東洋美術館(MAO)は、イタリアのアジア美術の最も重要なコレクションの1つを含む美術館です。コレクション作品は、アジア大陸全体の文化的および芸術的伝統を表しています。

概観
東洋美術館、MAOは、マッツォニスパラッツォの歴史ある18世紀の座席にあります。博物館の遺産には、一部は過去数年間に収集された、さまざまな市の機関が収集した6つ以上のコレクションからの約1500点の作品が含まれています。博物館の展示レイアウトは、南アジア、中国、日本、ヒマラヤ地域、イスラム諸国の4つの文化的領域に分かれています。このレイアウトは自然に建物の物理的な構造に対応しています。建物の物理的な構造は、さまざまなセクションを収容するために使用される同じ数の相互にリンクされた構造的に異なる展示スペースに分割されています。

博物館は2008年12月5日にオープンしました。マダマ宮殿にあるトリノ市立古代美術館のアジアコレクションと、トリノ市庁舎、ピエモンテ州、フォンダツィオーネジョヴァンニアニェッリ、コンパニアディサンパオロからの寄稿が統合されました。建築家のアンドレアブルーノは、新しく形成された博物館を収容するためにマゾニス宮殿の修復を監督しました。

現在、トリノにある新しいオリエンタル美術館に収蔵されている展示品のほとんどは、市内のCi6thc美術館にすでにある作品です。ただし、その他のものはピエモンテ州、アニェッリ財団、コンパニアディサンパオロによって博物館に寄贈されました。

典型的な日本の禅庭園を見ることができるエントランスホールなど、さまざまなテーマエリアをホストするように設計された博物館の展示スペース。この時点から、各エリアは、空間の異なる特徴と展示されている作品を楽しんでいます。1階では、ほとんどが非常に古くからある南アジアや、東南アジアの遺物を鑑賞できます。1階には、紀元前3,000年にさかのぼる青銅器やテラコッタの作品など中国製の工芸品があり、適切な部屋で日本美術の工芸品を数多く鑑賞することができます。しかし、それだけではありません。実際、トリノオリエンタル美術館の3階には、ヒマラヤ地域からのオブジェのコレクションもあり、最上階は完全にイスラム美術に捧げられています。

歴史
2008年12月5日に発足したMAO-トリノの東洋美術館は、ピエモンテの首都の豊かな文化的背景に適合する最新の美術館の1つです。2000年代初頭、地元の機関は、以前は古代市民美術館に保存されていた東洋のコレクションをどのように整理するか、ピエモンテ州、コンパニアディサンパオロ、アニェッリ財団の協力を得て、どうすればよいかと考えていました。かなりの数の発見がありました。トリノの自治体も具体的なサポートを保証し、名門のパラッツォマゾニスを博物館の複合施設で利用できるようにしました。博物館は2013年まで、オリエンタルアートの熱狂的な愛好家である量子力学の大学教授であるFranco Riccaによって監督されました。

バロック時代のサボイの貴族の邸宅としての起源から、19世紀後半にテキスタイル企業の事務所になるまで、最後のターンで「アンニディピオンボ」(または主導年)のテロを目撃したことから世紀から2008年に東への窓になるまで、MAOを収容する建物は、その都市と周辺地域が経験した大きな変化の縮図として見ることができます。

建物の歴史をさかのぼることは、控えめであると同時に象徴的でもあり、博物館を都市の質感と生活にしっかりと根付かせることを意味します。

建物
パラッツォマゾニスは、トリノ中心部のサンドメニコ通りにある17世紀の大邸宅です。2008年以来、MAOの本拠地-東洋美術館があります。建物は3世紀ほど前から、ピエモンテの貴族の主要な家族の1つであるソラロデッラキウザス(ソラロディモレッタスの子孫)とソラロデッラマルガリタスの2つの支部が入ったトリノ邸宅でした。もともと、ソラーロ家は、ヨーロッパの貿易と利息の活動からの収入を投資して領主権を取得していたアスティの貴族階級に属していました。その後、それらはサボイ州の行政および名誉システムに統合されました。

建物は1587年以来知られ、その物語は所有者の歴史と密接に関連しており、建物のメインフロアにある大ホールの漆喰の装飾を通して部分的に再訪できます。カルロウベルティーノ1世は、16世紀の鎧と衣装で描かれています。彼はローマ、フランス、スペイン、ポルトガル、イギリス、スコットランドへのカルロエマヌエーレ1世公使でした。

彼の息子、エマヌエーレフィリベルトソラーロは、デュークカルロエマヌエーレ1世の信頼できる教科であり、ヴェルチェッリ知事、フランスとマントヴァの裁判所の大使、および大チェンバレンに任命されました。エマヌエーレフィリベルトソラーロは、17世紀初頭の衣装に描かれており、サヴォイ公爵から与えられた最高の栄誉であるコラールデアヌンツィアータ(受胎告知の首輪)を着ています。カルロスウベルティーノ2世侯爵夫人は、17代後半のドレスとCollare dell’Annunziata(受胎告知の首輪)を着ています。亡くなったヴィットリオアメデオ1世の兄弟が内戦中にフランスのマリークリスティーン公爵夫人に反対し、彼は後者を支持し、彼女の外交官を務めました。彼はまた、下院のグランドマスターであり、秘密の国会議員でした。

1723年、マルキスフランチェスコアメディオルドビコは、建物を近代化し、彼の地位に合った邸宅を作ることを決定しました。彼の息子、ジュゼッペルドビコマウリツィオは、おそらく大ホールでまだ目に見える装飾プロジェクトに関連付けられていた可能性があり、おそらく彼を描いたメダルを依頼しました。17世紀の改修工事の後、建物は現在でも見られる貴族の邸宅となりました。

1830年、ソラーロデッラキウーザ一家が宮殿を売却し、政治保守主義で有名なカルロアルベルト外務大臣兼国務大臣であるクレメンテソラーロデッラマルガリータを数えました。1870年にクレメンテの息子が建物をテキスタイル産業のカヴァリエレパオロマゾニスに売却しました。建物の1階は、会社のオフィスとしてすぐに再開発され、その後1世紀も変化しませんでした。建物は現在もパラッツォマゾニスとして知られています。

1910年に、教育省の要請により、地方自治体の案内係が注目すべき芸術と歴史の記念碑の建物をリストする通知を出しました。通知には、若いジャンジャックルソーによる建物の訪問が記載されていました。このカラフルなメモは、彼が彼の告白で書いたように、新しく改宗したルソーが仕えていたソラーロディゴヴォーネ家の建物の帰属によるものでした。しかし、いくつかの要素が原因で、ソラーロディゴボーネ家、つまりルソーはサンドメニコパラッツォに住んでいなかったという信念が生まれています。建物への最新の介入は、主階段に沿って行われ、Ottavio Mazzonisから依頼されました。オッタビオマゾニスは、とりわけアーティストニコラスアルドゥイーノの弟子であり、1955年には芸術と産業の寓意と家族の紋章で金庫室をフレスコ画で描きました。

マゾニス社は60年代に閉鎖され、建物は未使用のまま残されました。1980年、その間に別の場所に移動していたオッタビオマゾニスは、建物をトリノ市に売却する交渉を完了しました。1980年から1985年までの5年間の改修期間の後、建物は再開発されて裁判所になりました。建物は大勢の人々のための設備と十分なスペースを備えており、大規模なテロと「武力闘争」の裁判の会場となりました。

建物の最後の大きな改築も2004年から2008年の間に行われました。2008年12月に再びオープンし、MAOオリエンタル美術館のコレクションが、バロックの漆喰の装飾と最近の歴史に染まった壁に囲まれて初めて展示されました。

博物館
MAOは、アジア社会の歴史的および芸術的作品から重要な作品を聴衆に収集、保存、および提示することを目的とし、同時にアジア諸国の文化および芸術に関心のある学者のためにその作品を詳細に研究することを目的とする文化機関です。MAOはまた、展示する作品と、作品の起源となる文化的概念や環境について一般的にあまり知られていない訪問者との間の架け橋になることも目指しています。博物館は、訪問者に新しい形の思考と表現のインスピレーションと人間の知識のすべての表現の大きな価値の徹底的な認識を提供することを目指しています。

MAOは、トリノやイタリア全土のアジアのコミュニティに、彼らの先住民の文化に対するより大きな認識を提供することにより、リファレンスのポイントになることを目指しています。したがって、MAOは異なる世界と文化の間の架け橋としての役割を果たすことを目指しています。

取り付け
この美術館は、イタリアのユネスコの専門家である、芸術的および文化的遺産の修復と保全を目的とした建築家のAndrea Brunoによるプロジェクトに続き、美術館のディレクターであるFranco Ricca教授の助言を得て、2008年5月から12月の間に設置されました。

スペースは、既存のコレクション作品のグループを中心に設計されました。これは、コレクションを5つの異なるギャラリーに明確に表現することを必要としました。

一部のエリアの以前の用途は、訪問者に博物館のより良い体験を提供するために再設計されました。したがって、たとえば、コレクションへのアクセスは記念碑的な階段を経由せず、屋根付きの入り口の中庭はビジターの受付エリアになっています。中庭は、2つの日本風の庭園を含むガラス張りの建物に囲まれています。現在は西と東の間の移行の場所として機能しています。屋根の下のスペースは、建物の構造要素を隠す人工的なスペースで、簡単にアクセスできる魅力的なオープンエキシビションエリアになっています。

Related Post

博物館の設置には、それまで適切に装備および監視された保管施設にあった移動作業が含まれました。現在展示されているすべての展示物は、壊れやすいガラスやセラミックのアイテムから、石で作られたより大きなものまで、移動に含まれていました。専門のオペレーターが、博物館のスタッフの支援を得て、すべての輸送および取り扱い作業を行いました。その後、作品は美術館スタッフの管理下で開梱され、目的に合わせて設計された展示ケースに入れられました。キャビネットと展示ケースは、開催する特定の展示に合わせてカスタマイズされ、さまざまな機能と素材で作られました。

審美的に適切なグラフィックレイアウトは展示エリア全体に合わせて設計されており、訪問者に訪問に役立つ情報を提供し、コレクションの体験を向上させます。

展示ケースの照明から構造物の設置、ギャラリーのグラフィック要素からアーチファクトの取り扱いまで、博物館の設置には、多数の専門家と専門家が並んで作業し、それらを組み合わせて調整する必要がありました。共通の目標を考慮したタイムラインと活動。

大規模な再設置プロジェクトにより、2015年の春に主要な一時的な展示のための広いエリアが作成されました。

コレクション
MAOは、遠い世界の知識のために新しいツールを使用する必要性の成果であり、古代市民美術館に以前保存されていた東洋のコレクションを歓迎しますが、ピエモンテ州のコレクションからの発見の貢献にも負っています。 Compagnia di San PaoloとAgnelli Foundation。博物館の目的は、東洋の芸術作品の象徴的な作品を保存および公開し、特定のイニシアチブの助けを借りて、アジア文化の学者への特権的なアクセスになることです。建築家のアンドレアブルーノによって設計されたインテリアレイアウトは、5つのセクションに配置された、非常に重要な1,500作品のローテーション展示を提供します。デザインの選択を示唆する基準は、楽しい博物館の旅程を作成することを可能にしました、古代の建物の典型的なレイアウトにもかかわらず、常に好ましいとは限りません。大きなガラス空間が造られたエントランスホールは、砂や苔で日本の禅庭園があった19世紀の石畳を保存しています。これは、チーク、鋼、ガラス、および原産地を連想させる美術館のグラフィックを多用し、さまざまな色彩と文体の選択によって特徴付けられる5つのエリアを訪れる出発点です。

ギャラリー
MAOは、多くのアジア諸国の芸術作品を可能な限り幅広く表現することを目指しています。博物館には、アジア大陸の主な文化的および芸術的伝統が収められています。博物館の所蔵品には、いくつかのアジア諸国からの約2200点の作品が含まれています。常設展示エリアは、対応する文化的エリアに特化した5つのギャラリーに分かれています。南アジアおよび東南アジアのインド亜大陸およびインドシナの作品が展示されています。中国、何世紀も前のプロテアフォルムの芸術文明の発祥地。インドと中国の文化の間の豊かな相互作用を持つヒマラヤ地域。日本は、アジアとヨーロッパの文化の出会いから生まれた独自の芸術的発展のある国です。

1階には日本画廊の最初の部分があり、大きな壁画や漆塗りと金色の一連の木製彫刻を鑑賞できます。2階のギャラリーには、武器や鎧、絵画、布地、貴重な版画が展示されています。

3階にはヒマラヤギャラリーがあり、チベットのタンカとブロンズの彫刻の貴重で珍しい標本が収められています。注目に値するのは、貴重な木製のカバーが付いた原稿の展示専用の部分です。

4階は、イスラム美術に特化した完全に緑の部屋で旅程を締めくくります。歴史的な建物のトラス天井が特徴の環境は、オスマン帝国のベルベット、陶器、青銅、珍しいペルシャ語の写本、コーランの書道のコピーを収めた展示家具が並ぶ大きな廊下のように見えます。

展示ルート

南アジアおよび東南アジアギャラリー
南アジアのギャラリーには、ガンダーラ、インド、インドシナという3つの主要な文化的地理的領域からのコレクションが収められています。
ガンダーラは、アフガニスタンとパキスタン北西部の間の地域の地理的な用語です。同じ用語は、紀元前2世紀から紀元前5世紀までの地域で栄えた仏教に触発された芸術作品を意味します。ガンダーラセクションには、50年代にIsMEOのピエモンテセクションの発掘によって発見された偉大なブトカラストゥーパのフリーズに加えて、最近購入した一連の片岩、漆喰、テラコッタの彫像が展示されています。
インドのセクションには、カシミール、インド、東パキスタンのヒンドゥー教と仏教に触発されたアートワークが表示されます。綿の石細工、ブロンズ、陶器、絵画は、紀元前2世紀から19世紀までの期間に及びます。インドの美術室には、紀元前2世紀から紀元前14世紀までのレリーフや彫刻があり、春画、クシャナ、グプタ、中世のインド美術の例が含まれています。
東南アジアインドの強い影響を反映しているにもかかわらず、タイ、ミャンマー、ベトナム、カンボジアなどの地域からのアートワークは、これらの国の文化的歴史によって決定される図像の慣習や文体を表現しています。東南アジアの部屋には、タイ、カンボジア、ビルマの芸術、クメール時代の重要な彫刻が収められています。

中国画廊
中国の千年の歴史と広大な領土の支配は、多種多様な芸術形態を生み出しました。しかし、その中央集権的な政治構造とその文化モデルの有機的な性質のおかげで、それは一般的に均質な方法で特徴付けることができます。

チャイニーズギャラリーには、紀元前3000年から約900年の古代中国の芸術品があり、新石器時代の陶器、青銅器、陶器、陶器、テラコッタなどが展示されています。漢と唐時代の200点を超える葬祭美術の例も展示されています。

日本画廊
日本の芸術作品は、洗練された伝統的な職人技と素材の本質的な品質に対するほぼ宗教的な敬意の融合から発展したものの独創性と、最高レベルの文化的表現から出された外部要素を歓迎する意欲を明らかにします。

12世紀から17世紀にかけての仏教風の彫像は、17世紀初頭の壮麗なスクリーン、絵画、ポリクロームの木版画、細工された漆器の豊富なコレクションとともに、日本専用の部屋にあります。

ヒマラヤギャラリー
ヒマラヤ地域の芸術(ラダック、チベット、ネパール、シッキム、ブータン)は仏教の共通のタントラバージョンを共有しており、そこから建築、彫像、絵画、本、儀式の道具に影響を与える世界観が現れます。ヒマラヤギャラリーでは、木と金属の彫刻、儀式用具、12世紀から18世紀までのテンペラの絵画、彫刻と塗装が施された一連の木製の神聖なテキストのカバーの注目すべきコレクションを展示しています。

イスラム画廊
博物館のイスラム教セクションには、中東、ペルシャ、トルコ、旧ソビエト連邦中央アジアの作品が展示されています。コレクションには、ブロンズ、陶器、原稿が含まれ、特に書道の美的価値に重点が置かれています。

ギャラリーには、9世紀から17世紀にかけての陶磁器の生産の進化を示す、陶器とガラスのタイルの豊富なコレクションが展示されています。

修復工事
建物の修復プロジェクトは、サンパウロコンパニアによって指名された建築家、ダルビアーノ、イゾラ、レイネリオのガイドラインに従って、トリノ市の文化庁の建物によって起草されました。2004年から2005年の間に内装が修復され、設備とシステムが設置され、2005年から2008年の間に構造の統合が完了しました。

修復プロジェクトのガイドラインは、建物の構造を統合し、既存の特徴を尊重して、視覚的な影響をできるだけ少なくすることでした。したがって、設備はそれほど重要ではないエリアに設置され、床暖房が使用され、配管とケーブル配線は既存のダクトに配置されました。すべての建築システムに大きな注意が払われました。まったく新しい照明システムが導入されたほか、緊急照明、火災検知、防火、侵入保護、緊急避難用のオーディオシステム、ビデオ監視、空調、配管、衛生設備が設置されました。

中庭には、日本風の2つの乾いた庭と湿った庭を備えた、真新しいガラス張りのパビリオンが作成されました。さらに、MAOコレクションを組み立てるには、一定の保守的な保守が必要であり、必要に応じて、作業を元の状態に復元する必要があります。したがって、作品の保存と展示目的の最適な保存条件を確保するために、重要な修復キャンペーンが開始されました。修復作業は2005年に始まりました。2008年の一般公開前の数か月の間に建物の内部で部分的に完成しました。

Share