水銀鉱山博物館、サンタフィオラ、イタリア

水銀鉱山博物館は、鉱山の歴史と鉱夫の犠牲を反映しているだけでなく、アミアタ山の地質を知るためにも実現しました。

アミーア山の水銀鉱山博物館はサンタ・フィオラ(GR)の歴史的中心地にある博物館で、スフォルツェ・セザリニ宮殿の中にあります

マウント・アミアタは、イタリア南部のトスカーナ地方のボルセナ湖から北西に約20km離れたアミアタの溶岩ドームコンプレックスの溶岩ドームの中で最大のものです。

Mercury Mining Museumは、かつて貴族の所有者のキッチンとサービスルームを収容していた敷地内のGaribaldi広場にあるSforza Cesarini宮殿の1階にあります。この宮殿は1575年頃に建てられました。「サンタフィオラのオリジナルのAldobrandesca要塞で、石の壁構造が特徴で、長方形の窓が開いていて、1階の丸いアーチのドアが同じ建物内にありますコミューンを主催

博物館は、ミネラル、家具、作業道具で装飾された6つの部屋と、Amiata山の鉱山の世界に関連する一連の歴史的、技術的、人類学的、社会的テーマを例示し、深める22のパネル

Related Post

発券所と書店がある第1のホール(パネル1〜4)は、鉱業が発展したAmiata山の地形を示しており、地質紙とCinnabarの採掘場を再現するプラスチックを備えています。紀元前3千年(古代の鉱山の痕跡)が紀元前から知られていることを目の当たりにして、ピック、軸、迷路などの考古学的発掘調査に出品されています。 Cornacchino、Cortevecchia、Siele、Solforate、Moroneの鉱山近くに発見された)

第2の部屋(パネル5-9)は、鉱山作業に使用される採掘技術とツールの進化を文書化することを目的としています:栽培システム(直線勾配システム、水平スライスシステム、スライススライス水平降下、長いエッジ); abbattimento、充填、武装、換気、照明の作品のうち、 (鉱山労働者、運転手、ワゴン、機関車、バッファロー、アルガニスト、通り道、パイプ、サンプラー、消防車、整備士、フィラー、ドリル、パレット)他のパネルは時系列的な旅程を続けるアマチュア鉱山の歴史を中世から現代まで

第3の部屋(パネル10-11)は、酒場の抽出と、キルンに送られるミネラルの選定に割り当てられた女性と子供たちのためのものです。チョッパー、チゼルソー、斧、ドリルハンマー、ヘルメット、鉱山、鉱山などの数多くの鉱山工芸品が展示されています。19世紀から20世紀の間、ワゴンのメダル、シャベル、労働者のメダリスト、アセチレンランプ、防塵マスク、圧縮空気マスクなどがあります。この部屋から、ギャラリーの子孫が設置された別の小さな部屋にアクセスします。忠実に内部鉱山環境を再構築する

上層階に位置する第4(パネル12-14)および第5室(パネル15-20)は、水銀の物理化学的特性、水銀の市場への経済的影響(生産、販売)を深める。土砂崩れ、爆発などの鉱夫の生活の結果、病気(水ism害、騒音覚醒低下、珪質症、当初は「コーンアークチャイト」と呼ばれる)、労働者の保護のための労働組合、ストライキ、闘争の社会環境2008年、マリア・カペレッティによる博物館に寄贈された重要な鉱物のコレクションが、彼女の記憶に残っています夫、Virio Boschini; 2011年からは、Simone BeccariとAdorno Franceschelliのコレクションもあります。ここからは、マルチメディアラボラトリー

第6ホール(パネル21-22)は、地上階のチケットオフィスの隣にある小さな廊下です。 最後の2つのパネルは、訪問者にすべての歴史的および地理的データを含むアマチュア鉱山の完全なリストを提供します:Cornacchino鉱山(Castell’Azzara)、1872年から1921年まで活動する; レトまたはモンテブオノ(ソラノ)の鉱山、1886-1929; Schwarzenberg(Castell’Azzara)の鉱山、1852-1940; Abein鉱山、またはArgus(Piancastagnaio)、1917-1982; Morone鉱山(Castell’Azzara)、1850-1982; Abbadia San Salvatore、1847-1982の鉱山。 Pietrineri鉱山またはBagni San Filippo(Castiglione d’Orcia)、1902-1979; バニョーレ鉱山(サンタ・フィオラ・アルシドソ)、1920-1976; Cortevecia(Semproniano)の鉱山、1898-1971; Cerretoピアノ鉱山(Scansano)、1898-1971; モンテ・ラブロ(Monte Labbro)またはバンディテラ(Banditella)(Arcidosso-Santa Fiora-Roccalbegna)の鉱山、1919-1976; Siele鉱山(Castell’Azzara-Piancastagnaio)、1846-1982; Solforate鉱山(Piancastagnaio)、1883-1982

Share
Tags: ItalyM