コンコルディア神殿、アグリジェント、神殿の谷

コンコルディア神殿(イタリア語:テンピオデッラコンコルディア)は、イタリア、シチリア島の南海岸にあるアグリジェント(ギリシャ語:アクラガス)にあるバジェデイテンプリ(神殿の谷)にある古代ギリシャの神殿です。それはシチリア島で最大かつ最も保存状態の良いドリス式神殿であり、特にドリス式順序で最も保存状態の良いギリシャの寺院の1つです。この寺院が誰に捧げられたかはまだ不明です。

この神殿は、アンチタイプのダブルセルを備えた周縁タイプです。パルテノン神殿とともに、世界で最も保存状態の良いドリス式神殿と見なされています。

寺院の名前は、ラテン語の碑文の近くで発見されたためであり、実際にはそれと他のリンクを持たないアグリジェントの人々の一致に捧げられています。「コンコルディア神殿」の名前は、最初のシチリアの歴史家の一人であるトマソファゼッロによって文書化されています。

歴史
寺院はcに建てられました。紀元前440〜430年。6 x 13列のよく保存されたペリスタシスは、4段(39.42 m×16.92 m(129.3 ft×55.5 ft)の高さ)および8.93 m(29.3 ft)の高さのクレピドーマの上に立っています。セラーの大きさは28.36 m×9.4 m( 93.0フィート×30.8フィート)。柱は6 m(20フィート)の高さで、20枚のフルートと調和のとれたエンタシスが刻まれています(柱の上部で先細りになり、中央で膨らんでいます)。

近くのジュノー神殿のように、岩だらけの地形の凹凸を克服するように設計された頑丈な土台の上に構築されています。ローマ時代の調和の女神であるコンコルディアにちなんで、近くにあるローマ時代のラテン語の碑文にちなんで名付けられました。

4世紀と5世紀までに使用されていれば、後期ローマ帝国での異教徒の迫害の間に閉鎖されていたでしょう。この寺院は、6世紀にアグリジェントの司教であるサングレゴリオデッレレイプによって使徒ピーターとポールに捧げられたキリスト教の大聖堂に改築され、異教の崇拝場所の破壊を生き延びました。柱の間の空間は壁で埋められ、古典ギリシャの形が変わった。古代のカルト像が置かれていたであろう主要な部屋であるセラーと、隣接する部屋であるオピストドモスの間の境界は破壊され、セラーの壁は身廊に沿って一連のアーチに切り取られました。キリスト教の改修は1785年の修復中に削除されました。別の情報源によると、

1787年4月25日、ゲーテはアグリジェントを訪れ、神殿の谷にとどまり、そこでコンコルディア神殿のために素晴らしい言葉を使いますが、石に対して行われた修復の質の悪さも批判します。

«コンコルディア神殿は何世紀もの間続いてきました。その細い線は私たちの美しさと心地よさの概念に似ています。パエストゥムの寺院と比べると、巨人の前に立つ神の姿と言えます。これらのモニュメントを保存するための最近の称賛に値する試みが行われた味覚の欠如を嘆く必要はありません。それにより、断層はまばゆい白い漆喰で埋められ、寺院はかなりの程度、廃墟として現れます。 ; それでも、腐食した石の色をチョークに付けるのはとても簡単だったでしょう。もちろん、柱と壁の石灰岩の凝灰岩がどれほど簡単に崩れるかを知るために、それほど長く耐えられたのは不思議ではありません。しかし、まさにこの理由から、建築家は、同等の能力を持つ継続者を期待し、
(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ、イタリアへの旅)

2007年の記事の著者によると、それは「世界で最も保存状態の良いドリス式神殿であるパルテノン神殿を除いて」です。

説明
いわゆるコンコルディア神殿は、古代ギリシャで最も保存状態の良い寺院の1つです。この建物の伝統的な名前は、紀元前1世紀半ばにラテン語で「コンコルディアデッリアグリジェンティーニ」と記されていたためです。この碑文は、1500年代中頃に歴史家であり神学者であるTommaso Fazelloによって誤って寺院に帰属したものです。

ドリス式に建てられた建物は、紀元前5世紀の後半頃に建てられ、4つの段を基にして、短辺に6本の柱と長辺に13本の柱が立っています。これは、19.758メートルx 42.230の四角形で、843.38m²の面積を占め、高さが13.481メートルになる2重の正方形より少し大きいです。アグリジェント地域の寺院の中でユニークなのは、ほとんどすべての聖域と東側と西側の2つの首都を保持していることです。

この寺院は周縁タイプの計画を持っています。これは、(naoとpronaosが存在する)アンチの中央の二重セルに加えて、周辺の列柱があるためです。

Related Post

この寺院は、岩盤の凹凸を克服するために運命づけられた巨大な基盤の上に建てられており、保存状態のために、ギリシャ世界(紀元前430年)の古典時代の最も注目に値する神聖な建物の1つと見なされています。

4段のクレピドーマ(39.44×16.91 m)で、6×13カラム(naosを囲む柱廊骨)の保存状態の良いペリスタシス、高さmです。 6,67と20の溝と2/3(垂直断面の曲率)に向かって調和のとれたエンタシスによって特徴づけられ、手紙、トリグリフとメトープのフリーズ、およびムトゥーリのフレームが上にあります。鼓膜も完全に保存されています。アンチ(オピストドモスなど)のプロナオが前にあるセルには、ステップを介してアクセスします。階段のあるパイロンが屋根にアクセスできます。セルの壁の上や、蠕動運動のエンタブラチュアのブロックには、トラスの木製カバーが使われています。寺院の外側と内側は、必要なポリクロームで漆喰で覆われていました。

シマはライオンのようなプロトームと大理石のタイルのために提供されたカバーで庇を示しました。その構造は、キリスト教教会(6世紀)への変容により強化されました。最初に古代の方向を逆転させ、それによってセルの背壁が破壊され、柱間が閉じられ、12のアーチ型の開口部がセルの壁。3つのカノニカルネイブを構成するように、ペリスタシスの2つの側方のナベと、セルと一致する中央のナベ。その後、古典的な時代の祭壇は破壊され、聖器は東の隅に置かれ、建物は事実上完全な聖堂の生物となりました。大聖堂と密接な関係に置かれた慣習によれば、教会の内外に掘られた穴は、中世の高い埋葬を指します。

寺院の内部は、入り口の柱廊、naos、opisthodomos、後部の部屋に分かれており、柱廊とopisthodomosは2つの柱で囲まれています。 naosへの扉は、屋根につながる彫刻が施されたサービス階段を含む2つの柱に隣接しています。伝統によれば、アグリジェントの司教であるグレゴリーが異教の悪魔エバーとラップスを追放し、古代の神殿を使徒ピーターとポールに捧げたときに、この寺院は6世紀後半に向かってキリスト教会に改築されました。

naosの壁にある12のアーチは、建物がキリスト教の教会としての時代にあることを証明しています。この目的は、その並外れた保存状態のおかげです。

最後に、異教の悪魔の二元性と2人のキリスト教聖徒への献身は、神殿がもともと2つのギリシャの神に捧げられていたという理論につながりました(そのような理論の1つはCastorとPolluxを指します)。しかし、考古学的証拠や伝記がないため、神殿が最初に建てられた神々についての真実は不明です。

アライメント古考古学
ほとんどすべてのギリシャの寺院と同様に、東西の方向に従って配置されています。特に、春分点での太陽の昇りとの整合について、過去に研究が行われてきました。

神殿の谷
神殿の谷はシチリア島の考古学公園で、並外れた保護状態とギリシャ時代の一連の重要なドリス式神殿が特徴です。これは、アグリジェント市の記念碑的な核である古代アクラガスに対応しています。今日、それは地域の考古学公園です。

谷には、すべてドリス式の7つの寺院の遺跡があります。オリンピオンの名前を除いて、名前の帰属はルネサンス時代に確立された単なる伝統です。寺院は次のとおりです。

コンコルディア神殿。近くにあるラテン語の碑文に由来し、紀元前5世紀に建てられました。6世紀に教会になり、現在は渓谷で最も保存状態の良い教会の1つです。
ジュノ神殿。紀元前5世紀に建てられた。紀元前406年にカルタゴ軍によって焼かれました。
ヘラクレス神殿。古代アクラガスで最も崇拝された神の1人でした。それは谷の中で最も古く、地震によって破壊され、今日ではたった8本の柱で構成されています。
オリンピアのゼウス神殿。紀元前480年にカルタゴに対する都市国家の勝利を祝って建てられました。大規模アトラスを使用しているのが特徴です。
キャスターの寺院とポルックス。遺跡は4つの柱しかないにもかかわらず、現在ではアグリジェントの象徴となっています。
ヘファイストス神殿(バルカン)。紀元前5世紀にさかのぼります。渓谷で最も印象的な建造物の1つと考えられています。しかし、現在は最も侵食されているものの1つです。
アスクレピオス神殿、古代の町の壁から遠くにあります。それは病気の治療法を求める巡礼者の目標でした。
谷には、ピラミッド型の巨大な凝灰岩の記念碑、いわゆるセロンの墓もあります。学者たちはそれが第二次世界大戦で殺されたローマ人を記念して建てられたと想定している。

1997年以降、この地域全体がユネスコが作成した世界遺産のリストに含まれています。それは人気のある観光地であると考えられているだけでなく、街の象徴であり、島全体の主要な観光地の1つでもあります。1300ヘクタールの神殿の谷の考古学および景観公園は、世界最大の遺跡です。