再生可能エネルギー彫刻

再生可能エネルギー彫刻は、太陽光、風力、地熱、水力発電、潮汐などの再生可能エネルギー源から電力を生成する彫刻です。再生可能エネルギー彫刻は、再生可能エネルギー源(太陽光、風力、地熱、水力発電、潮汐)からエネルギーを生み出す彫刻を組み合わせた、環境芸術の流れです。

Land Art Generator Initiativeのリーダーである再生可能エネルギーアートに触発された再生可能エネルギーアートは、再生可能エネルギー自体がアートとして、またはアートとして現れ、発見されたほとんどの例はパブリックアート作品です。

現在の特徴
再生可能エネルギーの彫刻の主な特徴は、このトレンドのアーティストが、美学とエネルギー生産および節約の機能的特性を組み合わせたソリューションを開発していることです。この成長分野の開業医は、多くの場合、エコデザイン基準に従って働きます。

再生可能エネルギー彫刻は、パトリスステレスト、サラホール、ジュリアンH.スカッフ、パトリックマロルド、エレナパルシェバ、建築家のロリチェットウッド、イリノイビルベケットのベックル大学教授のニコラスグリムショーなどのアーティストによって最初に提案されました。環境芸術のアイデアを共有し、彼らは自分たちの作品の美的部分がデザインの生態学的機能と密接に関連していると信じています。さらに、再生可能エネルギーの彫刻の間、アーティストは自然の形やプロセスに影響を受け、周囲の世界の色や質感を好むことがよくあります。

このような彫刻は、機能的には再生可能エネルギー生成器であり、芸術作品であり、功利主義的、美的、文化的な機能を果たしています。再生可能エネルギー彫刻のアイデアは、アーティストのパトリスステレスト、サラホール、ジュリアンH.スカフ、パトリックマロルド、エレナパルーチェワ、建築家ローリーチェットウッドとニコラスグリムショー、イリノイ大学のビルベケット教授などのエコ未来派の先見の明、および次のようなコラボレーションによって開拓されました。 Land Art Generator Initiative。環境芸術運動全体の哲学を反映して、再生可能エネルギー彫刻を作成するアーティストは、芸術作品の美学が彼らの生態学的機能に密接に関連していると信じています。

引用
あなたの人生を動かしている電気のごく一部でさえ、あなたが訪れて楽しむことができる芸術作品によって生成されていることを知ることには、素晴らしいことがあります。

考えられる翻訳:私たちの生活に栄養を与える電力のほんの一部でさえ、あなたが訪れて楽しむことができる芸術作品によって作られていることを知っていることには、驚くべき何かがあります。
-エリザベスモノイアンとロバートフェリー

アーティストは、周りで何が起こっているのかを考えるだけで、人々、社会、文化を変革する上で重要な役割を果たします。考えられる翻訳:アーティストは、何が起こっているのかを考えるだけで、人、社会、文化を変革する上で重要な役割を果たします。
-スミス氏(プロジェクトマネージャー、世界の節約機。

彫刻の例
Andrea PolliによるEnergy Flowプロジェクトは、風力タービンを橋の構造に組み込んで、設計を補完し、橋とその周辺を照らす実験的アーキテクチャの例です。

ラルフサンダーの公共彫刻であるワールドレスキュービークルは、太陽エネルギーを利用して、韓国の暑い夏にソウル美術館の外で雪と氷を作りました。

サラホールはアートガラスと連携し、2つのガラスパネルの間に太陽エネルギーを収集する太陽電池を統合し、それらを芸術作品自体と組み合わせます。

Elena Parushevaのアートは、風力エネルギーに人々の注意を引くように設計されています。彼女はまた、風力エネルギーの利点に関する情報を広めるのに役立つ、エネルギー消費問題への芸術的な答えを提供しようとしています。下のギャラリーには、エレナの作品「Ondine」の写真があります。これは、銅とはんだ付けを使用して2004年に作成されました。彫刻は、首と手首にジュエリーを持つ女性の形をとり、ジュエリーは風力タービンのセットです。

再生可能エネルギーのアートにはいくつかの新興ジャンルがあり、彫刻としての太陽光発電や風力タービンから彫刻としてのエネルギー生成面の形状まで、PVセルや風力タービンを純粋に装飾的な効果のために使用することまで続きますが、さまざまな再生可能技術を描いた代表的なアートです。

スティックのライト
スティック上のライトは、サイトの照明がさまざまな状況で必要とされるパブリックアートとして、再生可能エネルギーの最も一般的な表現のようです…

ふれまわりライト
2009年のミュンヘン近郊では、シーメンスとアーティストのマイケルペンドリーが[設置手順を確認してください!]コラボレーションして、直径30mの風力タービンのブレードを照らしました。

インタラクティブライト(太陽、風、または人による)
ダンスフロアから看板まで、これらの「彫刻」は「芸術」であるというふりをほとんどしていません。

BIPVアート
統合された太陽光発電を構築するコストを正当化するために、それらはしばしば「芸術」と呼ばれます。どういうわけか、これらの例のほとんどは、「アートなのか」の匂いテストに及ばず、単なる装飾にすぎません。

再生可能エネルギーの図解
写真への絵画(まだ彫刻はありません)は、再生可能エネルギーインフラストラクチャをアイコンとして描写しています。そのため、風車、ソーラーパネル、バイオマスのコードが、実際に良いことをしていない(または良い芸術である)ことについて感じていると思われるジャンルを満たしています。このジャンルがアートの世界やサステナビリティムーブメントに何らかの意味を持っているかどうかはわかりませんが、わかります…

PVパンク
アートの世界の環境への影響を検討する動きも広まっています。再生可能エネルギーはまだギャラリーやアーティストスタジオ全体に電力を供給していませんが、このダイアログは、存在の問題を探求するための美学/理論と芸術の文化的役割の間をつなぎます–しかし、これは別の時間のトピックです。

Share
Tags: DItaly