韓国開発歴史館、韓国国際協力庁

韓国開発歴史ホールは、わずか半世紀で援助国から援助国に移行する韓国の並外れた開発の道を記念して、2015年5月22日に設立されました。

第二次世界大戦後、韓国は国際社会から支援を受ける世界で最も貧しい国の1つでした。しかし、韓国は世界中からの寛大かつ実質的な支援により、韓国の急速な経済成長と民主化の時代を指す「漢江の奇跡」を達成することができました。

2010年、韓国は正式にドナー国にステータスを変更し、受信者とドナーをつなぐ架け橋として世界から注目されました。韓国開発歴史ホールのすべてのアーカイブは、多くの困難を乗り越えて発展してきた韓国の歴史を示しています。私たちが受け取ったものを返すために、韓国は発展途上国の社会的および経済的発展と国際社会の平和と繁栄に貢献し続けます。

グローバルビレッジエクスペリエンスセンター
1991年に設立された韓国国際協力庁は、2010年に韓国が経済開発協力機構(OECD)の開発支援委員会(DAC)に参加するまで、国際開発協力の促進に努めてきました。韓国が世界中の多くの国の支援に基づいて過去に著しい経済成長を達成できたことを覚えていれば、今や私たちの業績と歴史を世界中の隣人と共有する時です。

2010年にオープンしたKOICAグローバルビレッジエクスペリエンスセンターは、世界中のあらゆる場所から希望のニュースを提供し、世代や国籍の壁を越えて対話や体験をする場所として多くの人々に愛され、支持されています。

グローバルビレッジの展示会は、開発途上国の開発プロジェクト、グローバルな問題を扱う教育プログラム、世界の生活と文化を生き生きとさせる文化体験展示会、世界の人々の感情を伝える食文化体験プログラムで構成されています。食物によって。

KOICAグローバルビレッジエクスペリエンスセンターに興味がある場合、あなたはすでにグローバルビレッジファミリーです。

皆様の有意義な参加と、世界中の平和と共存に向けて進化しているKOICAグローバルビレッジエクスペリエンスセンターへの訪問を楽しみにしています。

展示体験センター
2010年にオープンした、世界中にあるKOICAの開発パートナー国に会うことができます。パートナー国でKOICAプロジェクトを紹介することに加えて、訪問者は文化体験展示会や世界の生活や文化に命を吹き込む食文化体験プログラムを体験することもできます。

Related Post

グローバル市民会館
地球村の幸福のために、地球市民権の重要性が強調されています。 Global Citizens Hallは、グローバルな現実を一緒に検証し、より美しいグローバルな村のために私たち全員が一緒に暮らせるという約束と方法を紹介します。

文化展示ホール
グローバルな隣人とのより深い友情のために彼らの文化と習慣を尊重することも、グローバル市民になることができます。文化展示センターでは、KOICAが存在する国の歴史と文化を紹介しています。

KOICAイノベーションホール
韓国を代表して世界中の隣人を支援するために取り組んでいる韓国国際協力機構(KOICA)を紹介し、創造的なアイデアと科学技術革新を活用したKOICAプロジェクトの革新的な例を紹介します。

ミッションとビジョン
KOICAグローバルビレッジエクスペリエンスセンターは、国​​際社会の支援と私たちの努力によって達成された大きな成功を祝うと同時に、大きな責任を感じています。先進国が開発途上国の現実と困難を知らされ、成熟した世界国家としての開発途上国が開発のノウハウを伝える時です。私たちが地球市民として新たに生まれなければ、「世界の国」韓国は長い話になるでしょう。

KOICAグローバルビレッジエクスペリエンスセンターは、グローバルな市民権への扉を開くつもりです。私たちの体験センターは、世界中を訪問しなくても、発展途上国の現実を見て、彼らの文化を体験し、私たちの隣人があなたが思っているよりも私たちに近いと感じる機会を与えます。

とりわけ、グローバルビレッジエクスペリエンスセンターは、21世紀に韓国をリードする学生のためのスペースです。両親の世代が成し遂げた経済発展に基づいて、子どもたちは今や韓国を国際開発の先進国であり、真に先進国にする必要があります。グローバルビレッジエクスペリエンスセンターは、子どもたちが成長して地球市民としての役割を学ぶ機会を提供します。

韓国国際協力機構
韓国国際協力機構(KOICA)は、政府の補助金を実施することにより開発途上国に対する韓国の無償資金協力プログラムの有効性を高めるために、政府開発援助(ODA)の政府機関として1991年に韓国外務省によって設立されました。援助および技術協力プログラム。これは、外務大臣の推薦に基づいて大統領によって任命された取締役会の3年任期の会長が率いる。

韓国国際協力機構は、政府の無償資金協力および技術協力プログラムを実施することにより、開発途上国に対する韓国の無償資金協力プログラムの効果を最大化するために、1991年4月1日に政府機関として設立されました。過去において、開発協力の取り組みは、主に開発途上国の基本的な人間のニーズ(BHN)を満たし、その人材開発(HRD)を促進することに焦点を当てていました。ただし、持続可能な開発の促進、開発パートナーとのパートナーシップの強化、受益者の現地所有権の強化に焦点が広がっています。さらに、環境、貧困削減、ジェンダー主流化などの世界的な懸念は、国際社会で非常に重要になっています。

開発支援の取り組みと慣行は絶えず変化する傾向があるため、KOICAは韓国が比較優位を持っている分野で限られた財源を効果的に使用することにより、これらの変化に適応するよう努めています。特に、2009年11月25日に韓国がOECD DAC(開発支援委員会)に加盟したことで最近実証されたように、韓国は世界で最も貧しい国の1つから最も経済的に先進的な国の1つに発展するというユニークな経験を持っています。この移行から得られたノウハウと経験は、KOICAがパートナー国の持続可能な社会経済的発展を効率的にサポートし、より良い世界への希望を提供できる貴重な資産です。

Share