埼玉県立近代美術館(Museum of Modern Art, Saitama)は、埼玉県浦和区常磐にある美術館です。北浦公園の公園内にあります。埼玉県近代美術館は1982年11月3日、北浦和公園の緑豊かな緑の中にオープンしました.MOMAS(埼玉県近代美術館)と呼ばれるKurokawa Kishoが設計した最初の美術館です。現代の西洋の巨匠から現代の日本の芸術家まで、私たちのコレクションを展示することに加え、ユニークなテーマに焦点を当てた特別展を開催しています.MOMASは子供のプログラムと市民の作品展示の機会を加えて、アートを楽しむ。

旧浦和市時代の1957年5月10日には、浦和画家の成功の舞台である牧師の前身である埼玉県立美術館が前身の美術館として開館しました。埼玉県美術展の会場として使用されていましたが、1966年に新設された埼玉会館の展示室は、受賞作品が増えたために小さくなってきました。主な役割を失った県立美術館は、浦和市立博物館建物館や浦和土木工事事務所ビルで使用された後、事実上閉鎖され、びわくま公園の管理事務所となって再建され解体された。

埼玉県立近代美術館(MOMAS)は、1982年に青々とした北浦公園にオープンしました。モネ、シャガール、ピカソなどの海外の巨匠たちから現代日本の現代美術家まで、優れた作品を展示しています。ユニークなテーマの付いた特別展を随時開催するほか、自由に座れるデザインのチェアも多数紹介しています。

また、美術館のコンサート、講演会、親や子どもが参加できるワークショップを開催し、芸術に精通することができます。アートブックやグッズを備えたミュージアムショップや本物のイタリア料理を提供するレストランでゆっくりと美術館を楽しむこともできます。

現代美術の埼玉県立美術館を目指して

1.芸術と会い、新しい考え方や価値観を発見するための経験を提供する。
2.人々が集まり、参加し、交流するための基盤となるでしょう。
3.将来を担う子どもたちの感性と創造力を育てます。
4.地域住民や県民と共に発展する美術館になることを目指す。

私たちの中心には、埼玉の現代美術が中心であり、それに影響を与えた優れた国内外の作品を収集して展示しています。現在の展示品については、MOMAS Collectionのページをご覧ください。

しかし、埼玉会館の展示室が小さすぎると、大宮公園の埼玉県立美術館では現代美術作品が集められ、「浦和の本格美術館」の声が上がり、埼玉県は、 1982年11月3日(1969)に移転した埼玉大学(旧旧浦和高等専門学校)の敷地内に設立された埼玉県近代(浦和公園)に新設する新博物館の建設計画を決定し、博物館としてオープンしました。浦和北公園は南側に隣接しています。それまでは、埼玉県美術館に保管されていた現代美術作品をホテルに移しました。建築家の黒川紀章が設計した建物。黒川氏が博物館で博物館をデザインしたのは初めてのことです。

Related Post

埼玉の現代美術に影響を与えた、内部と外部の優れた作品を収集することが、博物館の基本方針です。そのため、コレクション内の3000点のうち、埼玉県のアーティストが約2000点を占めています。浦和画家として有名な栄と谷内亮二郎の作品も展示されています。あなたは、椅子の博物館としても知られているホール内の多数の傑作に座ることができます。

資料閲覧室
当館3階には、美術資料を納めた資料閲覧室があります。
資料閲覧室は、当館が所蔵する資料(所蔵作品調査や展覧会開催のための研究資料)を一般の方にも公開するという目的から設置されました。
当館資料閲覧室の資料を利用される方であれば、どなたでも無料でご利用いただけます。

北浦和公園
埼玉県立近代美術館は北浦和公園内に位置しています。
美術館の周囲、公園内の「彫刻広場」などのそこかしこに、国内外の作家によるさまざまな素材の立体作品が展示されています。

風のベンチ
日本庭園協会埼玉県支部との共催で、2017年11月に石積みベンチ「風のカタチ」が設置されました。職人が伝統的な技法と現代の創意工夫を結集させて作り上げたこのベンチ、2018年3月末までの期間限定設置となります。

音楽噴水
公園の中央付近には音楽噴水があります。
決まった時間に音楽とともに躍動する噴水が人々を楽しませています。
プログラム詳細はこちらから→音楽噴水

学校と美術館
学校と美術館の連携の様子埼玉県立近代美術館では、学校と連携して未来を創る子供たちの豊かな感性と創造性を育む美術教育の充実を推進しています。 「埼玉県立近代美術館のめざすもの」より

学校の教育活動で美術館を見学する機会を「感動的な作品との出会い」としたり、また学校での鑑賞の指導をよりよいものにするための協力をしたり、美術館と学校それぞれの特性を生かした双方向の連携として下記のさまざまな取り組みを実施しています。

Share
Tags: JapanM