三溪園、横浜、日本

1906年に開館した横浜市中区の伝統的な日本式庭園で、三溪園は原富太郎が設計・建設したもので、ほとんどすべての建物は、東京、京都、鎌倉、岐阜、和歌山の各地で、原氏自身が購入した歴史的に重要な建造物であり、重要文化財であると宣言されている。横浜市が指定した日本の有形文化財は、第二次世界大戦中に甚大な被害を受け、1953年に横浜市に寄贈され、三溪園保協会館に寄贈されました。 -enは戦前の状態にほぼ戻った

サンケイエンガーデンは、シルクビジネスを通じて豊かな財産を築いた横浜の実業家である原さんが創り上げた広々とした日本庭園です。東京ベイに面した敷地内に約175,000㎡の庭園があります。1902年に建設が始まり、 Sankeienは1906年に一般公開された外庭とSankeiの私的使用のための内庭の2つの庭園で構成されています。17の歴史的建造物(歴史的な人物などの寺院や建物など)と完全に調和し、京都や鎌倉などから集められた庭園は、季節によって変化する楽しい風景を提供します。サンケイは、アーティストや文学者との接点としても知られています。サンケイエンガーデンは、美術、文学、茶の湯などの近代日本文化を発展させる場所または茶道の儀式)

かくれょくかく:
入り口の隣には原宿閣がありましたが、原宿家の邸宅だったので、今日は一般人から借りて会議やパーティーなどに利用できます。有形文化財指定の建物の3つの建物の一つです横浜市の夏の間だけ、かくしょかくは一般に公開されています

サンケイ記念碑:
学園都市の直後に位置する三景記念館は、岐阜県出身の展示品、絵画、芸術作品を通して庭園とその創作者に一般人を紹介するために建てられたもので、幼児時代からの幼児時代から彼は美術学を好きで学んだ後、学問と詩を学び、1885年に東京の早稲田大学で正式に学び始めました。卒業後、青木育ち女子学校の先生になり、学生たちは家族に養子にされています。彼は家族商業の首長となり、とても成功しました。本牧の現在地に移動した後、古い建物を集め、庭で再建しました。 1906年に無料で一般公開された

アウターガーデン:
主池の隣にある外庭は、1906年に一般に公開された庭の最初の部分でした。そこには、東明寺の3階建ての塔、Rindō-an (旧燈明寺本堂)の旧洞殿(旧東慶寺仏殿)と旧御堂(旧殿堂)の茶洞(横笛庵)

明治時代の旧教会(重要文化財)は京都からここに持ち込まれ、1988年に購入された室町時代(1336-1557)の建築の一例であり、5年間の修復と再建のための集中的な作業によって完全に修復された

東明寺の3階建ての塔(重要国家文化財)は、庭園のどこからでも見ることができ、そのシンボルです。1914年に三景園に移転しました

鎌倉市の臨済禅寺の本堂とされていた東池寺の旧竹園(重要国家文化財)は、その宗派の典型であり、1907年にサンケイエンに移転した

旧柳原ハウス:
元oh原家住宅は、江戸時代(1603-1868)の裕福な家屋の屋敷であったが、一ノ原は一年中一般に公開されている唯一の建物で、ここに持ち込まれた世界遺産に登録されている岐阜県白河郷にある柳原が使用していたオリジナルの家具、バスルーム、キッチンがあります。2階には日本の民俗記事が展示されています

インナーガーデン:
主池の北側の内庭園は、1958年に一般公開され、その後は原家庭の庭園となっています。御門、白雲邸、臨時閣春閣)、旧天地寺寿塔覆堂、春草陵、金剛窟、金華殿、月華殿、天十院)、聴秋秋、夏には蓮根(Renge-in)のみが公開されている

タグ: