鳥取県立博物館、鳥取市、日本

鳥取県立博物館は、鳥取県の自然・歴史・民俗・芸術を専門とする県立博物館です。パーマネントコレクションの3,000以上のアイテムが展示されており、博物館では一時的な展覧会も開催されています。

鳥取県民のための教育・文化施設を提供する目的で設立された鳥取県立美術館。博物館は山の麓に建設されました。 1972年10月1日に鳥取城の跡地に九州が正式に公開されました。

Nature、History、Folkloreのパーマネントコレクション、1階のArt Collection Roomsには3,000点以上のアイテムが展示されています。特別テーマの展覧会も毎年数回開催されます。さらに、モバイルミュージアム、講義、コース、デモンストレーション、エクスカーションが年間を通じて行われています。また、パンフレット、学術誌、研究論文、年次報告書、総合蔵書一覧、鳥取県立博物館ニュースレター「博物館プレス」などを掲載しています。

1949年、鳥取県立科学博物館は、鳥取キャッスルトレイルにある日東キャビンに設置され、地域文化の発展に貢献しています。現在の鳥取県立美術館は1972年に鳥取市公安野球場で完成しました。

Related Post

鳥取砂丘や宇和島沿岸に代表される自然、昔からの史跡、地元の芸術家の芸術など、鳥取県の様々な資料を展示し紹介します。また、隣接する読書室では、鳥取藩主池田家の歴史資料15,000点を閲覧することができます。

施設:
1F
アート展示室
歴史•エスニック展示室
地球科学/生物学展示室
ミュージアムショップ
茶道「カフェダール/美術館」

2F
現代アート展示室
第1回特別展示室
第2回特別展示室
講堂

主なコレクション:
佐伯祐三 – 「オーベルテル教会」
前田漢字 – 「西洋女子像」「戦士族」「寝る女」
ギュスターヴ・クールベ – 「女の女(勉強)」
沖一 – 「ドラゴンズ・タイガース」、「沖縄マイコフィギュアマイコ」
尾崎幸之助 – 「サンニン秦」
国会議長 – 「森を反映した溺水」
須田国太郎 – 「漁村の後」
中山浩 – 「椅子に座っている女性」
里見桂 – 「海洋の記念碑」
Takebu “顔”、 “ヌード”
板谷賢治 – 「クスコの朝市」
小島義太郎 – 「テレサの像」
バーナード・リーチ – 「ツボン」
濱田庄司 – 「柿の釉薬の丸い鉄の鉄の大鉢」「白い釉の黒い流れの大きな鉢」
長澤義行 – 「山の景色」
金月綾 – 「猿の駒」
世界最大の巨大なサラマンダー浸漬試験片
ダイヤモンドイカ浸漬試験片
ジャイアントクジラクジラスケルトン

Share
Tags: JapanT