才能のある芸術家を発見または再発見する大規模な見本市として、アートキャピタルの新版は2022年2月16日から20日まで、一時的なグランパレエフェメールで開催されます。アートキャピタルは、フランスの芸術家や才能のための毎年の必見の集まりです。2,000人のアーティストが作品を展示し、刺激を与え、刺激を受けることができます。最近では、現代美術の愛好家を見つけて話してください。

グランパレエフェメールはアートキャピタルを主催することです。この素晴らしいアートフェアでは、5日間、2,000人のアーティスト(画家、彫刻家、写真家、建築家、彫刻家など)の作品を見つけることができます。2006年から一般公開されているこのフェアは、さまざまなバックグラウンドを持つアーティストが一堂に会し、現在のアートシーンを宣伝するための基準となっています。Art en Capitaleは、一般の人々、アーティスト、ギャラリーの間のつながりを強化します。

アートキャピタルパリには、2022年2月16日から20日まで、一時的なグランパレの洗練された雰囲気の中で、独立芸術家協会、比較ショー、ドローイングと水彩画のショーの4つの主要なショーが含まれていました。このイベントの一環として、パステル、チャコール、鉛筆、水彩、さらには絹の紙の彫刻で作品を展示するドローイング&ウォーターペインティングフェアなど、さまざまなフェアが開催されます。

ART CAPITALは、いわゆる「歴史的なグランパレ」サロンとさまざまなバックグラウンドを持つアーティストがそれぞれの違いを再生し、力を合わせて統一された新しいイベントを作成したいという願望から2006年に誕生しました。芸術フェアの歴史的伝統の中で、ART CAPITALで15年間集められた4つのフェアは、新興または確立されたアーティストを展示することを可能にします。

無料で、寛容で、団結し、教訓的で、ダイナミックで、オープンなこのユニークなイベントは、今日の芸術作品の可能な限り完全なショーケースを提供します。これらの4つの象徴的なサロンは、アート界の俳優、ギャラリーの所有者、コレクター、専門家、一般の人々など、訪問者に今日のアートの旅、アーティストとその作品との出会い、現在の中心部での散歩を提供します作成。

画家、彫刻家、彫刻家、視覚芸術家、写真家、建築家、あらゆる傾向、確認された才能、そして新たな才能が、毎年グランパレの身廊で、そして2022年にグランパレエフェメールで集まります。 。ART CAPITALは、毎年40,000人の来場者を迎えることで、フランスのアートシーンで主要なイベントとしての地位を確立し、フランスで最大のアーティストの集まりであり続けています。

展示
アートキャピタルは、実際には4つの主要な見本市の合併から生まれました。Salon des Comparaisonsを構成する30のグループは、兄弟的なアプローチで彼らの作品とそれぞれの感性を展示しています。最後に、デッサンと水彩画のサロンと同様に、サロン・デ・インデパンダンも編成されます。

アートキャピタルは、自由で、寛容で、団結し、教訓的で、ダイナミックでオープンであることを目指しており、新しいアートの世界に足場を築き、新しい芸術的クラッシュを見つけるための優れた方法を表しています。若い芸術家のための出発点であり、訪問者、画家、彫刻家、彫刻家、その他のあらゆる分野や背景の建築家のための巨大な展示会です。

Related Post

フランス芸術家協会のサロン
2月16日から20日まで、サロンデアーティストフランセは、アートキャピタルの一部として、2022年にパリで開催された主要な芸術イベントのカレンダーを発表します。ショーの第232版は、シャンドマルスのグランパレエフェメールの文化イベント専用のスペースで開催されます。この新しい一般公開は、サロン・デ・アルティスト・フランセが国内および国際的な現代芸術生活とのつながりを維持し、それによって認知された新興の芸術家、専門家、アマチュアを促進したいという願望を裏付けています。自由で、自発的で、協力的で、自発的で、常に活動的で、常に創造的で才能のあるフランス芸術家協会のアーティストは、今日、現代美術のさまざまなトレンドを反映しています。

1667年、ルイ14世の意向により、王立アカデミーはルーブル美術館で会員の展示会を開催しました。コルベールが王のために作成したこのサロンの直接の相続人であるフランス芸術家協会は、王族、帝国、革命、戦争など、あらゆる時代を経て、これらの最後の世紀をマークした芸術家の最高の名前をもたらしました:ドラクロワ、イングレス、マネ、ロダン、クローデル、バルトルディ、デュフィ、ピカビアなどがメンバーでした。

1881年に、現在の名前はSociétédesArtistesFrançaisになりました。州は、毎年の美術展を開催する任務とそれ自体を管理する責任をそれに委任しています。1901年以来、戦争や工事によるいくつかの中断を除いて、毎年、サロンはパリのグランパレデシャンエリゼで開催されています。今日、フランス芸術家協会には数百人の会員がおり、ショーの際には毎年数百人の出展者が加わっています。

パリのグランパレの名門ガラス屋根の下で、フランスと外国の芸術家のすべてに開かれたフランスの芸術家協会は、毎年650人以上の国際的な芸術家を紹介し、定期的に更新される審査員によって承認され、メダルとプライベートを配布します。賞品。すべての芸術家は、商業回路の外で、仲介者なしで、彼らの作品を直接一般に公開します。

ドローイング&水彩画サロン
ART CAPITALの一環として、Salon du dessin et delapeintureàl’eauは毎年パリで開催される展覧会であり、主に現代美術の分野で紙と紙の彫刻の絵画を独占的に展示しています。これは世界最大のガラスの下での作品の展示会であり、500人の異なるアーティストによる900以上の作品がこれらの3000平方メートルであなたを待っています。

インディペンデントアーティストフェア
1884年に設立されたこの協会は、1923年3月30日に公益事業として認められました。独立芸術家協会は、多くの冒険と冒険の末、作品を発表したい芸術家の要請によりルイ14世が作成したサロンから誕生しました。独立して。彼らは自分たちの作品を自由に公開すると主張している。1884年12月1日、パリ市議会議長のルシアンブエによって、第1回アンデパンダン展が発足したのはシベリアの寒さでした。パレドゥリンダストリーの近くにあるポリクロームパビリオンに設置され、避難場所になりました。拒否されたそれらの作品の。

リビングルームの比較
アートキャピタルの一部として、Comparaisonsは現在のアートの多くの感性やトレンドに対応する30のグループを紹介し、一般の人々は彼らがスタイル、アプローチ、テクニックに直面していることを高く評価しています。

サロンコンパレゾンは1956年に誕生し、アートのあり方に反する不寛容に背を向け、初版からトレンドに合わせて編成され、それぞれがグループ内に展示されていました。そして、対立は穏やかになり、兄弟的でさえありました。今日、これらの原則に忠実なComparaisonsには、現代アートの感性やトレンドに対応する30のグループがあります。