1994年に奈良に開館した博物院美術館(松伯美術館)は、近畿美術館の寄贈と近鉄の支援により設立されました。 上村祥園、上村松篁、上村淳之の絵画やスケッチのほか、日本の鑑賞を促進するための特別展を開催しています。 博物館の名前のshō(松)要素は、これらのアーティストの名前の最初の2文字の最初の文字に由来するだけでなく、博物館が現在立つ近鉄の元名誉会長の庭の松から、 haku(伯)要素は、Hakusentei(伯泉亭)と呼ばれるその茶屋から来ます。

1994年、奈良に開館した博物館美術館。美術品の寄付と近鉄の支援により設立されました。 上村祥園、上村商工会、上村敦の絵画・スケッチのほか、日本オペラの鑑賞促進のための特別展を開催しています。 博物館の名前のshō要素は、博物館が現在立っている近鉄の元名誉会長の庭の松の木だけでなく、これらのアーティストの名前の最初の2文字の最初の文字に由来し、俳句ハクセンテイとして知られているその茶室から来ています。

博物館の使命
博物館博物館は1994年3月に創立され、上村園、上村商店、上村敦の各芸術家の作品や近鉄からの資金提供を受けています。 植村、翔子、あつしの作品を収集、保存、展示し、上村家の作品を紹介することを目的としています。 それに加えて、特別展や公募展を通じ、日本の絵画に対する意識を高め、ジュニアアーティストにチャンスを与えています。

このホテルの目的は、松尾上村さん、松之木さん、純ゆき3世代、草稿、スケッチなどの美術品の収集、保管、展示を通じて、3世代の絵画を紹介することです。 また、日本画の普及や若手アーティストの育成のために、特別展や公開展などを開催しています。

松木美術館は、1994年3月、上村松代、あき純潤雄の作品を寄贈し、近畿日本鉄道(株)からの寄付を行いました。
博物館では、上村松尾、松久、松浦の3世代にわたる作品、草案、スケッチなどの美術資料のコレクションが展示され、
それは、保存と展示を通して3世代の絵画を紹介することを目的としています。
また、日本の絵画や芸術家を広く普及させるために、特別展や公開展などを開催しています。

Related Post

「松」は、松尾と松子の絵画と美術館の所在地の名称です
佐伯佐生遅くとも近鉄の名誉会長旧居の庭に植えられた何百本もの松の木に、
「えい」は、釈迦の仏と佐伯の丘、茶室の茶室の問題である「白仙台」に由来します。
また、「松木の音」の意味は、常連客である「松葉」ともやり取りできるように入れられています。

旧佐伯邸
博物館の東側に隣接して、佐伯伊武館長の名誉ある会長の元住居です。 1960年建築の建築家トーゴ・ムラーノが設計した村落鈴也の倉庫に建てられました。一般公開されていませんが、中庭を開けて11時から15時の間だけカフェのカフェを開きます土曜日、日曜日、祝祭日にはオープニングデーに開催されます。 (天候などの事情によりキャンセルされる場合があります)

茶室「白仙台」
旧佐伯邸の中の茶室です。 一般に公開されていませんが、茶道や俳句で利用できます。 ご興味のある方は電話でご連絡ください。

季節のスナップ
ホテルの季節の表情を示す敷地内の庭園を探索できます。 (私たちは庭の周りを歩くことによって停止することはできません)
庭の中を歩いていく「小径のホウマオ」は、山頂からは、博物館に隣接する大友池の眺めと、日本の一流建築家、戸野亨さんがデザインした旧佐伯邸の眺めが続きます。

Share
Tags: JapanS