フランス、アルプマリティム、ヴァロリスの陶器、陶器、粘土

Vallaurisは、プロヴァンス-アルプ-コートダジュール地域のアルプマリティム県にあるフランスのコミューンです。工業用の料理用陶器は、何世紀にもわたって、地球の働きとともに、街の主な活動でした。しかし、xx世紀の初めに、彼女はマッシエ家と共に芸術的な陶器と陶器になりました。国際的な隔年は、この都市をフランスの陶磁器の都市にし続けています。

ゴルフジュアンの集落の拡大は、観光業の発展、特に16世紀後半の鉄道の到着に関連しています。著名人は丘の中腹に別荘を建てています。第二次世界大戦後、ヴァロリスは、街の評判に魅了された有名な芸術家がパブロ・ピカソを含むそこに定住するようになった非常に繁栄した時期を経験しました。彼は1950年に羊を連れて男の街に寄付し、1955年には、国立博物館となった城の部屋に設置されたフレスコ画の戦争と平和を寄付しました。

セラミックの衰退は近年加速しており、ワークショップは1960年代の約250から今日では数ユニットになりました。陶磁器を専門とする店はペースを維持しており、姿を消したか、都市の商業部門の消滅を示す活動(銀行、不動産業者)に取って代わられました。

ヴァロリス陶器
伝説によると、ヴァロリスでは陶磁器の起源は時代の幕開けにまでさかのぼります。古代からの痕跡を残しておくと、16世紀初頭、イタリアの家族がこの街を再人口化したときに、17世紀に街の主要な活動になるまで、重要な陶磁器の活動が生まれました。

陶器はその後、小さな家族の工芸品のモードで動作します。大規模な工場が発展し、実際の産業および商業組織が出現するのは、19世紀の終わりと20世紀の初めになってからでした。このように、「再会したメーカー」や「ゴーネット・フレール・カンパニー」などの企業は、売上の分散や価格の格差と戦うために、1875年と1890年に登場しました。非常に早い段階で、「テライユ」として知られる伝統的な陶器がラバの背中に輸出されました。そこでは松の実が最も一般的な生産です。

19世紀の終わりは、ゴルフジュアンから陸と海で輸出される料理用セラミックの開発に対応しています。ヴァロリスは、無色のニスで簡単にコーティングされた調理器具(丸い鍋、尾付き、低い、丸い鍋など)を専門としています。

18世紀半ば頃、茶色、オレンジ、または白のスリップが部分的に部分を覆っています。同時に、さまざまな色合いの化粧掛けの噴出で構成された、いわゆる「斑点」の装飾が表示されます。

1920年頃、ソシエテジェネラルは3種類の仕上げを提供しました。「普通の」陶器(生の土の外側、内側のエナメルを塗った赤または薄黄色)、「ニスを塗った」陶器(外側のエナメルを塗った黄金色、内側のエナメルを塗った赤または黄色。透明)、「大理石の陶器(大理石のレモンイエローのエナメル仕上げの外装と、赤または薄黄色のエナメル加工の内装)。伝統的に、これらの陶器は、足と親指から得られた先祖の測定値に対応する数をパンチに持っています。

アルキフー(鉛ニス)に関連する中毒のリスクを減らすために、工業会社は1920年代に、釉薬に鉛を含まない衛生陶器(外側が緑、内側が白)を作成しました。同様に1930年代と1950年代に、バプティスティンゲオルギスは鉛フリーのエナメル陶器を作りました。

料理業界
ヴァロリスの耐火粘土は、料理用セラミックを作るのに否定できない性質を持っていますが、今日まで、ヴァロリス地域では、現代以前に陶器の活動の痕跡は見つかりませんでした。ヴァロリスの特徴的な粘土で作られた古代または中世の陶器は知りません。

陶芸家を含むジェノヴァ近郊の70家族が、ペストで荒廃した村に再び住むようになるのは、16世紀になってからです。その後、コミュニケーション手段の平凡さにもかかわらず、地元の生産が発展しました。ラバの後ろにある「テライユ」をゴルフジュアンの海岸まで下り、そこでタルタン(平底のボート)に乗り出す必要があります。

xix世紀の終わりに、鉄道の到着は生産の大規模な拡大を可能にします。小さなワークショップは実際の工場に変わり、企業が現れ、競争と戦うためにいくつかのメーカーを総称でグループ化します。これらのメンバーは、小さな産業の始まりを示します。

危機と更新
xx世紀の初めに、他のフランスの陶器センターと同様に、料理用の陶器は衰退し始め、金属製の容器との競争が始まります。1930年代後半の経済危機と、より適切な材料(アルミニウム、鋳鉄、ステンレス鋼など)の登場により、陶器は実用的な機能から離れ、1940年代の終わりにかけて、まったく異なる開発が始まりました。セラミックです。芸術的。

この芸術運動は、16世紀の終わりからマッシエ家と共に存在します。Clément、Delphin、Jérômeは、セラミックに着色エナメルとメタリック顔料を導入しました。

1930年、ジャンゲルビーノ(1876-1966)はワークショップを開き、色付きの土の独自のモザイクプロセスを使用して多数の陶器を作成しました。しかし、ピカソが到着し、マドゥーラの工房で彼の驚くべき陶磁器の生産が行われたのは1947年で、伝統的な陶器の中心としてのヴァロリスのイメージは、アーティストが集まった都市のイメージに決定的に取って代わられました。と職人。

ヴァロリスのピカソ
1948年、ピカソはヴァロリスに移り、1955年まで滞在しました。この間、ピカソは、この時代の主要な作品の1つである戦争と平和を含む、多くの彫刻や絵画を制作しました。彼はまた、この分野の創造的な言葉を刷新し、深く破壊する、激しい陶磁器の生産に着手しました。

1946年、ヴァロリスの陶芸家の年次展示会を訪れたときに、陶磁器工場の所有者であるスザンヌとジョルジュラミエとの出会い、マドゥーラの工房で、ピカソはすべてに興味を持って、彼の最初の陶磁器のテストを実現しました。それから彼はこの活動に専念することを決心し、地球の可塑性とベーキングの魔法のおかげで新しい創造的な視点を提供し、エナメルのまばゆいばかりの色とニスの輝きを明らかにします。

ヴァロリスで陶芸を実践していたシマがピカソを連れて行ったのはこの時(1946年)でした。ピカソは後にマドゥーラ陶器でラミエと協力し、シマがピカソの一連の印象的な肖像画を制作しました。フランソワーズ・ジローとミシェル・シマは、「クリスチャン・トラン、ピカソ、シマ、友情のモデラー、制作アルティス、リヨンTV、2009年、58分」の映画でこの時期について証言しています。

「その年、すべてにもかかわらず、私たちが初めてラミエを見た場所でもあります。マドゥーラ陶器のラミエ。シマもそうです。それでも、ピカソが陶器を作ることができると予想していたので、シマは並外れた直感を持っていました。それは非常に並外れていて、あなたが見る星には書かれていませんでした。F.ジロー

「数日間私が姿を消したので、ピカソが私を見ることができなかったので驚いたが、私は少しヴァロリスに戻った(…)そこでたくさん働いた。ヴァロリスに行って彼に陶器を見せた”。シマさん

陶磁器は、重要なヒスパノ-ムーアの陶器の中心地であるマラガ出身のピカソの作品に常に付随してきました。しかし、彼の研究は、ヴァロリスに設置されるまで秘密のままでした。

その慣行は非正統的です。ピカソ(彫刻家)は、粘土で牧神やニンフを形作り、ブロンズのように地球を沈め、お気に入りのテーマ(闘牛場、女性、フクロウ、ヤギなど)で皿や皿を精力的に飾り、最も予期しないメディア(ピグネイトの断片、カゼット、オーブンの素材、または壊れたレンガ)は、浮き彫りの要素で装飾された素焼きのセラミックである白いペーストを発明します。陶芸はピカソにとって決してマイナーな芸術ではありません。

マドゥーラのワークショップでは、スザンヌ・ラミエが制作し、ワークショップが制作した作品を使用しています。マドゥーラの工房の形は、ピカソが塗装した装飾で仕上げ、彫刻家と画家の表現力を陶芸家のスキルに加えて、まだ新鮮な形に修正されている可能性があります。彼はまた、準備図面から作られた形を飾ります。

1946年から1971年まで、ピカソは4,000のオリジナル作品を制作しました。彼の希望に応じて、特定の陶器が出版されます(したがって、633のモデルが25から500部の範囲のプリントで出版されました)。彼はスザンヌとジョルジュ・ラミエと一緒にエディションのモデルを選び、各プリントの量を彼らと一緒に決定し、技術的な実現を監督します。マドゥーラは、エディションの制作と配布の独占権を持ちます。

彼はアンドレ・マルローに門戸を開いたときに、これらの編集された陶器を毎日使用できるようにしたかったのです。
「お皿を作ったので、食べられます。」

別のテクニック、リノカットも彼の注目を集めました。リノカットは、プリンターのイダルゴアルネラ(1922-2007)で、1963年からはアルドとピエロクロムリンクで練習しました。最初の作品は、雄牛のレースのポスターや市内の陶芸展のために制作されました。彼はすぐにそれを色に重点を置いた本格的な表現手段に変えました。

ピカソの並外れた評判は、ヴァロリスの小さな街の周りに魅力の効果を生み出します。多くのデザイナーが街やその周辺に定住し、陶芸について学びます。この熱意とピカソの中心的な役割は、1950年代にヴァロリスの黄金時代として提示されたヴァロリスセラミックの復活を説明しています。

新しい黄金時代
1950年代の初めに、美術学校の建築家や芸術家がヴァロリスに集まりました。スザンヌ・ラミエ、アンドレ・ボー、ロジェ・キャプロン、アリス・コロニュー、ロバート・ピコー、ジャン・ダーバル、アンリ・グレイレ、ロバート・ペロー、ジュリエット・マザウドワの登場は、地元の陶磁器の復活を示しています。マドゥーラの工房、アンドレ・ボーとカリスの工房(カプロンとピコー)が主催した1946年のヴァロリス陶芸家の最初の展覧会は、スタイルの多様性を特徴とする新しい時代の出発点です。

アーティストの新しい波は自由に創造し、すべての適合主義に反対し、表現主義の形態と地中海の感性が混合されているモダニズムの主要な原則を適用します。動物の主題への関心と幾何学的な装飾への関心という2つの一般的な傾向が現れています。しかし、「輸入された」芸術家と伝統的な陶芸家の間の同棲は常に対立し、2つの非常に異なる氏族が形成されます。

ヴァロリスでのピカソの存在は動きを増幅し、陶芸に挑戦するためにやってきた他の芸術家、画家、彫刻家を魅了します。ピカソは、彼の創造力を通じて、真の陶芸家の出現を刺激します。ヴァロリスには革新的な精神が吹き込まれています。最初の全国陶磁器コンクールは、生産の品質を主張し維持することを目的として、1966年に創設されました。火の芸術の歴史に捧げられた展示会は倍増し、最初の隔年は1968年に開催されます。

市内のさまざまな陶芸家はすべて優秀な技術者であり、熱心な研究者です。その中には、アンドレ・ボー、ロジェ・キャプロン、マルセル・ジロー、ロバート・ピコー、ルネ・モーレル、アンリ・グレイレ、オゼール、ジュリエット・ローラン・マザウドワ、マックス・ボワソー、レ・アルチェンジ(ジルベール・ヴァレンタン)、ラ・ポテリ・デュ・グラン・シェーヌ(オデット・グルジュ)の名前があります。ルビーナ・ナウモビッチ)、ジャック・イノチェンティ、ジュリエット・デレル、レ・アルゴナウテス(イザベル・フェレーとフレデリック・ブルゲ)、ウジェーヌ・フィドラー、アレクサンドル・コスタンダ、ジルベール・ポルタニエ、フランソワ・ラティ、ジャン・デルヴァル、グリーンカーペットワークショップ、ガブリエル-セバスチャン

少しずつ、彼らの個性はピカソの影響から切り離されています。1972年頃、ヴァラウリアンの陶器が活況を呈していました。ピカソ(1973年に亡くなった)が亡くなった後も、ヴァロリスは芸術的な陶器とユニークな作品の中心であり続けています。Boncompain、Roger Capron、Roger Collet、Jean Derval、Robert Picault、Gilbert Portanier、Francine Del Pierre、Jaque Sagan、Marius Musarra、Olivier Roy、Gilbert Valentin、Albert、PyotThiryなどの有名人が市内でワークショップを開催しています。

しかし、観光客向けの製品や装飾品の堕落は、しばしばこの創造的な静脈を覆い隠します。

「ヴァロリス」と共同で署名した無数の工場の中には、1960年代と1970年代のドイツの工業用陶磁器の「脂肪溶岩」を思い起こさせる「海の泡」タイプのカバーが特徴の興味深い作品があります。残念ながら、出版物のマスクでヴァロリスのビッグネームに独占的に注目したこれらの貢献は、1960年代に、マウニエの指揮の下、匿名のままであったか、ジェロームマッシエのような一般的なスタンプを使用していました。芸術的人物によって主張されていない集団は、それにもかかわらず、現代性とすべての人が利用できる人気の実験精神の貢献によって、世界の陶磁器の中心地としてのヴァロリスの評判への貢献が認められるに値します。

影響
粘土質の土壌が豊富な下層土に関連する長い陶器の伝統を受け継いでいるヴァロリスは、料理用セラミックのおかげで長年にわたって際立っていました。芸術的な陶器がこの伝統的な作品と並んで登場したのは19世紀の終わりになってからでした。これは特にマッシエ家によって紹介されました… 1948年、ピカソが陶芸家の街に到着し、彼の驚くべき作品がこの活動の復活に大きく貢献しました。彼はまた、「火の芸術」についても学ぶようになった多くの芸術家のヴァロリスでのインスタレーションを奨励しました。ヴァロリスの陶磁器が「黄金時代」を経験したのは1950年代で、ロジェ・コレット、ギルバート・ポルタニエ、ロジェ・キャプロン、ジャン・ダーバルなどの偉大な名前の出現を目の当たりにしました…今日、

1950年代は、急速に拡大する芸術的生産を支持して、伝統的な生産が衰退するという決定的なブレークポイントをマークしました。パブロ・ピカソが到着する前から、ヴァロリスは他の地平からの新しい陶芸家候補を歓迎していたことを私たちは知っています。彼ら自身の証言によると、彼らは自分たちの生き方を認めなかった陶芸家から離れて暮らしていました。その後、これらのアーティストは、パリの応用美術学校の3人全員、ロジェキャプロン、ジャンダーバル、ロバートピコーと呼ばれました。

ピカソの存在は、この動きをかなり増幅します。画家の人気は好奇心旺盛なアマチュアの群衆を魅了し、ヴァロリスは完全に発泡し、世界中の聴衆から恩恵を受け、ギルバート・ポルタニエやロジャー・コレットを含む他の芸術家を魅了しています。

みんなの作品としてのヴァラウリアンスタイルは、非常に際立った個性と個人的な研究の成果の結果です。絵の側面に焦点を当てている人もいれば、色の魔法に取り組んでいる人もいれば、ボリュームに焦点を当てている人もいます。街の中心部に飛び込むことで、アーティストが才能を持って土壌を扱うこれらの小さなワークショップを発見します。

美術館
16世紀に再建された、かつてレラン修道院の修道院だったシャトードゥヴァロリスは、この地域で珍しいルネサンス様式の建物の1つです。ロマネスク様式の礼拝堂にあるピカソ美術館「戦争と平和」、マグネリ美術館、陶磁器博物館があります。

マグネリ美術館
ヴァロリス城には、フィレンツェの画家アルベルトマニェッリと陶磁器をテーマにしたコレクションがあります。アルベルト・マニェッリ(1888-1971)ピカソの現代美術、アルベルト・マニェッリ(1888-1971)はイタリアの画家であり、抽象芸術のパイオニアです。第二次世界大戦中、彼は1940年から1970年まで住んでいたグラースに避難しました。

博物館には、昨日と今日のヴァラウリアン陶磁器のさまざまな側面があります。1968年の陶磁器ビエンナーレで授与された作品や、かつてはテライユと呼ばれていた、豚とフライパンで構成された料理陶磁器の伝統のオブジェが、僧侶の古いキッチンに展示されています。レランの。

ピカソ美術館「戦争と平和」
国立ピカソ戦争と平和博物館は、修道院の古いロマネスク様式の礼拝堂(12世紀)にあります。訪問者は、1952年に制作されたピカソの戦争と平和に関する作品を鑑賞することができます。

粘土の詩
ヴァロリスと日本の交流は、70年近くの長い歴史の一部です。1951年から、ヴァロリスは、毎年恒例の市内の陶芸家の展示会と並行して、ネロリウムホールで日本からの現代陶磁器の展示会を主催しました。このイベントは、当時最初に発表されたセルヌスキ美術館の館長であったルネ・グルッセの主導で開催されました。戦後、西洋の国で現代日本の陶芸家によって展示された最初の展覧会です。19世紀後半に非常に重要だった日本の芸術の影響を受けた後、1945年から次の世紀の初めに衰退し、新しい日本のムーブメントが出現しました。

1970年から、数々の賞を受賞した国際アートセラミックビエンナーレに日本人アーティストが参加することで、現代の美学に関連する新しい技術や素材を発見することができました。選ばれた日本の陶芸家の中には、鈴木修や林靖夫などの日本の陶磁器の復活の著名なプレーヤーがいます。このように、国際美術ビエンナーレは、フランスでの陶磁器の分野における日本の前衛の振興において圧倒的な役割を果たしてきました。

これらの文化交流は、1990年の初開催の展示会や、2007年の日本アウレア、マンガ、アジア文化フェスティバルの創設など、グランドジーンスペースで開催された展示会の形をとっています。

陶磁器博物館であるマニェッリ美術館の膨大なコレクションから選ばれた作品は、その多様性と豊かさの中で50年にわたる日本の創造を捉えています。それらは、形式のモダニズムと、技術的アプローチおよび素材への愛着における伝統の尊重との間の微妙なバランスを明らかにしています。この選択は、粘土がサポート以上に、素晴らしい詩的な感性を表現するプラスチック言語である日本の陶磁器の特定のアプローチを強調しています。

プロジェクト

陶芸工房訪問
ヴァロリスの陶芸家は、あなたが彼らのノウハウを発見するのを助けるために彼らのワークショップにあなたを歓迎します。彼らはあなたの目の前で撮影と装飾のデモンストレーションを行い、あなたにさまざまな製造技術を説明します。毎日訪れる別のワークショップ。

ポッターイヤーステクニックの発見コース
ツーリストオフィスは、市立美術学校と協力して、このノウハウに影響を与えるさまざまな分野の発見と改善のコースを数サイクル開催し、世界中でヴァロリスの評判を否定していません。これらのコースは子供と大人を対象としており、彼らの休日を充実させる素晴らしい方法です。楽、撮影、彫刻、モデリング、装飾、造形芸術…芸術的才能と教育スキルの両方で評判が確立されている教師と一緒に発見または改善するための非常に多くのテクニック。

タグ: