Categories: 宗教旅行

ヤドリだけ

Lenyadriインドネシアのマハラシュトラ州のプネ地区にあるJunnarから約5km北に位置する約30のロックカットの仏教洞窟が、Ganesa Lenaと呼ばれることもあるLenyadri(Marathi:Русский、Leṇyādri) Junnar市を取り巻く他の洞窟には、Manmodi洞窟、Shivneri洞窟、Tulja洞窟があります。

洞窟7は、もともと仏教のヴィハラで、神のガネーシャに捧げられたヒンズー教の寺院として改装されました。 それはAshtavinayakの神社の一つであり、Western Maharashtraにある8つの有名なGaneshaの神社のセットです。 洞窟のうち26個にはそれぞれ番号が付けられています。 洞窟は南に面し、東から西へ連続して番号が付けられています。 洞窟6と14は仏教寺院(チャペル)で、残りはヴィハラ(修道士のための住居)です。 後者は住居と細胞の形をしています。 また、いくつかのロックカット水槽があります。 そのうち2つに碑文があります。 洞窟のレイアウトは、一般的にパターンと形状が似ています。 彼らは一般に、占有者の使用のために2つの長いベンチを備えた1つまたは2つの側面を有する。

洞窟は1〜3世紀のADの間にあります。 洞窟7にあるガネーシャ神社は、西暦1世紀までのものであるが、ヒンドゥー教の神社への改宗日は不明である。 すべての洞窟はヒナヤナ仏教から生じています。

名前
現在の名前「Lenyadri」は文字通り「山の洞窟」を意味します。 これはマラスの「レナ」から「山」または「石」を意味するサンスクリット語の「洞窟」と「アドリ」を意味しています。 「Lenyadri」という名前は、ヒンズー教の聖職者であるGanesha Puranaと、Ghatshaの伝説に関連してSthala Puranaに現れています。 JeernapurとLekhan parvat(Lekhan mountain)とも呼ばれます。

丘はSuleman Pahar(「Suleman hill」)またはGanesh Pahar(「Ganesha hill」)としても知られています。 古代の碑文はカピチータ(カピチッタ)と呼ばれています。 洞窟はGanesh LenaまたはGanesh Cavesとも呼ばれます。

地理
Lenyadriは19°14’34 “N 73°53’8” E、プネ地区のインドのマハラシュトラ州にあります。 Lenyadriは荒廃した場所で、近くに人間の集落はありません。 Junnar talukaの本部であるJunnarから約3マイル(4.8km)に位置しています。 GolegaonとJunnarの間を流れるKukadi川の北西岸に位置しています。 もともとは、AparantakaまたはKonkan北部とデカン間の貿易ルートにあったNanaghatを通り、Junnar町の平野に下り、キリストが生まれる約100年前に近づいています。 Lenyadriの洞窟が飾られている円形の丘は、HatkeshwarとSuleimanの範囲の平野の上約100フィートを上げます。

Lenyadriは、仏教洞窟の境内にある山に唯一のAshtavinayaka寺院です。

洞窟7:ガネーシャ神殿

建築
ガネーシャ寺院は、平野の約100フィート(30m)のところにあるジュナーナール周辺の最大の掘削洞窟7にあります。 それは本質的に仏教のVihara(僧侶のための住居、主に瞑想細胞を持つ)であり、寸法が異なる20個のセルを備えた裸のホールである。 いずれかの側に7つ、後壁に6つ。 ホールは大きく、柱状のベランダの下に中央のドアで入ることができます。 ホールは17.37メートル(57.0フィート)です。 幅15.54メートル(51.0フィート)、高さ3.38メートル(11.1フィート)。 入り口の両側に2つの窓があります。 このホールは現在、ガネーシャ寺院のsabha-mandapa(「会場」)として扱われています。 8石の石造りの石造りの283ステップ(信者による)が入り口につながります。 このステップは、ガネーシャが克服した感覚的な喜びを表すと考えられています。 ベランダには、6つの柱と2つの柱(半柱)があり、 “梁や垂木に吊るされたレールで救われた屋根裏部屋”をサポートしています。 柱は八角形のシャフトと “上のベンチと背もたれと逆さまのガータ、2つの四角いプレートの間に圧縮されたアマラカ、反転した階段状のピラミッド、そして最後にトラの象、雄牛とブラケットで戴冠”

後期には、後壁の2つの中心セルが、Ganeshaイメージを格納するためにパーティションを分割して結合されました。 古い入り口はまた、ガネーシャ寺院に改宗中に広がった。 ホールには2つの小さな入り口があります。 すべての入り口には木製の扉を固定するためのソケットマークが付いています。変換中に追加され、まだドアがあります。 このホールには、彫刻や絵画の痕跡もあります。この絵画は、変換中に追加され、後の時期に更新されます。おそらく19世紀後半です。 ボンベイ大統領の地名辞典(1882年)は、会場が彩られ、白く洗われたことを記録しています。 絵はガネーシャの幼年時代、結婚準備、悪魔との戦い、デビ、クリシュナ、ヴィシュヌ、シヴァのような他のヒンドゥー教の神々の場面を描いています。 木製のドアを取り付けたセルの一部を保管用に使用しました。 左の壁には9つのSati記念碑が追加され、それぞれはアーチトップが付いた長い柱の形をしており、各柱の右側には掌の上に手のひらを置いて立てられた手がSatiの祝福を表しています。 3つのパネルが明白であったが、他の記念碑は彫刻された。 それらのすべてが疲れているが、そのうちの1人は、その件が夫の葬儀場でサティを犠牲にするかもしれないことを示唆している。

アイコン
ここで崇拝されるガネーシャの形は、ギリジャトマヤ(サンスクリット語:गिरिजात्मज)です。 その名前は、「山の生まれ」と解釈されるか、またはParvatiの息子である「GirijaのAtmaja」と解釈されます。Parvatiの息子はヒマラヤ山脈の人格であるHimavan山の娘です。 洞窟の裏壁に見られるガネーシャのアイコンの特徴は、他のアシュタビナヤクの寺院と比べると一目瞭然です。 寺院は不吉な南に向いていますが、地元の伝統によれば、神は北側に面しており、崇拝者と彼の顔は山の反対側に見えます。 ペシュワの支配者たちは、反対側のガネーシャの顔を見つけようと無駄にしようとしました。 中央のアイコンはJunnarの贈り物として与えられた真ちゅうの木製の鎧で覆われていました。 バラモン、鎧は現在存在しません。 それが取り除かれた後、彼の体の幹が東側を向いて左側に回って見え、目の一つが見えるようになった。 アイコンはシンドーで覆われており、洞窟の石壁に直接造られています。

すべてのアシュタビナヤカの寺院と同様に、中央のガネーシャのイメージは、ゾウの顔に似ている自然に発生する石の形態であるスバヤンフ(自己存在)と考えられています。

伝説
ガナパティアの聖書ガネーシャ・プラーナ(Ganesha Purana)によると、6つの腕と白い顔色を持つMayuresvaraまたはMayureshwar(Mayūreśvara)として生まれたGanesha。 彼の山は孔雀だった。 彼は悪魔Sindhuを殺すためにTreta yugaのShivaとParvatiに生まれました。

Parvati(Girija)は夫のShivaに瞑想している人に尋ねた。 彼は “宇宙全体の支持者” – Ganeshaを瞑想し、Ganesha Mantra “Gam”でParvatiを開始したと語った。 息子を持つことを望んでいたパヴァーティは、Lenyaadriで12年間、Ganeshaを瞑想する緊縮を経験しました。 ガネーシャは彼女の償いに喜んで喜んで、彼女が息子として生まれることを祝福した。 したがって、ヒンズー教の月のBhadrapada(Ganeshのchaturthiの日)の明るい二月の第4月の日に、Parvatiは生きて来たGaneshaの粘土のイメージを崇拝した。 したがって、ガネーシャはLenyadriのParvatiに生まれました。 その後、彼はShivaによってGuneshaと名付けられました。 Shivaは仕事を始める前に彼を覚えている誰もがその仕事を成功裏に完了することができるという恩恵を彼に授けました。 15年間、GuneshaはLenyadriで育ちました。 彼の死がGuneshaの手にあることを知っていたSindhuは、Krur、Balasur、Vyomasur、Kshemma、Kushalなどの悪霊をGuneshaを殺すために送りましたが、それらのすべてが代わりに彼によって殺されました。 6歳で建築家の神ヴィシュワカルマはギュンシャを崇拝し、武器パシャ(鼻)、パラシュ(斧)、アンクシャ(フック)、パドマ(ロータス)を与えました。 一度、小さなGuneshaはマンゴーの木から卵をノックし、そこから孔雀が浮かびました。 Guneshaは孔雀を乗せ、Mayuresvaraという名前を取った。 Mayuresvaraはその後、最も重要なAshtavinayakaの寺院MorgaonでSindhuと彼の陸軍将軍を殺しました。

崇拝
LenyadriはAshtavinayakaと総称される8つの崇拝されたGaneshaの寺院の1つです。 Ashtavinayakaの巡礼で寺院を訪問する順序が無関係であると信じる者もいるが、Lenyadriは通常第六の寺院として訪問される。

寺院を含む洞窟はインドの考古学調査の支配下にある。 Sardar Deshpandeは寺院の活動を担当する司祭です。 彼はLenyadriにはいません。 そこの司祭はYajurvedi Brahminsであると主張する。 Ganesh JayantiとGanesh Chaturthiの祭典は、巡礼者がすべてのAshtavinayak寺院を群集するとき、寺院で祝われます。

Chaityas(チャペル)

洞窟6
洞窟6は、Lenyadriの洞窟の主要な壁画であり、ヒナヤナ・チャイテア・グリハの最も初期の例の1つです。 その計画はアジャンタ・ケーブス・チャイシャ・グリハに似ていますが、サイズは小さいです。 それは、ベランダ、動物の首都を持つ柱と柱、そして入り口に5段の神社があります。 神社のホールには、幅1.8メートル(5.9フィート)、高さ2.79メートル(9.2フィート)の平らなドアがあります。 ホールの長さは13.3メートル(44フィート)です。 幅6.7メートル(22フィート)、高さ7メートル(23フィート)。 それは、ホールの後部に位置する仏教寺院(Chaitya)またはダゴバ(Dagoba)または仏塔(stupa)(中央遺跡)の両側に5つの柱と1つのピラスタを備えています。 入り口の上に典型的な大きなアーチ状の窓が始まりましたが、これは決して完了しておらず、盲目の窪みのままです。

Satakarni時代の柱は、4つのメッキのピラミッド構造から始まり、ポーポットベース、続いて8つのシャフト、逆さまのポットの上、そして5つのプレートの首都、そしてアマラカまたは歯車のパターンで始まります。 首都には、ライオン、ゾウ、スフィンクス、トラなどの動物の姿があります。 ピラーの一部が壊れています。 遺跡の後ろには、6つの八面の柱があり、曲線の形をしています。 「仏塔は、下にモールディングをしたドラムと、球状のドームと、ベースに柵を付けた「ドーム」の上の構造物を支えるための壁から突き出た凸部を備えたもので構成されています。 仏塔には仏教の仏教徒が彫られています。 中央の木製の傘と側部の旗を固定するために、正面に花輪を固定するための穴と上に5穴が刻まれています。 2世紀には、ベランダの壁に飾られた誇張された碑文は次のように翻訳されています。「カルヤナのヘラニカの息子であるムスリムの現代カルヤンの息子であるSulasataの礼拝堂の功績。

洞窟5と6の間で、より高いレベルでは、もともと住居や座席のために意図された発掘ですが、岩石断層の発見に続いて水槽に変換されます。 その左側にベンチがあります。

洞窟14
この洞穴は、また椅子のように、平らな屋根をしています。 しかし、ホールには長さ6.75メートルの柱がありません。 幅3.93メートル(12.9フィート)、高さ4.16メートル(13.6フィート)。 それは枕ベランダを持っています。 柱は八角形である。 ストゥパは、直径2.6メートル(8.5フィート)の基部を持つ3つのステップで構成されています。 リムには、円筒形のドラムで囲まれた手すりのデザインが施されています。手すりの模様と逆さまの階段状のピラミッド型のアバカスがあります。彫刻されたシャトーが天井を覆っています。 ベランダの柱は、階段状の台座の上にガタベースに八角形のシャフトがあります。 倒立したカラシャが頂上を飾り、それにはまた角が刻まれている。 ベランダの裏壁には、2世紀までの洞窟の碑文があります。「Tapasの息子、Upasakaの孫であるAnandaによって与えられたチャペルの洞窟の贈り物」

他のヴィハラ(修道院)

洞窟1
洞窟1は、ベランダ、ミドルルーム、セル、ハーフセルの4つの部分に分かれています。 ベランダには右の壁に沿ってベンチがあります。 その正面にはおそらく2つの四角い柱があり、天井の周りには痕跡が見られます。 梁の上に柱の上に岩石の梁があり、レールパターンが存在する可能性がありました。 ベランダの下にある窪みには、土に満たされた水槽があります。 左の小さな窓があるドアが中央の部屋に通じています。 中央の部屋には右の壁に沿ってベンチがあります。 中央の部屋の後ろに向かって、左には、半分のセルがあり、右のセルに向かっています。 ハーフセルは右側の壁に沿ってベンチを持ち、左側には洞窟2に接続する正方形の窓があります。木製のフレームを取り付けるための溝のあるドアは、右の壁に沿ってベンチがあるセルに通じています。

洞窟2
洞窟2は設計上の洞窟1に似ています。 ベランダには2本の柱と2本の柱があり、それぞれの柱と柱の間にはカーテンがあり、後ろにカーテンがあり、レールパターンがあります。 柱の上にはレール模様の岩盤があり、その上には天井があります。 柱と柱の一部が壊れています。 垂木の岩の模造の上の前に。 木製のフレームのための溝を備えた出入口は、左の壁に沿ってベンチが付いた真ん中の部屋につながっています。 洞窟1の設計に関して、ホールセルとセルの位置が交換されます。 それぞれにベンチがあります。

洞窟3
洞窟3には開いたベランダとセルがあります。 ベランダには後壁に沿ってベンチがあります。 ドアは、左の凹部に座を有するセルに通じる。 シートの下の窪みの前に、縦のバンドがあります。 洞窟2と3の間には、窪みの正面に座席があります。

洞窟4
洞窟4には開いたベランダとセルがあります。 ベランダには後壁に沿ってベンチがあります。 溝の付いたドアがセルにつながり、右側の壁にベンチがあります。 壊れた窓は、ドアの左側とその右側に小さな穴があり、これは細胞に入る前に足を洗うために使用されていた可能性があります。

洞窟5
洞窟5は、洞窟4の左下12フィート(3.7 m)に位置しています。ベランダ、中庭、7つのセルが3つの壁に分かれています。 したがって、それはsaptagarbha layana(7つの細胞の住居)として知られています。 ベランダには、2つの柱と2つの柱があり、そのうちの右側の柱と右側の柱の跡が残っているのは、Satakarni時代(BC 90-AD 300)の壺の首都です。 ベランダの正面には、2つのステップがあるオープンコートがベランダに通じています。 裁判所の右側には水槽があります。 ベランダの裏壁には、中央の廊下のドアの左側に、壊れたベランダの天井の近くに、仏教のトライデントが冒頭にあり、最後に卍が並んでいます。 それは、「トウモロコシのディーラーたちが7セルの洞窟と水槽を贈る功績」 ドアには両側に窓があります。 セルの正面の中ホールにはベンチがあります。 セルの後壁にもベンチが組み込まれています。

Related Post

洞窟8
洞窟8は到達困難な住居です。 それは、ベランダを通って入っている、セルを備えたベランダとその背面壁にある半セルとからなる。 セルには、壊れた扉、小さな窓、窪んだ凹部、およびペグ穴があります。 ハーフセルは開いたフロントと後ろにベンチがあります。

洞窟9
洞窟8の右側にある洞窟9は、後者のベランダから入ることができます。 洞窟9にはベランダとホールがあります。 ベランダには4つのSatakarni-period、broken pillarsがあります。 ホールには大きな窓があり、どちらにも窓があり、サイドドアには木製のフレーム用の溝があります。 このホールの目的は不明であり、学校や研究であると推測されています。

ケーブ10
洞窟10は、洞窟9よりも高いレベルに位置しており、その前面が壊れているために手が届きにくい。 天井と床が壊れている開いたベランダは、どちらの側にも窓がある溝のついた戸口を通って中間の部屋につながっています。 ホールの右の壁には座があるくぼみがあります。 部屋の左側のセルには凹部があります。 セルからの扉は、凹部と座を有する半電池につながる。 天井には痕跡が見られます。 左のベランダの外側には水槽があります。

洞窟11
洞窟11は壊れた正面とホールで手が届きにくいです。 ホールの左側には、ホールよりも低いセルがあります。 ホールには溝付きの出入口と後ろに座席があるくぼみがあります。 ホールの外には席があります。 洞窟には塗料の痕跡があります。

洞窟12
洞窟12は、洞窟11のベランダからのドアで入る小さな住居です。それは中央の部屋へのドアの左右に部分的に壊れた床と天井と凹んだベンチを持っている独自のオープンベランダを持っています。 中央の部屋には、ドアの左側に小さな窓があり、右側の壁にはシートの凹部があります。 中央の部屋の後壁には、座席凹部があるハーフセルと溝のあるドアがあるセルがあります。 洞窟の床にはセメントのコーティングが施され、中間の部屋の天井には同心円が描かれています。

洞窟13
洞窟13は洞窟12より少し高いレベルにあり、開いた宮殿のある小さな住居で、2段階からベランダにつながっています。 裁判所の右側には水槽があります。 ベランダの右壁にはベンチがあります。 ベランダの正面には2つのベンチがあり、平らな8面の柱とピラスタが並んでいます。 これらのいくつかの残骸は生き残る。 右のピラスタには二重三日月形の装飾が施されています。 溝の付いたドアは中央の部屋につながり、右側の壁に沿ってベンチがあり、左側にはシートの凹部があります。 窓はドアの左側にあります。 中央の部屋の後壁には、溝のあるベンチとベンチが付いたセル(左)と半分のセル(右)が見えます。 天井には痕跡が残っています。

洞窟15
洞窟15は、改良された出入口とベランダを備えたセルからなる小さな住居です。 洞窟の側壁はまだ保存されていますが、天井は半分壊れています。

洞窟16
洞穴16は小さな住居で、洞窟15の上のやや高いレベルにあります。右壁にベンチがあり、ベランダがあり、ドアを通ってセルに通じています。 側壁と天井の一部が壊れています。

洞窟17
洞窟17は、1つの列に沿って配置された一連の3つの小さな住居を共有ベランダで構成している。 最初の住居には両側に壊れた窓が並ぶ入り口があり、中間の部屋につながっています。 中央の住居の裏の部屋には、右にセルがあり、左にセルがあります。 ウィンドウはセルのドアの左側にあります。 セルには痕跡が残っています。 ハーフセルにはベンチがあります。 2番目の住居には、中間室、左側の半分のセル、および半分のセルの右側から到達したセルがあります。 中央の部屋にはベンチがあります。 ハーフセルには、後壁に凹部があり、ベンチが付いています。 溝のある扉が半電池からセルにつながります。セルにはベンチがあります。 右のセルのウィンドウが中央の部屋を見下ろす。 出入口の前にはベンチがあります。 3つと最大の3つの住居は中間ホールで構成されています。 ホールの後壁には2つのセルと2つのシート凹部があります。 右と後ろの壁に沿ってベンチが走る。 右のセルおよび左のセルには、溝のある出入口、出入口の左側の窓、および後壁のそれぞれに沿ったベンチがあります。 ホールの正面にはベンチがあります。 壊れたベランダの前に木製の柱を固定するための穴があります。 ベランダの左側には2つの水槽があります。 洞窟17と洞窟18の間には、3つの他の水槽があります。 最初の水槽の窪みには、「KalyanaのKudiraの息子、Saghakaの金細工職人の貯金箱の贈り物」と翻訳されています。 第二水槽の窪みの別の碑文には、「トルミア・ナ・ダカとナシカリカ、イシムラサミの妻」のラチニカ(Lachhinika)(妻)による水槽の功績が表れています。

洞窟18
洞窟18は正面壁と溝のある出入口を備えたダイニングホールで、その両側に窓があります。 ベンチは、背面と側面の壁に沿って走ります。 ホールへの通路は3つの壊れた階段と正面に開いた裁判所があります。 水槽は裁判所の左側にあります。

洞窟18には、サムガの修道士の使用のためのヤバナ(インド・ギリシャ)援助者による2つの献辞があります。

碑文第5号は、イラウラと名付けられたヤヴァナの寄贈者によって修道士に2つの水槽の贈り物を言い、それは “ユーラリユス”のようなギリシャの名前の転写であるかもしれない。
“ヤバナ・イラーラ・ガタナによる2つの水槽のメリトリアス贈り物”

– 表記5
碑文No.8は、Chitaという名前のヤバナ援助者によってsamghaへのダイニングホールの贈り物を言います。
“サムハのためのヤバナ・チタ・ガタナムによるリペクトリーのメリトリアス贈り物

– 表記5
Karas洞窟のNasik洞窟とGreat Chaityaには、Yavanasによる同様の寄付があります。

洞窟19
洞窟19は前壁のないセルであり、ベンチは左の壁に沿って走っている。 天井には、右の壁からベンチの端までの装飾された石や木製の看板の看板が見えます。 右側には同じ屋根の小さなセルがあり、おそらく洞窟19に接続されています。小さなセルには右壁に沿ってベンチがあり、溝のある戸口にはベンチがあります。 洞窟には2つの水槽があります。

洞窟20
洞穴20は小さな住居で、前部が壊れたときに手が届きにくい。 右側には通路があり、左側には左壁全体に沿ってベンチがあるセルがあります。

洞窟21
洞窟21は、直接的な接近がない場合、洞窟20からの小さな隙間を介して接近する。 その居間にはかなり大きなサイズのベランダがあります。 溝のあるドアフレームを備えた内側のセルもあります。 座席ベンチは、セルとベランダの両方の浅い空間に切断されています。

洞窟22
洞窟22は左側の洞窟21に隣接していて、後壁の全長にわたってベンチを備えた住居ユニットでもありました。 このホールからの窓は別の小さな部屋を見下ろす。 溝のあるドアを通る入り口は、長い廊下へのアクセスを提供し、後壁には、ドナーの名前と修道院の秩序を開示する刻印がある。

ケーブ23
洞窟23には、2つの住居ユニットがあり、長い壁には浅いニッチがあり、左側の壁には座席が設置されています。 ドアは客室へのリンクを提供します。 2つの部屋の間の後壁にある2フィート(0.61m)のニッチは、その目的の手がかりを与えません。

洞窟24
洞窟24は長い洞窟であり、ニッチで座席の手配をした水槽に通じる困難なアクセスを備えています。 通路へのドアアクセスがあり、座席のためのベンチもあります。

ケーブ25
洞窟25はいくつかの小さな部屋と大きな部屋がある洞窟24よりも長い。 これらの部屋には、おそらくこの洞窟の更なる作業を停止した岩の状態が悪いことを示す不規則な掘削を表示するニッチでの座席配置もあります。

洞窟26
これは、洞窟6の下にある普通の洞窟で、これは仏教の洞窟です。

第2群の洞窟(番号なし)
同じLenyadriの丘の別の噴水には南西に面した4つの洞窟(番号は付けられていない)があり、険しい丘の斜面に切り取られています。 彼らの未完成の条件に基づいて、彼らは初期の洞窟と解釈されます。 詳細は以下のとおりです。遺跡とドアのある小規模な不規則な不規則な岩の顔。 入り口には、遺跡、蓮の花、幾何学模様を描く装飾が施されています。 別のものは、2つの部屋、井戸、および3つの隣り合う部屋の石造りのベッドがあり、不十分な遺跡が残っていない洞窟です。 隣接する2つの洞窟にはチャペルと正面ベランダがあります。

説明
Sulaiman Paharの別の拍車で、完全な一マイル、または町から約4マイルの歩行の後、丘の東端を通り抜けて、レベルの上に400フィートの丘の向かいにある洞窟群ですSSWに直面している。彼らは通常、接近不能であると表現されている。 彼らはアクセスが非常に難しく、クライミングに慣れていない誰かを試みるのは危険です。

それらの最も東側には、幅8フィート3インチ、長さ22フィート4インチ、またはドアからダゴバまでわずか15フィート4インチの小さなチャイティア洞窟があります。これは直径4フィート10インチ、9フィート4インチ高。 壁はまっすぐではなく、フロアレベルでもありません。 サイド・アイルはまだ始まっておらず、ダゴバの上部を除いてインテリアの一部は全く完成していません。 architraveまたはtriforiumの上に16フィート、屋根の中心に18フィート2インチです。 外側には外観が装飾されており、いくつかの壁が飾られており、その他には蓮の花が彫り込まれています。 レール装飾は通常の方法で豊富に散在しています。 窓の周りのフロントトンも幾何学模様で刻まれています。 この洞窟の詳細は、おそらくBedsaとKarleのものと同じくらい早いことを示していると思われます。その結果、Junnarについての最初の発掘の中にあります。

それの隣には、しかし、より高い上に、ほとんどアクセスすることができない、2つの細胞です。 それから井戸。 第3に、3つの細胞、2つの石のベッドを持つ小さなvihara。 セルドアの間の後壁のある程度の粗い切削は、安らぎのあるものと似ていますが、まだ完成していません。 外側にはさらに2つのセルと、viharaとセルの両方の前を走っているベランダの端にある部屋や礼拝堂があります。