埼玉県立さきたま史跡の博物館、日本

埼玉県立さきたま史跡の博物館(Saitama Prefectural Museum of the Sakitama Ancient Burial Mounds)で、埼玉県立史跡の博物館です。建物は榊山古墳公園内にあります。

埼玉県さきたま史跡博物館は、埼玉県玉山市の埼玉県マウンドパークにある9つの大型墳丘で構成された埼玉墳丘群(国立史跡)を維持しています。 1969年にオープン(昭和44年)。

県名の発祥の地である埼玉県(埼玉県)に「埼玉(埼玉県)墓地群」があり、新幹線柿田神社に加えて、ここには石見耕見(石田小見) (尾鷲)跡、松平忍(松平忍)菩提寺(天地寺)などに天条寺があり、豊かな史跡に恵まれています。

埼玉県では、この古墳群を中心とした大規模な地域を確保し、環境を改善し、墓地をよりよく保存し、さらに利用するために、「多摩多摩富都木の丘」を建設しました。その建設の一環として、1947年に「Sakimta Material Museum」が設立されました。

2006年4月には、県立美術館施設の整備改善計画に基づき、史跡等の考古学資料の収集・保存・調査を行い、それを活用して教育・学術・文化の発展を図っています。私たちは再び「歴史的酒井歴史博物館」としてスタートしました。

この博物館は、もともと榊山古墳群を取り巻く考古学的保護区であるさきたま風土記丘の建設の一環として、1969年にさきたま博物館(さきたま資料館)として設立されました。埼玉県は、2006年に桜高古墳の博物館として改名し、考古学的データの調査、収集、保存、訪問者への文化的・歴史的価値の教育を目的とした。

1969年に開館して以来、埼玉県立鎌倉古墳群博物館(旧「さきたま博物館」)は、古墳で構成された全国的に指定された史跡である榊山古墳群の保存・維持に積極的に取り組んでいる。関連プロジェクト。敷地内の古墳を復元して保存するために、史跡の資料を収集・収集し、発掘時に発見された遺物の多くを収蔵しています。ここには、稲荷山古墳の敷地(埋葬墳)で発見され、国宝として指定された埋葬用具の一部と、古墳と呼ばれる特定の種類の埴輪と呼ばれる土器が紹介されています埋葬墳の頂上または近くの溝や堀に沿った列に配置された期間。これらの遺物は、日本の古代史を理解する上で極めて貴重な資料です。

埼玉県史跡博物館の使命について:県立史跡博物館は、埼玉県の墓地や菅谷館の遺跡を保存・維持・活用することで市民に快適な歴史空間を提供しています。

また、埼玉の考古学資料の収集・保管、調査研究の実施、展示物の展示、意識の啓発など、市民の学習意欲の多様化に対応し、豊かな県の意識創造に貢献する美術館です新しい文化の

埼玉史跡博物館は、将来的には史跡「さいたま墳丘群」や国宝「武蔵埼玉稲荷陵墓」をはじめとする貴重な文化財を確実に保存・管理・活用していきます。また、埼玉の歴史を色彩豊かにする様々な史跡や遺跡の収集・保管・調査や関連資料の提供を基本的な使命としています。

埼玉古墳群の調査を継続し、歴史的敷地整備を推進し、稲荷神社古墳から発掘された「金火星剣」などの発掘品を安全に釈放する予定です。

9つの古墳を中心に33万平方メートル以上の古墳を維持管理することで、安心して使えるようになり、快適な歴史的スポットとして提供することができます。

県内の史跡や遺跡、考古学資料など、埼玉県墳丘群を始めとする総合美術館として、関連資料の収集・保管・調査・研究を進め、自治体などと協力して企画展としての成果を展示する講義を公開する予定です。

私たちは、埼玉墓地群と博物館所有の資料を生涯学習や学校教育で広く活用する事業を積極的に展開していきます。

史跡の博物館として、史跡や遺跡の調査・保全・活用に関する市町村等の取り組みを支援しています。

埼玉県博物館施設の事業・サービスについては、2006年度から毎年毎年自己評価を実施しています。

博物館は埼玉県さきだ資料館として1969年にオープンしました。埼玉県立美術館の再編計画に基づき、2006年には埼玉県さきたま史跡博物館に改称されました。展示施設は、本館と将軍山高峰展示ホールで構成されています。

本館、国宝展示室、企画展示室には2つの展示室があります。国宝展示室には、金鍾一刀(国宝)などの敷地の跡や遺跡の出土物が展示されています。展示室では、定期的な展覧会が開催されます。

ショーガンマウンテンコフン展示ホールは1997年にオープンした展示ホールで、埋葬の状態が復元された石室の内部を見ることができます。

2013年に閉館した旧長岡総合博物館から寄贈された「笑い蜂羽」「おとず鏡」など、2016年2月20日から「旧永登浦綜合美術館からの寄付」展が開催されました。

ホテルが保管していた「金太郎鉄刀」などの発掘品は、1981年に「武蔵埼玉稲刈山古墳埋蔵品」として重要文化財に指定されていました。出土品の所有者は日本(文化庁)です。

稲や山古墳から金糸、鍛冶屋、頑丈なハンドボール、シルバーリング、剣、ハーネスなどの遺物が発掘されました。その中で、金のメッセンジャーアイアンの剣は古代史研究の第一歩の資料であり、合計115文字の刻印が剣の両面の金のインレイに書かれています。碑文には、「温泉年」の年齢と「先延ばしのマルチサポート大地」の名前があります。一般的には、「今年」は471歳になると言われていますが、「多面的なサポート」は「若手」であり、岡見皇帝の下にあると言われています。 )、しかしまた巨大な物語があります。埋葬墳および掘削品の詳細は、下関稲荷「刀剣・鉄刀碑」を参照してください。

毎年約10万人の来館者が来館し、国宝、稲荷山剣など埼玉県古墳群集とその遺物について学びます。博物館は1997年に開館した城山山古墳館と石金山古墳展示館の2つの建物で構成されています。

タグ: