ProPhoto RGBカラースペース

ProPhoto RGBカラースペースは、ROMM RGB(Reference Output Medium Metric)とも呼ばれ、Kodakが開発した出力参照RGBカラースペースです。 これは、写真出力を念頭に置いて設計された、特に広い範囲を提供します。 ProPhoto RGBカラースペースは、CIE L * a * b *カラースペースで可能なサーフェスカラーの90%以上をカバーし、1980年にPointerで実物のサーフェスカラーが100%表示され、ProPhotoはWide-ガマットRGB色空間。 ProPhoto RGB原色も、非線形トーンスケール操作に関連する色相回転を最小にするために選択されました。 この色空間の短所の1つは、表現可能な色の約13%が、存在しない色と可視色ではない虚色であることです。

このような色域が広い色空間で作業する場合は、ポスタリゼーションの影響を避けるために16ビットの色深度で作業することをお勧めします。 これは、勾配ステップがはるかに大きいので、8ビットモードでより頻繁に発生します。

標準のダイナミックレンジのシーン空間画像を符号化するためのRIMM RGBと、拡張ダイナミックレンジのシーン空間画像を符号化することを目的としたERIMM RGBとの2つの対応するシーン空間カラーエンコードが存在する。

開発
ProPhoto RGBおよびその他の色空間の開発については、2011年のIS&T / SPIEカラーイメージング会議で、開発者の1人であるKodakのGeoff Wolfe博士(Canon Information Systems Research Australia上級研究マネージャー) 。

ProPhoto RGB(ROMM RGB)エンコーディング原色

CIE x CIE y
0.7347 0.2653
0.1596 0.8404
0.0366 0.0001
0.3457 0.3585

閲覧環境
輝度レベルは160〜640cd / m 2の範囲である。
サラウンドの表示は平均です。
0.5-1.0%の視聴フレアがあります。
適応白色点は、CIE標準光源D50(x = 0.3457、y = 0.3585)の色度値によって指定される。
画像のカラー値は、CIE 1931標準測色オブザーバに基づくフレアレス(またはフレア補正)測色値を用いて符号化されているものとする。

エンコード関数

どこで


そして

 は、エンコード関数で使用される最大整数値です(例:8ビット構成の場合は255)
そして

タグ: