荷物のロック

荷物のロックは、潜在的な泥棒の抑止力として役立つかもしれないが、荷物が偶然に開かないようにするために使用されるロックです。 彼らは荷物に組み込まれているかもしれません、または南京錠やロック可能なストラップなどの外部ロックかもしれません。 それらは、通常、比較的単純な低セキュリティロックです。

機能・役割
アメリカ合衆国領土で、旅客機に搭乗手続きする際、手荷物または預け入れ荷物は、通常は空港警備の一環として、電磁的スクリーニング検査(X線透視検査)を行うが、運輸保安庁係官が中身を直接目視検査する場合もありうるため、一切施錠しないことが求められている。

施錠された荷物については、運輸保安庁係官が錠機構を破壊することを認められており、破壊されたり内容物の盗難があったりしても損害補償は一切ない。

しかし、TSAロック機能が装備された荷物・錠前等は、持ち主が自分の鍵で施錠してあっても、運輸保安庁係官が専用の合鍵を用いて、随意荷物を抜き取り開錠し荷物を検査することが出来る。そのため、米国領土(グアム、サイパン等も含む)から出航する航空機への預け入れ時にも、施錠して渡すことが出来る。

TSAロック採用製品は、スーツケース・南京錠・スーツケースベルト・ワイヤーロックなどが存在する。抜き取り検査が行われたことを示すインジケータが付いている製品もある。

背景
2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件以降、アメリカ合衆国を出入国する者が、携帯する荷物への保安検査が大幅に強化された。米国領土(グアム、サイパン等を含む)に到着する国際旅客の預け入れ手荷物についても、引渡し前に電磁的な検査によって不審物のチェックを実施し、疑わしい物については開封して目視チェックをするようになった。また、米国領土から出航する航空機での預け入れの際は、電磁的な検査に不審な結果が無くても、ランダムに開封検査の対象となるようになった。

セキュリティ
荷物のロックは一般的に安全性の低いロックです。 シャックルは直径が小さく、ボルトカッターまたは同様の装置を使用してクリップするのが容易である。 ピンタンブラーロックデザインに基づいた荷物ロックは、通常は3〜4本のピンしか使用しないため、曲がったクリップなどの簡単なツールでもロックピッキングを起こしやすくなります。

Related Post

受け入れられたTSA
米国では、交通安全管理局(TSA)は、乗客がいなくても手荷物にアクセスする必要があります。 旅行者が荷物をロックすることができるように、彼らは開いて再ロックすることができる特定の錠を受け入れた。 TSAは、他の方法でロックされた荷物は検査のために強制的に開かなければならないため、TSAが受け入れた錠を使用することを推奨しています。

TSAによって受け入れられた荷物ロックは、公的に知られているユニバーサル「マスター」キーを使用して当局によって開封することができます。 このシステムを使用しているロックは、Travel Sentryで設定された基準を満たすために製造されています。 TSAとの契約に基づき、これらの錠の基準を設定し、各設計を承認するのはTravel Sentryです。 Travel Sentry識別マーク(赤い菱形)を持つすべてのロックは、TSAに受け入れられます。

TSAの受け入れられたロックの中には、マスターキーで開くと赤く表示されるインジケータがあるため、オーナーは自分のバッグにアクセスしたことを知ることができます。

問題
2016年現在、TSAロックには11種類のマスターキー(TSA001からTSA011)が存在する。ただし、TSA職員がこのマスタキー全てを所持しているとは限らないとされている。そのためTSAロック施錠済みであるにかかわらず、鞄もしくはロックを破壊して検査した事例も存在する。

原則として検査後は再施錠されるが、施錠されずに返却されるトラブルも報告されており、この状態のTSAロックではTSA職員に再ロックを依頼せねば鍵として機能しないため、注意が必要である。

2015年9月、インターネット上でマスターキー(TSA001からTSA007)の写真が流出し、これを元にマスターキーの3Dデータが作成・公開されたため、3Dプリンターで合鍵が誰でも作成可能となる事態となった。

これらの事例により、近年はTSAロックの使用は無意味、もしくは逆に危険とみなされるようになりつつある。そのため、主要な北アメリカの航空会社は、TSAロックを含む全ての施錠を「しない」よう推奨することが多くなっている。