に常に漆器を展示している世界で唯一の漆器美術館です。 1991年(平成3年に開業)、世界有数の優れた漆文化の発信基地として。

建物の外観は正学院の校舎に着想を得た独特のデザインで、広々としたホール全体にラッカーが使用されています。漆器や、製作者の作品の世界や漆芸作家の作品を紹介するビデオを見たり、漆や美術関連の本を自由に閲覧することが可能です。

塩織展に加えて、日本有数の漆器として知られる輪島漆器の歴史と文化の常設展があります。

「沈むスプーンの色付け体験」、「しんきんチョッピングの色付け体験」、「and絵のストラップ体験」の予約メニューもあります(要予約)

石川県輪島漆芸美術館の公式マスコットキャラクター「わんじま」は、さまざまなイベントに参加し、Twitter、Facebook、Instagramを使用した情報発信に努めています。

7月13日(土)から9月8日(日)まで、新時代の幕開けを祝う展示「漆器の漆工芸-祈りと願いの世界」が開催されました。

Share