石川県輪島漆芸美術館、日本

石川輪島漆美術館は、石川県輪島市にある世界で唯一の漆器美術館です。この広々とした博物館には、さまざまな時代に属するさまざまな芸術家による多くの漆芸作品が展示されており、その一部は芸術アカデミーのメンバーであり、「生きている国の文化財」に指定されています。訪問者は、ラッカーアートに関連するビデオクリップも見ることができます。博物館には輪島漆器だけでなく、日本の各地や海外の漆器のコレクションもあります。博物館は、ラッカーアートの深刻な性質についての洞察を提供します。

概要
石川県の輪島漆器美術館は、全室に常に漆器を展示している世界で唯一の漆器美術館です。 1991年(平成3年に開業)、世界有数の優れた漆文化の発信基地として。

建物の外観は正学院の校舎に着想を得た独特のデザインで、広々としたホール全体にラッカーが使用されています。漆器や、製作者の作品の世界や漆芸作家の作品を紹介するビデオを見たり、漆や美術関連の本を自由に閲覧することが可能です。

塩織展に加えて、日本有数の漆器として知られる輪島漆器の歴史と文化の常設展があります。

「沈むスプーンの色付け体験」、「しんきんチョッピングの色付け体験」、「and絵のストラップ体験」の予約メニューもあります(要予約)

石川県輪島漆芸美術館の公式マスコットキャラクター「わんじま」は、さまざまなイベントに参加し、Twitter、Facebook、Instagramを使用した情報発信に努めています。

7月13日(土)から9月8日(日)まで、新時代の幕開けを祝う展示「漆器の漆工芸-祈りと願いの世界」が開催されました。

輪島塗の歴史と文化

アジアで発展した漆文化
落葉性の漆の木は日本、中国、韓国に分布しています。漆の木の幹などに短い溝を彫ることで、樹液を集めることができます。この樹液をコーティング材料として使用することは、多くのアジア諸国で定着しています。

樹皮と幹の間にある樹液の層に切り込みを入れると、乳白色の樹液がにじみ出始めます。樹液は6月から11月に採取され、1本の木から約100〜150mlの漆を得ることができます。 ur漆は、不純物が取り除かれた後の未処理の漆に与えられた名前であり、これをナヤシとクロメ漆に精製することができます(水分が約3%削減されています)。適切な湿度(65〜80%)と温度(20〜30℃)の環境では、硬化して美しい光沢のある強力なコーティングになります。

漆は日本人の根底にある文化の一部です-感受性と癒しのコーティング
歴史を通じて、漆は、縄文時代初期から少なくとも9000年の間、個人の装飾品、宗教用品、食器、調度品など、さまざまな方法で使用されてきました。また、日本人の精神文化の進化に深い影響を与えており、コーティング媒体として精神的な特性を持っていると考えられています。漆は日本人の根底にある文化の一部であると言っても過言ではないでしょう。漆の硬化コーティングは、鉄を溶解する塩酸と硝酸、プラチナと金の両方を溶解する王水(ニトロ塩酸)、またはセラミックとガラスの両方を溶解するフッ化水素の影響をほとんど受けません。漆塗りの透明度と豊かな光沢は、時間とともに増加します。これは、感度と治癒の両方のコーティング材料と呼ばれています。らでん(貝象嵌)などの技法を用いたm絵や沈金の装飾技術により、時空を超えた世界を想起させる漆芸作品を作り出すことが可能になります。

輪島塗を通して、太古の漆文化が保存されている
輪島は日本の漆文化が特に集中している地域です。輪島は日本最大の木材漆器の生産国であり、1977年に輪島塗は日本政府によって重要な無形文化財に指定された国内で唯一の漆器生産地となりました。輪島塗の際立った特徴は、繊細なケヤキ材の下地に、珪藻土を混ぜた漆を複数層塗布することにより、耐久性のある下塗りができることです。これらの特徴は、室町時代(15世紀)に発掘されたボウルで確認されています。室町時代は、1476年に遡る十三で生き残ったぬし屋(うるしの生産者)という名前の建物のプラークです。輪島の神社、および1524年の神社の設立にさかのぼる朱色の扉。これらの遺物は、輪島塗が中世後期までに既に確立されていたことを示唆しています。

江戸時代初期(17世紀)輪島塗は京都と大阪に広がり、18世紀後半には生産段階の分業が確立され、高品質の朱色の家庭用食器セットが冠婚葬祭は大量生産されていました。沈金とm絵の装飾技術も発展し続けました。輪島は素晴らしい自然の港となる地理的特徴に恵まれており、北海道と大阪を結ぶ海路の港としての歴史的重要性を通じて、輪島塗の評判は広がり、市場は日本各地に広がった。明治維新の結果、大きな生産地としての京都、江戸、尾張の重要性が崩壊し、多くの地域の職人が輪島に来るよう奨励され、町はさらに繁栄しました。第二次世界大戦後、中国からの漆の輸入が停止したため、漆の生産地の大部分は合成樹脂に転換されましたが、輪島塗は同じ伝統的な技術とパネルやテーブルなどの漆製品の新しい分野で生産され続けました開発され始めました。今日でも輪島は多くの素晴らしい漆芸家を生み出し続けています。

耐久性のあるエレガンス、洗練された光沢とテクニック
輪島塗の長い歴史の中で最も重要な支持要因は、間違いなくその技術の信頼性です。生産工程の各段階は、各生産段階の分業の専門職人によって行われ、美しい光沢のあるエレガントな漆器を完成させます。最初に、最も適切な種類の木材が多くの品種から選択されます。次に、キュウシツ(漆の塗り)の過程で、縁を補強するために布を使用し、地の子を混ぜた下塗りを塗ります。合計で、プロセスには75〜130の段階があり、すべて手作業で実行されます。また、漆を接着剤として漆の表面に刻まれた模様に金を固定する沈金や、漆で模様を描いた後、金や銀の粉を振りかけるmake絵などの装飾技法も採用されています漆器を鮮やかな色で引き立てるデザイン。

輪島塗の旅―ぬしやの精神とともに
輪島塗の成功の歴史的背景は、ぬしやの活動にあります。彼らは製品を販売するために遠方まで海を旅したので、ヌシヤは顧客を確保するために文化の男性として世界に出て行くために高度に自分自身を教育するでしょう。彼らが蓄積したユニークで独創的な経験の結果として、輪島塗の名前は今日、日本の代表的な漆器の地位を享受しています。

コレクション
縄文時代の遺物は、石川県の考古学遺跡で発見され、現在まで生き残っており、国の特定の地域での漆の歴史的使用法をたどることができました。能登半島の輪島塗に特有の特徴で、一般に「じのこ」として知られる珪藻土の粉末を使用しています。十三神社(1476年)に残された資料と、神社用に作られた赤漆(1524年)によると、室島時代にはすでに輪島塗が存在していたようです。輪島は日本海側の主要な貿易港であり、これにより、輪島塗は日本中に広がりました。現在、輪島は有名な展覧会で賞を受賞した多くの漆芸家を輩出しています。

漆器は、熟練した職人の手によって生み出されます。最初に、最も適切な種類の木材が多くの品種から選択されます。次に、キュウシツ(漆の層の適用)の過程で、縁を補強するために布が使用され、ジノコと混合されたアンダーコートが適用されます。漆器の品質は、その高い強度、表面の美しさ、洗練された形状など、キュウシットのステージがどれだけうまく行われているかに依存します。沈金は、漆の表面に模様を彫り、沈金のみで漆を溝に擦り込んでから、金箔や銀箔、またはけしfunをこれらの線に入れる技法です。 Mak絵は、漆器を飾る伝統的な方法です。表面に漆が描かれたモチーフが描かれ、漆が乾く前にma絵粉が振りかけられます。

タグ: