国際陶磁器博物館、ファエンツァ、イタリア

Faenzaの国際陶磁器博物館(イタリア:Museo Internazionale delle Ceramiche Faenza MIC)は、世界で最も重要な陶器博物館の1つで、Faenzaにあります。 MIC財団は1908年に設立され、世界の陶器に捧げられた最大の博物館の一つです。 MICは約60,000のセラミック作品を保存しており、そのうち6.000個が約10.000平方メートルの広い展示エリアに展示されています。 コレクションは世界中からのアイテムを展示しています。多くの作品は東洋文化の陶器や先史時代の陶器のような古代時代に属し、興味深いプリコロンビアのコレクション、極東のセクション、印象的な現代的で現代的なものがありますピカソ、マティス、シャガール、レガー、フォンタナ、ブリ、アルマン、バージ、レオンシロ、レオニ、スパグローロ、ザウリ、メロッティ、セローネ、そして他の偉大な巨匠の作品を収録。 MIC財団は、セラミック文化の中心地であり、専門の図書館(60,000以上のテキスト)、学校部、修復部門を持っています。 レビュー「Faenza」はMICで編集され、世界のいくつかの美術館や機関に送られます。

それはすべて、1908年の国際ファエンツァ展に始まり、エリザベス・トリチェッリの誕生の3世紀に捧げられたものです。 Faenzaの最も有名な芸術家がいわゆるアプライド・アーツ(Applied Arts)になったことを知る有名なイベントのために、市内の近くには設備が整っていました。 それは成功であり、イベントのアニメーターであり、新興のセラミック博物館の創作者であるGaetano Ballardiniは、サン・マロリオの元修道院のホールにセラミック・コレクションを置くことによって果実を拾うことができました。 彼は民間のコレクターや公共団体に対して、寄付や組織の認知を得て感謝しました。博物館の創設委員会に所属していた人物の中には、チリ・パスキーがいました。

Gaetano Ballardiniはイタリアと外国のセラミック陶器の増加と多様化だけを彼の博物館には望んでいなかった。 当初から、彼は技術的および芸術的な訓練の学校との強い関係を築くことに懸念を抱き、職人と工業生産を実施するための重要な背景を保証しました。 彼はFaenzaの専門雑誌の立ち上げに、国内外の展覧会のプロモーターでした。 陶器の芸術を磨いていたその土地の息子は、この世俗的な召命を目の当たりにして、それを次世代に伝えたいと思っていました。

このように、博物館のアイデンティティーは、古代のセラミック技術の科学的回復とその後のセラミック製品の販売と販売において、セラミックススクール、今日は州立美術館、バラディーニ美術館で認められました。 その種のユニークな、Faentean博物館は、古代のコレクションに加えて、有名なヨーロッパの陶器工場と最も修飾された現代の陶芸家に捧げられたセクションに加えて、1926年に、国際レベルで今までより大きな威信を得ました。

第二次世界大戦中、博物館は大量の爆撃を受けた。 特に悲惨なのは、1944年5月13日の爆撃であり、構造物に深刻な被害をもたらした。 それでもBallardiniは、若い年齢にもかかわらず、1949年に最初の展示ホールを再開できるように、アート界と機関の意識を高め、資金を調達して仕事に行きました。その後、偉大な芸術家の陶器に対する愛、 Picasso、Leger、Matisse、Chagallのような重要な作品を博物館に寄付しました。

Related Post

戦後は、メレンギ、ベニニ、ウゴリニ、ルスコーニ、そして最近のコラ、ファンファニ、カンタガッリへの実質的な遺産を完全に補完する民間コレクションと大規模な寄付コレクションが寄付されました。 今日まで、博物館は40,000以上のセラミック工芸品のコーパスを誇っています。

MICの常設展示は、前世紀の終わりに建てられた新しい建物に収容された20世紀のものから、旧修道院の四角形の修復された空間に位置する古代の陶器専用の部分を分ける2つの旅程を通ります。 この選択によって、博物館は様々なスタイルのキャラクターと何世紀にもわたって現在に至る「陶器を作る」間の有益な関係を強調したいと考えました。

展示ホールには、中世から19世紀にかけて行われたイタリアの陶器工房のコレクションがあります。 古代近東; ヘレニズム時代の地中海地域。 コロンビア前とイスラム教。 大部分は現代と現代の陶器に捧げられています。

1963年以来、博物館は2年に一度、陶芸に関する国際的な競争を促進し、彼は世界各地からの作品で彼のコレクションを拡大することができました。

2011年以来、ユネスコが授与した「平和の文化に対するモニュメントの証人」の認知を誇っています。

Share
Tags: IItaly