国会議事堂の玄関の真上に位置し、朝日の間とペアを形成するSai蘭の間は、「最初に住居が建てられたときの第2のゲストルーム」と呼ばれていました。 、フェニックスの一種。

名前は、左右の大きな鏡の両側にある大きな鏡と、「鸞」と呼ばれる架空の鳥として設計されたrat製の大理石でできた暖炉の両側にあります。部屋は、白い天井とエンボス加工された金箔で装飾された壁のある、皮が付いていないスタイルです。また、10個のミラーにより、部屋が大きく見えます。 3つのシャンデリア、壮大な金箔石膏のレリーフ、華やかな椅子とテーブルが部屋に設置されています。椅子の赤い布に模様が刺繍されています。

面積は約160平方メートルです。この部屋は、表敬訪問のために初めて訪れるゲスト、宴会のゲストとの聴衆、条約または協定の調印式、面接に使用するための待合室として使用できます。

ハイライト

神話の黄金の鳥
広げられた翼を持つ鳥の形の絶妙なレリーフ装飾は、左右の大きな鏡の上、大理石のマントルピースの両側に取り付けられています。これらは走ったと呼ばれる神話上の鳥で、サロンの名前が付けられました。さまざまなフェニックスであるランと呼ばれる神話上の鳥で、翼を大きく広げています。金色に輝く、金色の漆喰のレリーフ。

絶妙な金色のレリーフ
サロンは、19世紀初頭のナポレオンフランスを席巻した帝国様式で装飾されています。武道のモチーフは、華やかな小包のアラバスターレリーフで主流であり、伝統的な鎧の戦士などの日本の要素が含まれています。装甲戦士の金色の漆喰のレリーフ。戦士のデザインは中央にあり、座っているライオンは両側を外側に向けています。

シャンデリア
クリスタルの備品の上に、チェーンは赤、黄色、緑のリボンで活気づいています。彩鸞の間のシャンデリア。主にクリスタルでできたシャンデリアが天井から垂れ下がっています。

天井レリーフ
アーチ型の天井は、軍事キャンペーンテントを呼び起こすためのサンバーストパターンでパネルに描かれています。スフィンクスの壁のレリーフと同様に、デザインはエジプトでのナポレオンのキャンペーンに触発されたと考えられています。彩鸞の間の天井。楕円形のアーチに沿って漆喰のレリーフがあり、その中心から放射状の線のパターンがあり、テントを連想させるデザインを作り出しています。

Related Post

いす
帝国様式の特徴である椅子は、銀色の刺繍が施された赤い地面の布張りです。彩鸞の間の椅子とテーブル。椅子の赤い布部分に模様が刺繍されています。

エンパイアスタイルの家具
サロンの家具は強い対称性を示し、ライオンの足を持っています。どちらもスタイルの特徴です。彩鸞の間の家具。マホガニーには金色の装飾が施されています。

偉大な鏡
壁に掛けられた10個のミラーは、部屋を視覚的に拡大するのに役立ちます。彩鸞の間の素晴らしい鏡。金色の漆喰のレリーフが鏡の周りを飾ります。シャンデリアと天井の装飾が大きな鏡に映っています。

日本刀と剣
マントルピースのレリーフ装飾には、西と東の両方からの剣が含まれています。彩鸞の間のマントルピースの装飾。装飾は、日本刀とその後ろにサーベルが付いた洋風のヘルメットのデザインです。

赤坂宮殿
迎賓館(赤坂宮殿)は、世界各国から君主、大統領、首相などの外国人高官を受け入れるための国家施設です。 SGHは、外国の高官の収容、サミット会議の開催、式典や宴会への署名など​​、さまざまな機能を実行することにより、外交の重要な役割の1つを果たしています。

赤坂離宮は、世界各国の君主や大統領を歓迎することにより、外交活動の素晴らしい舞台として機能します。赤坂宮殿は、1909年に皇太子殿下としてネオバロック様式に基づいて建てられた、日本で唯一の宮殿です。当時、明治時代の日本の本格的な近代西洋建築の集大成を表しています。日本は第二次世界大戦の十数年後に国際社会に戻り、歓迎する外国の高官の数が増加しました。これを考慮して、施設は大規模に復元され、新しい日本式の別館の建設とともに改造され、1974年に現在の州のゲストハウスとして新たなスタートを切りました。

2009年の大規模な改修工事の後、国賓館は日本建築を代表する建造物の1つとして国宝に指定されました。ステートゲストハウスは、君主、大統領、首相などの多数の著名なゲストを迎えており、サミット会議などの国際会議の会場としても使用されています。

また、主要な活動が中断されない限り、一般に公開されており、それによって日本は観光志向の国になっています。