立花家史料館、柳川市、日本

立花家史料館には、江戸時代に柳川を支配した大名、芸術工芸品が橘家に移転している。 1945年に「花の歴史資料館」が設立され、柳川戸八郎家「岡」の家に大名道具が展示されました。 1994年には、貴重な文化財の展示に適した施設として、「フラワーミュージアム」が新たにオープンし、2011年2月に「立花歴史博物館」と改名されました。 2013年12月3日より、前回の営業の親会社であったミカ花の会社から財団の立花基金が引き継がれました。平成20年12月1日、福岡県知事より公益財団法人として認定され、「基礎財団設立財団」としてスタートしました。

タチバナ博物館には、かつて祖父祖であった祖父と柳川の藩主、橘門司、金・銀の漆器、化粧道具、能に至るまで、橘の家族の歴史を伝える豊富な品物が展示されています劇場の衣装。また、江戸時代の人形の精巧なコレクションも展示されており、橘達の若い世代に愛され続けています。そのようなコレクションは日本でさえほとんど見られません。展示品は、異なる季節を通して回転します。

コレクションは主にタチバナ家系の芸術品や工芸品です。約5,000点の家具、国宝1点、重要文化財1点などがあります。創業者の立花真宗より400年以上もの間に蓄積され、継承されてきた貴重な資産です。

柳川ドメーヌ時代と近代時代の橘家の芸術工芸品が揃っています。国宝と重要文化財を含む約5,000点の芸術工芸品は、現代の橘橘家の誕生から現在に至るまでの400年以上の長期間にわたって形成された貴重な歴史であり、歴史的資料でもあります。

明治維新時代、第二次世界大戦後の混沌とし​​た時代には、旧大名家の持つ芸術や工芸品の多くが失われています。今日までコレクションが集合的に維持されている例はあまりありません。立花家の場合、大名・伯の時代の道具が部分的に失われてしまった。しかし、これまでに伝えられてきた歴史資料の質と量は、大名や伯爵の生活を伝える高いレベルであると言えます。

橘の家族歴史資料の最大の魅力は、個々の芸術や工芸品としての価値だけでなく、そのつながりによっても歴史のダイナミズムを再現することができるということです。

コレクション:
武器と鎧:
武器と装甲大名のツールの中で、武器は特に武術を象徴するツールとして評価されています。後継者の武器の武器の多くは、有名なタチバナムネマ族を含むタチバナ家に伝えられています。
柳川製紙ステッチ栗革ラッパーふりん丸型魚雷、鉄皺折り財布月間紙最上胴部足元、桃山時代第一主人タチバナ橘
金箔押出し形ヘルメット、桃山時代〜江戸時代初期
江戸時代の藩主橘貞代の五代後半のための鯉の雨登り地図蒔絵師の鞍
国宝短剣キャラクター義満、鎌倉時代、刃長さ23.2 cmヴァルス

女性の衣装と家具:
柳川氏の最後の君主である君姫の結婚式の贈り物や、橘君の主寝室を中心に、様々な衣装や家具が伝わる。魅力的なデザインツールから、江戸時代のプリンセスの生活の一部を見ることができます。

紫のエビの土地のパティオ、枝折り畳みのドア、表参道の打撃、牙山のおもてなし小町の模様小林、蝶の花飾り、カタクチイワシの絵画結婚式の準備、後期江戸時代、12世代の宿舎花岡哲也中学校義務
タタミグラス祇園森の牧場牧場牧場イーグルシェル江戸時代末期の甲殻類

ドキュメンテーションの世界:
大名の世界では、土佐の学校であるかの学校の図画の中で、住吉の学校が尊敬され、城の内部と君主の君主を彩った。柳川には、一族の一人として写真をつけて藩主として奉仕しているオーナーの家系はありませんが、江戸時代後半には梅沢晴海という人が一族として祀られています自分の画家。

あわてる頃、江戸時代初期、土佐甲子、シルク彩色•掛け幅
ホークス、江戸時代後期、梅沢はるか、シルクカラーリング•垂れ幅
ルイソテイ像、江戸時代後期、ハセガワ雪コート、シルクカラーの彩色•垂れ幅
江戸の失火のシーン、12年(1829年)の文化、梅沢晴明、彩色と巻く紙色
大宮の八景、江戸時代後期、大野おねがね、シルクの彩色•垂れ幅

ツールの数:
茶道は大名にとって重要な文化であり、多種多様な茶道がタチバナ家にも伝えられています。江戸時代初期の味にマッチした茶道は、タンゴとして賞賛された中国の伝統的な茶碗や茶道、贅沢な味の大皿などのコレクションの中核です。

唐の茶葉(ルーソングボー)、明代、タチバナマモジ、中国
アイアングレイズライオン香炉、江戸時代、瀬戸
咲木鉢、朝鮮時代
象の香、江戸時代初期、京都、トランスミッション3道入り
到着、江戸時代後期、柳川

のぞみと能の衣装:
能は武士の儀式であり、江戸時代には様々な儀式や娯楽の場で頻繁に演奏されました。能のための能のマスクや能の衣装がたくさんあります。

Nohma Tenjin、Momoyama period〜江戸時代初期には、
Nohoのスリミング、江戸時代初期
赤い石畳の空手ライオンの模様の板、江戸時代の中盤

工芸品の美しさ:
大名のツールの中には、華麗な装飾性に加えて、実用性と堅牢性を兼ね備えた多くの優れた芸術品や工芸品があります。また、江戸時代後半に作られたミニチュアアイテムは、仕事で非常に精巧で、非常に小さな仕事をしている人たちに描かれている時代の人々の強い味を感じることができます。

ポピー人形、江戸時代後期、江戸七谷屋製作
天橋立根付、江戸時代後期〜明治時代、正宗正義

幕張美術館の文化財は、江戸時代に柳川一族を支配していた橘家に引き継がれました。 1951年(昭和26年)には、柳川氏の邸宅である多摩亭の住居に大名道具を展示する「歴史博物館オハナ」が設立されました。 2014年12月3日、八幡製作所は経営の元本だったオハナの経営陣を引き継いだ。

タグ: