東京富士美術館、八王子市、日本

東京富士美術館(Tokyo Fuji Art Museum)は、池田大作によって設立され、1983年に東京都八丈寺の曹大大学キャンパスの近くにオープンしました。2008年に新棟が加わりました。芸術文化日本、アジア、ヨーロッパの美術館で展示されています。

東京都富士美術館(TFAM)は、1983年に池田大作によって設立されました。絵画、版画、写真、彫刻、陶器、漆器から鎧、刀剣、メダリオンに至るまで、約30,000種類の日本、さまざまな期間と文化の特に注目すべきは、ルネッサンス時代からバロック時代とポストモダニスト時代までの500年にわたる西洋の油彩画の傑出したコレクションであり、写真傑作の卓越したコレクションです。 「世界中の橋をつくる博物館」をモットーに、世界に誇る美しい宝物を日本に伝える文化交流を促進する展覧会を開催しています。例えば、TFAMの国際美術展では、パリのルーヴル美術館や北京の宮殿美術館など、世界で最も有名な博物館の傑作を日本の人々に紹介しています。

現在までに、17ヵ国・地域からの作品は、1983年に「フランス傑作傑作」で「天国の宮殿」を開館した1983年以来、私たちの博物館が開催している41の国際交流展で紹介されています。世界各国の政府機関や文化団体の要請を受けて、TFAMは日本と東洋の美術、西洋の絵画を私たち自身のコレクションから世界の博物館に貸し出してきました。パリの「永遠の宝物」展をはじめ、世界17カ国28都市、現在までに1地域で33の展覧会を開催しています。私たちの博物館が国内外の文化交流の促進に貢献したことを認め、日本国外務省は1990年にTFAMに公式表彰を行いました。

東京府芸術館は、文化庁が平和推進のための文化の力を活用するために、民音コンサート協会とともに池田のもうひとつの取り組みです。静岡に生まれ、現在は東京を拠点とする博物館には、様々な時代や文化から3万点の作品が収蔵されています。この博物館は、世界中の博物館と協力して国内外の展覧会を開催しています。 1990年には、外務大臣から表彰を受けました。

東京ふじ美術館は、創価学会国際学術院長池田大作が1983年に設立した総合博物館で、日本各地の絵画・版画・写真・彫刻・絵画のコレクションで、約3万点の作品が展示されています。ルネサンス時代からバロック時代のロココ・新古典主義・ロマン主義まで、印象派時代から500年の西洋絵画の流れを見渡すことができる油絵コレクション・コンテンポラリー写真の誕生から現代までの写真の歴史を概観できる写真集は、ホテルの最大の特徴です。

展示活動としては、国内外の文化交流特別展を開催し、「世界に伝えるミュージアム」をモットーに、世界の優れた文化を新しい視点で紹介しています。海外から日本に持ち込まれた展覧会は、2012年に開催されたルーヴル美術館をはじめ、17世紀から41の展覧会と1つの記念品展が開催された「現代フランス絵画展」をはじめとする有名な美術館の傑作を紹介するものです。 「北京の寺院と北京の国立故宮博物院」までの地域。

世界各国の政府、文化機関などからの要望に応え、ホテルのコレクションをもとにした日本画の傑作や西洋絵画をもとに多数の展覧会を開催しています。パリで開催された「Eternal Japanese Honorable Exhibition」を皮切りに、27カ国・28都市で33回の展覧会を開催しました。

このように、東京フジ美術館は、国内外の文化交流を積極的に推進し、豊かな国際交流の輪を広げています。 1990年には、外務省から「外相大賞」を受賞するなど、内外の高い評価を受けました。

コレクションツアー:
東京富士美術館のコレクション約3万点から特徴的なコレクションを紹介します。作品の種類やテーマなど、各選択肢のスライドツアーでホテルのコレクションをお楽しみください。

15世紀〜17世紀のコレクション
18世紀のコレクション
ナポレオンコレクション
19世紀のコレクション
バルビゾン学校&印象派
20世紀のコレクション
ゴヤ四大版アートブック
彫刻コレクション
アールヌーボーガラス
オリエンテーションセラミックスコレクション
江戸時代までの絵画
現代日本画コレクション
現代日本映画コレクション
浮世絵コレクション
ブックコレクション
漆器コレクション
セッケー・根付コレクション
武器•剣コレクション
中国の陶器コレクション

1983年11月3日開館以来、「世界博物館博物館」をモットーに、世界各国との文化交流を推進しています。当ホテルで開催されている海外文化交流の特別展にポスターをご紹介します。さまざまなプロジェクトを通じて、世界の美しさの宝物を引き続き紹介し、文化交流を推進していきます。

開館以来、東京フジ美術館では、30年近くの展覧会企画や美術史研究のための資料を収集しています。将来的にはホテルは引き続きデータを手配し、これらの資料を使用して美術館活動の促進に貢献することができます。

海外の文化交流展など、幅広いコレクション作品や展覧会企画関連資料を収集しています。特に、カタログ、学術出版物、展覧会の写真史など、さまざまな場所で出版物を収集しています。貴重書、古典資料、古文書などの貴重書に加えて、美術史家Mr. Germain-Bazanから寄贈された約1万点のコレクションが注目を集めています。他の数の本は現在、約4万本の本を数えています。

Google MapsとGoogleアート&カルチャープロジェクトによる仮想展示コンテンツの提供

Share