メゾン & オブジェ 2023 は、1 月 19 日から 23 日まで、フランス、パリのアレー デ エラブルにあるパリ ノール ヴィルパント パルク デ ゼクスポジションで開催されました。「楽しみを求めて」、家庭用品や装飾品のフェアです。2023 年 1 月、メゾン & オブジェは、この新版の多くの付加価値として、色、贅沢、大胆さ、ユーモアを誇らしげに示していました。

刺激的なイベントの魅力を確認する、ダイナミックな国際ビジネスが特徴の春のエディション。インスピレーションのテーマは、再発見された高揚へ、人生の再エンチャントへ、社会やブランドが世界の危機に対応して頭を下げた緊縮財政から解放されることへと私たちを誘うことでした。

パリ・ノール・ヴィルパント・エキシビション・センターで開催された装飾、デザイン、ライフスタイル・フェアの扉は、再び前向きなビジネス環境にありました。見本市では、多くの出展者が家庭用品や装飾品の幅広い製品を展示しています。家の装飾、デザイン、工芸、ライフスタイル分野の業界の専門家が集まり、Maison&Objet に集まり、アイデアを交換し、発見を行い、市場のトレンドを感知することができました。

この展示会は、業界におけるコミュニケーションおよび情報のプラットフォームであり、出展企業にここで専門家の聴衆に提示する機会を提供します。来場者は、業界の最新動向や製品に関する詳細かつ包括的な情報を学ぶことができます。MAISON & OBJET は、プロの装飾、デザイン、ライフスタイル コミュニティが強固なビジネス パートナーシップを構築し、インスピレーションの源を見つけるための理想的な環境を提供します。ショー フロアは、ホスピタリティの専門家、建築家、小売業者、インテリア デザイナー向けの最新製品の輝くセットであふれています。

MAISON&OBJETは、豊かで多彩な表現をもつ生活芸術に携わるプロフェッショナルの一大イベントです。ライフスタイル ショーでは、360° の製品を一堂に集めます。装飾、デザイン、家具、アクセサリー、テキスタイル、フレグランス、子供たちの世界、テーブルウェアなど、さまざまなスタイルが多面的に共存し、空間を活気づける独創的なショー デザインを展開しています。この並外れた多様性は、グローバル市場の多様な期待と一致しています。各セッションでは、ビジネスとクリエイティビティが交差する素晴らしいライフスタイル プラットフォームが、独自性を求める世界中の訪問者に解決策を明らかにします。

豊富な製品ラインナップは、2 つの同等のカテゴリに分類されています。そして、クラフト – メティエ ダール、ユニーク & エクレクティック、トゥデイ、ワークなどの装飾やホーム インテリアの最新スタイルを提供するメゾン セクション。その他。必見の最新情報エリアは、今回のイベント エディションで選択された 3 つのスペースと 3 つのテーマで構成され、今後の購買シーズンの傾向予測の全体像を描きます。

2023年1月のメゾン・エ・オブジェ
27 年間、SAFI (アトリエ ダール ド フランスと RX フランスの子会社) が主催するメゾン & オブジェは、国際的なデザイン、室内装飾、ライフスタイルのコミュニティと関わり、それらを結び付けてきました。メゾン・エ・オブジェのトレードマーク?見本市中とデジタル プラットフォームの両方を介してつながりを生み出し、ビジネスを加速する独自の能力だけでなく、室内装飾の世界を刺激し刺激するトレンドを強調する独自の才能を通じても. Maison&Objet の使命は、オンラインとオフラインの両方で、才能を明らかにし、つながりを刺激し、インスピレーションを提供することで、ビジネスの成長を支援することです。

業界の専門家を対象とした年 2 回の見本市と、光の街でデザイナーとブランドの創造的なエネルギーを結集する 9 月の公開イベントであるパリ デザイン ウィークを通じて、Maison&Objet はインテリア デザイン部門全体の頼りになるプラットフォームです。2016 年に発表された Maison&Objet and more (MOM) は、バイヤーとブランドが一年中会話を続け、コレクションを立ち上げ、物理的な会議を超えたつながりを生み出すことを可能にします。エキサイティングな新しい発見の毎週のまとめは、セクター全体のビジネスを常に刺激します。

世界のさまざまな文化の間に架け橋を築き、インテリアとデザインを創造し楽しむ新しい方法を促進し、卓越した職人の取引を永続させ、未来へと推進し、イノベーションを推進する新しく有意義なイニシアチブに光を当てます。 2023 年 1 月 19 日から 23 日まで、Maison&Objet Paris 見本市の予定です。

2023 年、Maison&Objet は 3 つの取引ツールを立ち上げ、新しいデジタル サービスを展開します。メゾン・エ・オブジェ・アカデミーは現在、トレーニングと市場動向の解読に焦点を当てた毎月のコンテンツを放送する専用の Web チャンネルを業界の専門家に提供しています。一方、ソーシャル メディア プラットフォームでは、Facebook、Instagram、Twitter、LinkedIn、Xing、WeChat、そして現在は TiKTok で約 100 万人のメンバーからなるアクティブなコミュニティと毎日交流することで、これらすべてのデザインの発見を続けています。

ハイライト
Maison&Objet Paris の 1 月号では、主に国際的な視聴者の増加により出席者が増加し、装飾、デザイン、ライフスタイルの専門家にとってこのメディアの節目となる重要な役割が確認されました。開発のあらゆる段階でビジネスを成長させる際に、装飾、デザイン、ライフスタイル コミュニティ全体をサポートするオムニチャネル ソリューションをもたらす新しいデジタル サービスの立ち上げを通じて、Maison&Objet の戦略の実行を加速するだけでなく、.

67,000 人を超える来場者が訪れ、その 45% 近くが海外からの訪問者であったこのセッションでは、ホーム デコレーション、デザイン、ライフスタイル業界のブランド、バイヤー、指定者にとって、このショーが重要な指標であることを再び実証しました。7 つのホールにまたがる 2,300 を超えるブランドが、強力なトラフィック ダイナミクスの恩恵を受け、Maison&Objet Paris の創設以来の名声を誇らしげに具現化しました。細心の注意を払ったセット デザインのブースと、新興ブランドやインテリア デザインの主要な名前によって発表された革新的なコレクションです。

Editions Serge Mouille などのアイコンに加えて、Gervasoni、Meridiani、Martinelli Luce、Pulpo (ドイツ)、Baobab (ベルギー)、Lladró (スペイン)、Alessi (イタリア) などの優れたイタリア企業の復帰と注目すべきデビューに気付きました。 Maison Matisse (フランス)、Mogg (イタリア)、Stamuli (スウェーデン) などの新しい参加者。それらは、国際的な観点から、この部門のエレガントで革新的な装飾精神を体現しています。

Atelier Alain Ellouz、la Manufacture des Emaux de Longwy、Taillardat など、多くのフランスの象徴的なマニュファクチュールが Ameublement Français によって集められた「オート ファクチュール」に向けられた考え方。また、特に「OBJET」セクションでは、常に洗練されており、ヨーロッパでは新しいことが多い日本と韓国のブランドが復活していることに気付きました

ビジター エクスペリエンスは、ショーへの訪問が単なるショッピング体験以上のものであることをこれまで以上に望んでいたメゾン & オブジェ チームの焦点でもありました。「気をつけて!」をテーマに。また、デザイナー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたラファエル・ナボットがデザインした静けさと瞑想を鼓舞するアポセム・ラウンジなどの特別イベントでは、訪問者は、音楽の雰囲気から音楽まで、色と質感、慎重に考え抜かれています。

さらに通路を下ると、休息のためのかわいいラウンジチェアから贅沢なグルメワッフルまで、珍しい卓球台から風光明媚なレストランまで、文字通りにも比喩的にも、自分のバッテリーを再充電する機会がすべての人にとって楽しいものでした.

刺激的で刺激的なデザイナーに関しては、このセッションは 7 人のスペインの新進気鋭の才能によって具現化された次世代に焦点を当てて除外されませんでした。しかし、英国でもカラフルなブリティッシュ カプセルを着用しました。ベサン ローラ ウッドとリー ブルームは、ブランドとのコラボレーションで知られており、ブランドとのコラボレーションで知られるフランスのタレント、エリーゼ フォアン、グレゴリー ラクア、ヴィクトリア ウィルモット、セドリック ブライザッハーと一緒にそこにいました。コレクション。また、ジャン=シャルル・ド・カステルバジャックが新しいコラボレーションを紹介したり、フィリップ・スタルク自身がスペインの会社アンドリュー・ワールドとのエコデザインのコレクションを発表したりするのを見ました。

このように、このテーマは、持続可能なデザインに特化したハイライトを含め、多くの方法で説明されました。デンマーク産業連盟は、デザインとサーキュラー エコノミーの専門家であるローレンス カー氏と協力して、11 軒の模範的な住宅のショーケース「Circularity in Action」を提案し、デンマークのマリー王女の前で発足しました。 Future On Stage 賞の受賞者は、業界の未来への取り組みを体現する新製品を提案しました。初めて出展する 500 社の企業によっても示される地平線は、「スポットライト」と呼ばれる新しい分野でアクセサリーやオブジェクトの最年少のデザイナーを見つけることができる新しいサプライヤーを恒久的に探しているバイヤーにとって大きな喜びです。

活気に満ちた創造性とノウハウは、ショーの通路で感じられ、その後パリで感じられました。Maison&Objet In the City は、約 100 人の装飾家、インテリア デザイナー、ギャラリー、大手企業、卓越した職人を集めて、パリの経験を完成させました。

再び焦点を合わせ、再編成し、感覚を甘やかし、内なる自己、他の人、環境と再接続します。2023 年 1 月は、お互い、専門知識、そして地球を大切にすることがすべてでした。1月19日から23日まで、メゾン・エ・オブジェ・パリは、これらの非常に有意義で前向きな価値観に光を当てます。このテーマは見本市全体を席巻するように設定されており、トークやトレンド ゾーンに波及することさえあります。私たち全員が意味と静けさを積極的に求めている今、世話をすることは本当に必要なことです. Maison&Objet Paris の 1 月号は、今では絶対に必要なものと見なされているものに命を吹き込みます。

私たちが現在経験している社会的、経済的、政治的な大変動は、誰もが自分の信念のために立ち上がるように促しています。また、ブランドとの関わり方にこれまで以上に投資している消費者に手を差し伸べる際に、ブランドがより透明性、包括性、責任を持つようになることも奨励しています。今こそ率直に話し、行動し、心を開いて行動するときです。たとえそれが変化を推進するために太鼓を叩くことを意味するとしてもです。Maison&Objet で展示されたデザインは、美とは何かという現代の美学に挑戦し、善とは何かへの出発点を提供するものでした。

ブランドやデザイナーは現在、単純な美学を超えて、ウォーターローワーの木製や金属製のスポーツ用品の場合のように身体だけでなく、精神的健康にも気を配るよう促す、ますます意味のある創造物を考え出している. 「健康と身体の健康に特化したソリューションには大きなトレンドがあり、パンデミックの際に大きな打撃を受けました」と Vincent Grégoire は説明します。

1 月の見本市では、訪問者が「最新情報」などのスペースで時間をかけて頭を空っぽにするよう促されました。Elisabeth Leriche によってキュレーションされたトレンド ゾーンは、気楽さとリラクゼーションを公然と受け入れるように誘うものとして、適切に「In the air」と名付けられました。トレンドスポッターのフランソワ・デルクローは、アクセルから足を離すように促す旅に私たちを連れ出すことで、「スローホスピタリティ」に参加するように私たちを励ましました. 一方、まもなく発表される「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」は、日常生活のストレスから解放されるように、平和で雰囲気のある空間にまとめられました.

何年もの間、この見本市は、「消費者の間で足場を見つけ、スローライフのトレンドを反映した真新しい倫理」を積極的に体現している、新進気鋭の社会志向のブランドで溢れかえっています。続きます。これらには、自らの種をまくことによって自然に救いの手を差し伸べるよう私たちを鼓舞する La Fabrique à Sachets や、独自の魅力的で独創的で頑丈な容器で使い捨てのペットボトルとの善戦に真剣に取り組んでいる Dopper が含まれます。一方、ナイフ メーカーのジャン デュボスクは、フランスで回収、リサイクルされた廃プラスチックをハンドルに使用したアイテムをデザインしています。

現在、膨大な数のブランドが、世代、社会階級、文化の間のつながりを再構築することに取り組んでおり、単純な美学の先を見据えています。フランソワ ベルナールのゾーンでは、訪問者が新しいトレンドを理解するのに役立ちます。「Grounded」と題されたインスタレーションでは、原材料と自然の関係に光を当て、ゴールドとグリッターがシンプルさの代わりになる新しい種類の贅沢を示しています。

ブランドはますますローカルなものすべてに重点を置いており、コミットメントの感覚と特定の地域にデザインを根付かせたいという欲求に支えられた考え方を反映しており、地元の専門知識と文化を利用しています。Reine Mère は、ジュラ地方の木材を使用しています。クリステルのソースパンは100%フランス製です。また、バスク地方の職人とコラボレーションするサミュエル・アッコセベリーや、メゾン シャトー ルージュのユスフ フォファナなど、フランスの首都バスク地区を称えるクリエーションを手がけるデザイナーもいます。

見本市に参加している若いブランドや数百年の歴史を持つ企業は、この貴重な遺産が将来の世代に確実に受け継がれるよう熱心に取り組んでいます。フランスでは、Drugeot、Delavelle、Sollen などのブランドが、現代的なシルエットをあからさまに誇示するコレクションで、フランスのキャビネットに断固として 21 世紀のひねりを加えています。一方、AS’ART は、職人コミュニティの社会経済的発展に貢献することを目的として、南アフリカから作品を選び、伝統的な専門知識を奨励および促進しています。

ライジング・タレント
Maison&Objet は、毎年ホットな新しい才能を探し出し、祝っています。1 月号では、7 人のスペインの「急上昇中の才能」にスポットライトを当てました。確立されたデザイン名。これらの才能はすべて社会志向の世代を代表しており、彼らの作品は、私たちの周りの世界を大切にしたいという幅広い欲求を反映しています。これらのまったく同じ価値観は、最近立ち上げられたブランドが信念を示すことができる新しい「Future on Stage」プログラムの一部に招待された 3 人のデザインの才能によって共有されています。

社会的責任
見本市自体がますます責任を負うアプローチを採用している以上に (廃棄物の 50% のリサイクル、ますます多くの LED の使用、看板の保管と再利用、売れ残った食品の赤十字への寄付、地元での水調達、暖房の停止)、メゾン・エ・オブジェ・パリのますます多くの出展者が、望ましい包括的な未来を形作るために、これらの極めて重要な価値を守ることに熱心です。

たとえば、リサイクル素材のみを使用するフランスのデザインハウス、Noma があります。または、ラ シェルジュリー デ プレモントレでは、ラベイ デ プレモントレのペレス ブラン修道士から継承された伝統的な専門知識を永続させています。他の良い例としては、柔らかくて暖かい衣料品やアクセサリーをデザインするデンマークのブランド Care by me や、地元産の素材だけを使ってラグを作る Laines Paysannes があります。これらはすべて、心に喜びをもたらし、インテリアに意味をもたらす非常に多くのスタンドのほんの一握りです.

過去数年間、最も模範的なCSRイニシアチブを誇るブランドは、実際、見本市の「持続可能な」旅程で特集するために、独立した専門家の審査員によって選ばれてきました. また、12 月の時点で、Maison&Objet のデジタル プラットフォームである MOM がエネルギーの節約に役立つ製品を紹介するように設定されていることも注目に値します。

デジタルサービス
Maison&Objet は、その国際コミュニティ向けに追加のデジタル サービスを立ち上げています。年間を通じて、バイヤーとブランドの商取引と開発をサポートする 3 つの主要な開発が行われています。これらの新しいサービスは、市場の知識と経験を通じてメゾン・エ・オブジェだけが提供できる、業界内の企業の発展に専念するオムニチャネル・エコシステムを開発するというコミットメントを反映しています。

Maison&Objet はリードジェネレーションを超えて、春から MOM (Maison&Objet and More) プラットフォームを通じてマーケットプレイス (注文受付) を提供し、年間を通じてヨーロッパで新しい連絡先を探してビジネスを開始しました。さらに、または個別に、ヨーロッパのブランドは、既存の顧客との販売を加速および合理化するために、Web サイトに独自の BtoB e ショップを作成することもできました。最後に、Maison&Objet Paris の次のエディションから、参加者は展示会にオンラインで参加して注文するサービスも利用できるようになりました。