広島平和記念資料館、広島市、日本

広島平和記念資料館(Hiroshima Peace Memorial Museum)は、広島平和記念資料館(広島平和記念資料館)は、広島平和記念公園にある博物館で、広島の原爆を記録しています。

広島平和記念館には被災者の遺物や写真など、その恐怖を伝える資料や爆撃前後の広島を描いた展示品などが集められて展示されています。

教育を促進するために、博物館は1994年に改装され、2つのセクションに分かれています。

イーストウイング – 最新の追加 – 爆弾の前の広島市の歴史、爆弾の開発と決定、第二次世界大戦中と爆撃後のヒロシマ市民の命を説明し、核の時代と努力に関する情報で終わる国際平和のためにこのセクションには、都市への被害を示すモデルが含まれています。それは、その時代の科学者とトップリーダーの間で交換された重要な手紙を持ち、原子の開発とその使用結果を予測しています。

古い博物館の一部だった西ウイングは、爆弾の被害に集中しています。セクションには、衣服、腕時計、髪、および爆弾の犠牲者が着用するその他の個人的な影響を示すMaterial Witnessが含まれています。木材、石、金属、ガラス、果肉に何が起こったかを熱線から見た熱線による損傷。爆破による被害、爆破後の衝撃による被害に焦点を当て、放射線による被害は人間が被った健康への影響について詳しく説明します。

本館
2006年7月5日、本館は第二次世界大戦後に建設された建築物の中で、最初の国家重要文化財に指定されました。丹後健三氏がデザインした本館は、国際的に高く評価された戦後の最初の建築構造となった。それはまた、タンゲのキャリアの出発点として認識されています。

イーストビルディング
地下1階建ての3階建ての鉄骨鉄筋コンクリート造。展示室、ビデオシアター、記念館、会議室、図書室、倉庫、オフィス、ロビー、休憩室、ミュージアムショップなどがあり、平和の来訪者にも開放されている記念公園。

1955年に建設された元広島平和記念館は、平成6年6月広島平和記念館の東屋として改修工事を完了しました。
 
イーストビルディングはメインビルディングのアンダーパーを担っているため、やや控えめなデザインです。さらに、東ビルは本線と橋の廊下で結ばれ、本管の反対側には東側ビルディングと左右対称の国際会議場につながる橋があります。さらに、博物館への玄関口として機能する本館と比較して、イーストビルディングはそれぞれ重い外観で設計されています。柱と梁は石で投げられ、自立した壁も石で投げられ、建物を柵で覆っています。

歴史:
1945年8月6日、広島市街を約600メートルで原爆が爆発。深刻な被害を受けた広島は、世界で初めて原爆の襲撃を受けた都市となった。

1949年8月6日広島平和記念都市建設法は、日本初の国民投票で90%以上の支持を得て公布されました。

9月1949年、広島中央公民館に原爆資料館展示室(原爆記念館)を開設。これは原爆資料の最初の公開展示です。

3月1952年3月広島平和記念都市建設法の下、平和記念公園に平和記念館、平和記念館、市庁舎、原爆被爆者のための記念碑が建てられる永続的な平和の未来への献身

1955年、平和記念館と平和記念館がオープンしました。
広島市民ボランティア団体原爆資料収集支援協会(現原爆資料保存協会)は、広島市民の多くが原子爆弾関連資料収集に取り組んでいます。

1958年広島復興博覧会が平和記念館周辺で開催されます。

1975年、老朽化し​​た構造を修復し、材料の劣化を防ぐために、最初の大規模な改修が行われ、展示品が再設計されました。

1991年8月、第2の改修が行われ、大型モデルと大画面ビデオがインストールされます。

1994年6月、平和記念館は、展示と保管の機能を改善し、平和教育のためのより多くのスペースを提供するために改装されました。平和記念館は改修後、広島平和記念館(東館)として再開します。

イーストビル…原爆の前の広島、原爆の発達とその落ち込み、核兵器時代、広島の平和推進活動

本館…原爆被災者の写真や写真などの遺物。

2006年7月、本館は第二次世界大戦後に建築された建築物の中で最初の国家重要文化財に指定されました。

2012年11月、広島市中区江波本本町1-2-43にSchmoe Houseが博物館の別館としてオープンします。

3月2014東館と本館への改修が始まりました。

2017年4月、改装工事が終了し、本館が一時的に閉鎖された後、イーストビルが改装されます。

イースト・ビルディングは、「入門展示」、「核兵器の危険性」、「広島の歴史」の3つの展覧会で構成されています。

図書館では、DVDに収録されている書籍、雑誌、ビデオの証言などを通じて、原爆や平和に関わる問題について学ぶことができます。ご不明な点がございましたら、お気軽にスタッフにお尋ねください。

博物館は1955年8月、広島平和記念館(現在は広島国際会議場)との間に設立されました。広島では、日本全国からの学校往復旅行や国際的な観光客の方々に人気があります。 1955年から2005年にかけて5300万人が博物館を訪れ、年間平均100万人以上の訪問者を抱えていました。

タグ: