アゼルバイジャンの改革

アゼルバイジャンは70年近くにわたって旧ソ連によって支配されてきた。 アゼルバイジャンは、ソ連の崩壊後、1991年10月に独立を得た。 独立国の再建は経済、教育、健康の分野で混乱と後退を招いている。 この点で、アゼルバイジャン政府は「世紀の契約」に署名し、上記の分野を発展させる改革を実施した。

世紀の契約
この合意は、1994年9月20日、バクーのグリアスタン宮殿で署名された。 この協定の重要性は、それを「世紀の契約」と名づけました。 この契約は、100億バレル以上の石油埋蔵量を含む深海の油田「アゼリ – チラグ – グネシェリ」の開発を目的としていました。 この契約の目的は、400ページと4言語に反映されました。 米国(英国、アゼルバイジャン、ロシア、トルコ、ノルウェー、日本、アゼルバイジャン)の13カ国(Amoco、BP、McDermott、Unocal、SOCAR、LukOil、Statoil、Exxon、TPAO、Pennzoil、Itochu、Ramco Energy、Delta)サウジアラビア)が契約の署名を支持している。 19カ国の41の石油会社が「世紀の契約」に焦点を当てた26の契約を締結した。

両当事者は、契約の署名に続いて運営委員会、アゼルバイジャン国際運営会社(AIOC)、コンサルティング協議会などの就労体制を確立している。 12月2日、アゼルバイジャン共和国議会は「世紀の契約」を承認した。 法的基盤整備後に契約を締結し始めた。 アゼリ – チラグ – グネシュリ(ACG)畑は1997年11月に生産を開始し、その後40億バレルの原油を生産しました。

この契約により、アゼルバイジャンのさらなるプロジェクトの条件が生まれました。 さらに、アゼルバイジャンは、多くの国と信頼できる政治的・経済的パートナーシップを構築してきました。 さらに、アゼルバイジャンの経済分野における投資は大幅に増加した。 ACGに300億ドル以上の投資をしました。

BPは35.78%(所有者)、SOCAR-11.65%、Chevron-11.27%、Inpex-10.96%、ExxonMobil-8.0006%、Statoil-8.56%、TPAO-6.75%、Itochu-4.3%を所有している。 、ONGC Videsh Ltd – 2.72%。

改革
1990年代初頭、アゼルバイジャンは経済に影響を与えるだけでなく、教育と健康の分野においても困難な経済移行を経験しました。 アゼルバイジャン政府は、国の状況を改善するために、経済、教育、および健康改革の積極的な議題を追求した。

経済
アゼルバイジャン経済には大きな課題があり、1990年代初めにGDPが減少した。 1991〜1995年には、経済混乱と回帰があった。 しかし、1996年のマクロ経済の安定とダイナミックな経済発展でこの増加が観察された。国際援助は1992年以降の経済移行の促進に重要な役割を果たした。同時に、地域援助も経済に利益をもたらした。

1993年に「アゼルバイジャンにおけるビジネス開発に関する国家計画(1993-1995)」が経済改革を合法化するために採択された。 さらに、アゼルバイジャンとIMFは、1995年のマクロ経済の安定性と漸進的経済回復を回復させる経済改革プログラムに合意した。 財政赤字の安定性はGDPの約4%であり、インフレ率は単一の数字に減少した。 GDPは1996年から1998年の間に20%上昇した。

アゼルバイジャンは、独立した中央銀行の設立と国内通貨の導入後に、一貫した経済改革プログラムを追求してきた。 マクロ経済の安定化、構造改革、社会的ニーズへの対応は、プログラムの主要な要素であった。

アゼルバイジャン政府は、公共セクター機関と支出の再編成と改革を支援するために、1999〜2000年の民営化計画と世界銀行などとの協議を批准した。 民営化の間、1994年の29%から2011年には81%に増加した。また、アゼルバイジャンの国家経済および社会部門への投資の流れは、100倍に急増した2003年から2011年までの10億ドル。

さらに、1999年に設立された国家石油基金は、設立以来多くの活動を行ってきた。 また、その地域や地方の人口や経済発展の財政保障は、その年の間に継続的に増加した。 アゼルバイジャンは、社会経済開発構想の観点から、アゼルバイジャン共和国の「予算制度」法に準拠して、次の3年間、次の3年間に確実に準備を進めている。 2011年には、「アゼルバイジャン共和国の2012年および2013年の社会経済開発構想と予測」が準備され、上記の州プログラムが継続された。

経済改革は、保健・教育分野の改革を実施する道を開いた。

教育
アゼルバイジャン政府は1990年代から教育制度の改革を実施するための議論を行ってきた。 1998年、大統領は教育改革プログラムの準備に関する令を発出した。 したがって、1999年の教育改革プログラムの承認後、すべての教育制度において改革が実施された。この点については、高等教育において構造的な変更が適用されている。 さらに、ネットワークの組織が更新され、専門職の訓練構造が新しい職業に関与しています。

さらに、2000年には、教育の権利を確認し、国家教育の概念を実施し、教員の訓練と訓練を保証し、物理インフラと人的資源の使用の有効性を改善するための教育システムの改善に関する令と、教育問題研究所を発見した。 2001年には、社会改革、経済改革、政治改革、政治改革という文脈全体を網羅した教育改革の文書に教育改革の枠組みが追加された。 同年、教育制度改革プログラム(ESRP)が、新制度の立法、経済および情報基盤を形成し、改革および活動の実施を促進するよう提案された。 2007年に文書が採択された。このプログラムの実施後、2009年から第2次教育セクター開発プロジェクトが実施された。プロジェクトの主な目的は、現職教育の有効性を高めることであった。

2005年、アゼルバイジャンはボローニャの原則に加わり、高等教育制度改革を実施した。

2007年、アゼルバイジャンのイラハム・アリエフ大統領は、石油資本を人的資本に転換するために、「アゼルバイジャン国民教育に関する国家プログラム」(2007〜2015年)を締結した。

このように2009年から2009年にかけての「ア​​ゼルバイジャン共和国の高等教育制度改革に関する国家プログラム」が2009年に採択され、ヨーロッパの高等教育地域に統合されました。 さらに、アゼルバイジャン高等教育機関のEHEAへの統合を確実にするために、教育改革法が2009年に採択された。

さらに、アゼルバイジャンは、一般教育カリキュラムの実施および教師、学生、教育管理者の関与を促すためのカリキュラム改革について、世界銀行 – 第2次教育セクター開発プロジェクト(2009〜2016年)との共同プロジェクトを計画した教育カリキュラムの改善、新しい学習教材や学校図書館の改善、教育改革を支援する現職教員養成の近代化、APL 1が支援する制度的枠組みの構築、教育評価のための学生評価の活用による新しい評価と評価文化の創造アゼルバイジャン。

2013年にアゼルバイジャン政府は2025年までにアゼルバイジャンにおける教育開発戦略を承認した。戦略の行動計画は2015年に採択された。戦略に関連する活動は2015年に実施され、2017年に続いた。

ユニセフのアゼルバイジャン年次報告書(2015年)は、教育改革の実施におけるユニセフのアゼルバイジャン支援を反映しています。 ユニセフはアゼルバイジャン政府がこの報告書に基づいて初の包括的学校を立ち上げることを支援した。 専門教育のモデルを専門家と教師のために実施した。 この点で、ドイツの包括教育モデルは、ユニセフの提案に従って適用され始めた。

アゼルバイジャン共和国の教育省は、上記の改革の実施における主要な執行機関です。 省は改革を提案し、実施プロセスに参加する。 アゼルバイジャン政府は、2016年にさまざまな教育分野で以下の改革を実施しました。

2016〜2017年には、アゼルバイジャンの就学前教育グループに76,000人以上の子供が参加しました。
将来的には取締役を目指す一般教職員の指導のための研修を実施しました。 Ganja、Goygol、Samukh、Goranboy、Dashkesenの一般学校の教員のためのトレーニングが行われました。 このトレーニングの主な目的は、現代の経営知識とスキルを持ち、情報技術に精通しており、教育と社会開発に貢献することができる学校の取締役を教育し改善することです。
2016年2月に開始された完全に改良された第1学年と第5学級の教科書と新しく設立された第9学年の教科書プロジェクトについて世論を分析した。 教科書プロジェクトに関する意見や提案は、MoEのe-resurs.edu.azウェブサイトとderslik@edu.gov.azの電子メールアドレスから入手しました。 77の教科書プロジェクトがウェブサイトで利用可能です。 1544意見と提案が受けられました。 意見の91%は9年生、6%〜5年生、3%〜1年生の教科書に関連しています。
新しくプリペアされた電子書籍の数は、www.e-derslik.edu.az電子テキストポータルの143ページから156ページに増加しました。
フランス・アゼルバイジャン大学(UFAZ)は学年をスタートしました。 アゼルバイジャン国営石油・工業大学に登録された第1グループの大学入試で500点以上500点以上の学生303名が登録されました。 そのうち120名が国家秩序に同意し、40名がUFAZで手数料を支払った。
健康
アゼルバイジャンとアルメニアの紛争に関して、多くの死傷者がアゼルバイジャンの医療サービスの必要性を高めている。 この点で、1998年に議論が行われ、体系的な健康改革が行われた。 政府は健康改革に関する国家委員会の設置を達成した。 1999年、欧州委員会は、健康改革のための最初の概念文書を発表した。

人口の健康の分野の主要な法律および他の法律、1999-2008年

医療保険に関する法律 1999年
民間医療慣行法 2000年
結核対策法 2000年
感染症の免疫予防法 2000年
ヨウ素欠損量の一括防止のための塩のヨウ化に関する法律 2001年
糖尿病患者の状態管理に関する法律 2003年
血友病およびサラセミアを患う人のための国家ケアに関する法律 2005年
血液および血液成分のドナーと血液サービスに関する法律 2005年
オンコロジーケアの法律 2006年
義務的な健康保険に関する国家機関の設立 2007年
健康ファイナンス改革のコンセプトと強制健康保険の導入 2008年
1990年代後半と2000年代前半の改革は、保健省が改革にあまり関与していなかったため、効果が薄かった。 2008年初めに、WHO、世界銀行、USAIDおよび他の国際機関とともに、保健医療改革コンセプトの新バージョンおよび拡張バージョンの草案を作成しました。 閣僚は、2008年に保健ファイナンス改革を導入するための行動計画を承認した。政策改革は、健康金融改革の目標を実現するために行われた。 閣僚と大統領の内閣は、2008年にコンセプトと行動計画を採択した。

軍隊
アゼルバイジャンとNATOは、2005年5月に個人パートナーシップ行動計画(IPAP)に調印した。行動計画は、アゼルバイジャン社会における防衛および安全保障問題に対処することを目的としている。

2000年代初め、アゼルバイジャンは自らの軍事装備や機械を生産し始めた。 このように、2005年12月16日に大統領令でアゼルバイジャン防衛産業省が設立された。

アゼルバイジャンでは、Gurzaパトカー、7.62х54ミリメートルGurzaおよびShimshek-10機関銃、7.62х51ミリメートルYalguzag、Istiglal-1TおよびMubariz狙撃ライフル、HP-7.62の54ミリメートル攻撃機銃タイプ。 生産された全ての兵器はNATOの基準を満たしている。

アゼルバイジャンは1994年以来、NATOとの軍事訓練と教育プログラムを実施している。NATOの軍教育制度の基準は、1997年からアゼルバイジャン高等軍アカデミー、2000年以降の軍事病院、教育訓練特殊部隊は、国際パートナーシップ・プログラム(IPP)の観点から、国際平和維持活動および人道援助活動に参加するように訓練されている。 プログラムの実施分野には、防衛政策と戦略、言語訓練、 軍事演習および関連する訓練; 軍事教育など

アゼルバイジャンは、2004年3月にNATOの運営能力コンセプト評価&フィードバックプログラムに参加した後、NATO主導の運営に直接参加し始めた。平和維持隊が1997年に設立され、平和維持大隊が2001年に設立された。国家安全保障構想(NSC)、軍事ドクトリン(MD)、戦略的防衛レビュー(SDR)のほんの一部にすぎません。 アゼルバイジャンの大統領は、2007年5月23日に国家保安概念(NSC)を確認した。アゼルバイジャンの議会は2010年6月に軍の主義を採択した。

さらに、アゼルバイジャンはユーロアトランティックのセキュリティ機関と密接に協力している。 この協力により、アゼルバイジャンは、平和支援活動に参加し、NATO運用能力評価およびフィードバックプログラムの運用相互運用性を高め、アゼルバイジャン軍にNATO基準を適用し、アゼルバイジャン軍の教育訓練システムを拡大し、戦略的な概念文書を改善し、協力に関連する分野の専門家を訓練し、業務能力を向上させる。

1992年、国際赤十字委員会は、アルメニアとのナゴルノ・カラバフ紛争に合わせて、アゼルバイジャンでの活動を開始した。 この委員会は、紛争志向や安全保障上の理由から、行方不明者や拘束者に関する問題を扱っている。 ICRCは、コンタクトラインおよびアルメニアとの国境の近くに住む人口を保護し、支援するために働いています。

1997年、アゼルバイジャンは平和維持軍を設立し、NATOの国際安全保障支援軍(ISAF)が主にアフガニスタンで実施した業務に加わりました。 アゼルバイジャンは、米国海兵隊で平和維持軍が共に奉仕する国の一つです。

2009年10月、アゼルバイジャン議会は、アフガニスタンの平和維持部隊の数を90に増やす決定を採択した。アゼルバイジャンの平和維持隊は、1999〜2008年にコソボにおける平和維持活動と平和支援活動に参加した。 さらに、2003年から2008年の間に、イラクでアゼルバイジャンの平和維持要員が務めた。