浜松市楽器博物館、浜松市、日本

浜松市楽器博物館(Hamamatsu Museum of Musical Instruments)は、日本で初めての楽器博物館です。浜松市「音楽の街づくり」の一環として1981年に創立され、博物館法に基づいて博物館施設として登録されています。

博物館の使命は、世界各地の代表的な楽器や関連資料を収集し、保存し、研究し、平等で偏見のない視点で展示し、音楽、音楽、楽器、文化を多様な活動を通じて提供しています。

展示室は1階と地下にあります。 1階はアジアと日本の楽器、日本の西洋風の初期楽器、ハンズオンルーム、アフリカ、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパの楽器の地下室です。 3,300個の楽器コレクションのうち1,300個が常設展示用です。

永遠の展示室は、アジア、アフリカ、オセアニア、ヨーロッパ、アメリカの5大陸で展示されていますが、日本の楽器や日本製の西洋のものは別々に展示されていますが、「見る、聞く、触れる」というモットーで、ハンズオンルームで楽器や楽器を楽しむことができます。

ヨーロッパでの展覧会は、サウンド・プロダクションの原則で楽器を分類するサックス・ホルボステル分類法に分類されています。分類は、スタイル、日付、フォーム、および使用状況によってさらに進みます。ほとんどの楽器はケースなしで表示されるため、テクスチャを詳しく見ることができます。

ヘッドフォンとモニターは100種類のサウンドと30種類のビデオを楽しめるように装備されています。パーソナルイヤホンガイドシステムは、80種類の楽器の説明と音を提供します。 2006年3月の展示リニューアル以来、「世界の楽器を偏見なく平等な視点から展示する」というコンセプトがより明確に現れました。

アジア楽器:
イラン、トルコ、タイ、インド、モンゴル、韓国の楽器は、世界でも最大級のもので、バリ島とジャワ島のブロンズガムラン、世界最大の竹ガムラン「ジェゴグ」の3種類のガメランを所有している世界で唯一の博物館です。完全に収集された。

オセアニア楽器:
パプアニューギニアの主要展示品では、ポリネシア、メラネシア、ミクロネシア、オーストラリア、ニュージーランドの楽器が展示されています。バヌアツの世界最大のタム・タム・スリット・ドラム、パプア・ニューギニアのセピック川流域からのガラミットスリットドラム、ウォータードラム、竹のフルートなどがあります。

アフリカ楽器:
このコーナーの楽器は、タンザニア、ケニア、エチオピア、コンゴなどからのものです。ナイジェリアのドラム、「Dimkedim」、ケーニャンのひょうたんトランペット「Abu」は、今日調達できない貴重な楽器です。タンザニアのゴゴ族のLitung、Zeze、Ngoma、Limbaと共に、村で撮影されたビデオ映画が展示されています。女性の体を表すガーナからの大きなドラムも貴重です。

アメリカ楽器:
中南米の楽器が展示されています。世界最大のマリンバの1つはグアテマラです。スチールドラム製ドラム缶として機能するスチールパンは、カリブ海のトリニダードトバゴ出身です。アンデス地域のクエナとチャランゴ、古代からのメキシコのドラム・ヒューエットルが展示されています。

ヨーロッパ楽器:
中核コレクションは18世紀から19世紀の楽器であり、アメリカの楽器コレクターであったロバート・ローゼンバウム(Robert Rosenbaum)の旧コレクションであった。 18世紀のロンドンのT. Stanesby Sr.が製作したオーボエ、18世紀のベルリンのFreyerが作ったQuantzフルート、1765年にパリのFE Blanchet IIが作ったチェンバロなどの世界的に有益な楽器が含まれています。 Walter、Broadwood、Streicherなどの熟練した職人によって作られた19世紀のピアノ(fortepiano)や、Adolphe Sax自身が作ったサクソフォンなど、多くの貴重なコレクションを見つけることができます。

日本楽器:
ほぼすべての種類の日本の楽器が展示されています。雅楽、師弟尺八、旧式の尺八などの貴重な楽器や、薩摩からの民俗楽器などが見られます。

初期の日本製西洋楽器:
浜松の西洋楽器産業は1888年に始まりました。浜松は100年以上の歴史を経て、西洋楽器業界の世界の中心地になっています。西洋楽器の製作の歴史と素材を浜松や日本でも展示しています。明治時代から昭和初期にかけての表現型ペダルリードオルガンの展示品がたくさんあります。

電子機器:
この40年間に国内外で制作された電子楽器は、新しい音楽の世界を作り出した20世紀の新しい発明や科学の進歩を伝えるために展示されています。このカテゴリには、エレクトリックギターなどの電気楽器の一部が含まれます。

ハンズオンルーム:
アフリカ、タンザニアのタンバニアのリムバ、タンブニアのリムバ、タンボニアのタンバニアなど、世界の楽器やピアノ、ギター、エレクトリックドラム、ジャンベドラムなどの楽器を触ったり、演奏したりできます。また、インドネシアのアンクルン、モンゴルのモリンクフール、オルガン、アメリカン・バンジョーなど
参照コーナー

参照コーナー:
音楽辞書などの参考書が用意されています。タッチスクリーン「日本の音楽アラカルト」では、日本の楽器や音楽を簡単に検索できます。コンピュータを使って、さまざまな楽器でメロディーで楽曲を構成することもできます。

博物館がすべての楽器や文化の中心となり、人々がこのすばらしい世界を発見するために集まる場所になることを願っています。

タグ: