国立劇場、ソウル、韓国

韓国国立劇場(国立劇場)は、韓国中区長城洞(チュング・グング)の近隣にある国立劇場です。 これは、アジアで最初に全国的に管理された劇場です。

韓国国立劇場は、1950年の創立以来、韓国戦争の悲惨さに耐え続けてきました。65年にわたり、芸術の舞台のリーダーとして、韓国の舞台芸術の象徴として堅実に立っています。 近代的な方法で伝統的な韓国の芸術を再現することを目指して、韓国国立劇場内の3大居住企業(国立国会堂韓国、国立舞踊団、韓国国立管弦楽団)が独創的な作品を創り出している。 2009年には、韓国の舞台芸術の未来を見直し、将来を展望するために舞台芸術博物館をオープンしました。

私たちは古典と創造的演劇を発展させ、外国の文化を創造的に受け入れ、国家芸術と文化の多様性の合法性とアイデンティティーを確保します
国を代表する高品質の芸術作品の制作と流通、国際交流・協力ネットワークの構築
学校や社会における芸術のユニークな価値と文化の多様性を認識できる多様な芸術教育の開発と運営
舞台芸術に関する資料の収集、保管、通知を通じて、舞台芸術の学術体系の確立、研究、普及
舞台芸術の専門家や芸術家の育成に関する事項
他の劇場の仕事を達成するために必要なもの

現音劇場
建設当時の名前はメインシアターでしたが、2000年に現名に変更されました。2004年に改装されたのは、大規模な改装と改装が1563席の後です。 また、オーケストラピット、回転ステージ、昇降ステージなどの設備もあり、チャペルのステージパフォーマンス会場としても利用されています。

大公劇場
建設当時の建物の名前は小さな劇場でしたが、2000年に海の劇場に改名されました。 改装後2005年に再建されました。 席数は427席で、代表的なレパートリーや国家芸術団体、特に昌国専用の劇場や劇場の恒例のパフォーマンスとして使用されています。 それは2014年に改装され、再開されました。 席数は512席に変更された。

スタロムシアター
現在の名前で2001年にオープンしました。 席数は100席で、撤去可能な座席は74席(指定席で運行)、30席は着席可能です。 ステージは可変であり、小規模の創造的または実験的なステージ芸術の会場として使用されます。

KBユース天国劇場
2002年にオープンしたオープンエアーシアター「スカイシアター」は、国民銀行の後援で732席のドーム型ホールとして2008年に改装されました。 屋根の一部は自動的に開閉して自然光が出ますので、天気に関係なく安定したパフォーマンスが可能です。

青少年舞台芸術フェスティバル:
毎年4月から5月まで開催される国立劇場の青少年舞台芸術祭は、若者のための祭典です。 「青春を抱かせる若者」をテーマに、伝統的なダンス・ミュージック、ミュージカル、マム、演劇、舞踊などを体験できるプログラムを通じて、若者の肯定的な感情を育むことに貢献します。 2008年、第1回祭が開かれたとき、スークク・アンとのフォークソンへの旅は、文化的に無視された地域の若者や多文化の家庭で行われました。 青少年舞台芸術フェスティバルは、社会と舞台芸術の将来のリーダーになる人々を鼓舞する目的で、国立劇場の署名イベントです。

国立劇場の世界祭:
2007年からは、毎年9月から10月にかけて行われる世界舞台芸術祭が開催されます。 このフェスティバルは、各国の文化の相互理解を促進し、韓国の観客は国内外の多くの優れた公演を楽しむことができます。 同時に国立劇場は韓国の舞台芸術の中心地としての地位をより強固にすることができます。 様々な国の国立劇場を代表するパフォーマンスが、ショーや展示会などの追加イベントと共にステージ上にあります。 あらゆる国の国立劇場、大使館、文化センターが活発な文化的、芸術的コミュニケーションのために集まっています。 国立劇場の世界祭は、国立劇場が主催する最大の祭りであり、韓国の最も大きな祭りのひとつとみなされています。

土曜日の文化プラザ:
1993年以来、土曜日の文化プラザは国立劇場で最も古いオープンエアーパフォーマンスです。 5月から9月まで、毎週土曜日の午後6時にオープンエア文化プラザでバレエ、現代音楽のコンサート、オーケストラコンサートなどの様々なコンサートやパフォーマンスが行われます。 今まで、土地文化プラザを訪れたのは35万人でした。 2002年から2007年にかけて、ルノー・サムスン・モーターズがスポンサーを務め、2008年にメコン賞を受賞したKB国民銀行が2008年に開始しました。この活動は、アートとビジネスのパートナーシップのモデルとしての役割を果たすことを目指しています。

真昼のコンサート:
The Midday Concertは、伝統的なクラシック音楽の可能性を示すために作られたもので、韓国の音楽の過去と現在を国民が容易に理解できるようになっています。 フォークソング、現代音楽、ドラマや映画のオリジナルサウンドトラックは、国立オーケストラによって再編成され、近代化されています。 コンサートの内容を豊かにするために、黄炳輝の芸術監督による各作品の解説。

シーズンズフェスティバル:
韓国国立劇場では、春、夏、秋、冬にかけて様々なイベントを開催しています。

タグ: