YIQ色空間

YIQは、NTSCカラーテレビシステムで使用される色空間で、主に北米と中米、日本で使用されています。 Iは同相を表し、Qは直角位相を表し、直交振幅変調で使用される成分を表す。 現在、NTSCの一部の形式では、PALなどの他のシステムでも使用されているYUVカラースペースが使用されています。

Y成分はルマ情報を表し、白黒テレビ受信機によって使用される唯一のコンポーネントである。 IおよびQはクロミナンス情報を表す。 YUVでは、UおよびV成分は、色空間内のXおよびY座標と考えることができる。 IとQは33°回転した同じグラフ上の軸の第2の対として考えることができます。 IQとUVは同じ平面上の異なる座標系を表します。

YIQシステムは、人間の色応答特性を利用することを意図している。 アイは紫 – 緑の範囲(Q)よりもオレンジ – ブルー(I)の範囲の変化に対してより敏感であるため、Qのために必要な帯域幅はIよりも小さい。ブロードキャストNTSCはIを1.3MHzに、Qを0.4MHz 。 IおよびQは4MHzのY信号に周波数インターリーブされ、信号全体の帯域幅は4.2MHzに抑えられます。 YUVシステムでは、UとVの両方にオレンジブルーの範囲の情報が含まれているため、両方のコンポーネントに同じ色の忠実度を実現するために同じ帯域幅を割り当てる必要があります。

このような実装の高コストのために、真のIおよびQ復号を実行するテレビジョンは殆どない。 1つのフィルタのみを必要とするより安価なRYおよびBY復号化と比べて、IおよびQは、IとQとの間の帯域幅の差を満たすために異なるフィルタを必要とする。 ‘Q’フィルタの遅延が長くなります。 ロックウェル・モジュラー・デジタル・ラジオ(MDR)は、1997年にはPCで1度に、または高速IQプロセッサ(FIQP)でリアルタイムに動作するI / Qデコード・セットでした。 1985年に作られた一部のRCA「Colortrak」家庭用TV受信機は、I / Qデコードだけでなく、より多くの元のカラー画像コンテンツを提供する完全な「100%処理」としてコムフィルタリングの利点とともにその利点を宣伝しました。 以前、カラーテレビ(RCA、Arvin)の1つ以上のブランドは、約13インチ(対角線上で測定)のスクリーンを利用したモデルで1954年または1955年モデルのI / Qデコードを使用していました。 元のアドベントプロジェクションテレビでは、I / Qデコードを使用していました。 1990年頃には、プロのスタジオモニターのメーカー(Ikegami)がI / Qデコードを宣伝しました。

画像処理
YIQ表現は、カラー画像処理変換で用いられることがある。 例えば、ヒストグラム等化をRGB画像のチャンネルに直接適用すると、画像のカラーバランスが変更されます。 代わりに、画像の輝度レベルを正規化するだけの、画像のYIQまたはYUV表現のYチャネルにヒストグラム均等化が適用されます。

数式
これらの式は、非FCCバージョンのNTSCのRGB色空間とYIQの間の変換に近似しています。

前提条件
以下の式は、


RGBからYIQへ

YIQからRGBまで

一番上の行はYUVカラースペースのものと同じです


FCC NTSC規格
OTA(over-the-air)アナログカラーテレビ放送のFCC規則に含まれるNTSC規格は、わずかに異なるマトリックスを使用する:


行列表記では、方程式系は以下のように書かれる:


場所:

 ルマのガンマ補正された電圧である。

 、  そして  赤色信号、緑色信号、および青色信号に対応するガンマ補正された電圧である。

 そして  クロミナンス信号の直交成分の振幅である。

FCC YIQからRGBに変換するには:

ER ‘= EY’ + 0.9469 * EI ‘+ 0.6236 * EQ’

EG ‘= EY’ – 0.2748 * EI ‘ – 0.6357 * EQ’

EB ‘= EY’ – 1.1 * EI ‘+ 1.7 * EQ’

フェーズアウト
米国で放送する場合、2009年6月12日に米国連邦通信委員会(FCC)によってフルパワーアナログ伝送が終了したため、現在は低出力テレビ局のみに使用されています。現在のFCC規則および規制パート73の「TV伝送規格」のこの抜粋に示されている:

色差信号EQ ‘およびEI’に対する変調に先立って割り当てられた等価帯域幅は、以下の通りである。
Qチャネル帯域幅:400kHzで2dB以下。 500kHzでは6dB以下です。 600 kHzで少なくとも6 dBダウン。
Iチャネル帯域幅:1.3MHzで2dB以下。 3.6 MHzで少なくとも20 dBダウン。

タグ: