紀尾井アートギャラリー・江戸の伊勢型紙美術館、日本東京

伊勢型紙は、織物を染色するための紙ステンシルを作る日本の工芸品です。日本の重要な無形文化財の一つに指定されており、現在も伝統を守り続けている巨匠のグループがいます。江戸から昭和までの5,000を超えるステンシルがある江戸伊勢型紙博物館には、日本最大の伊勢型紙コレクションがあります。

美しい伝統的な着物パターンの宝庫に来て、この絶妙な日本の工芸品のデザインとテクニックを発見してください!

伊勢型紙は、三重県伊勢市鈴鹿市の室町時代(1337-1573)に最初に開発された、着物の染色に使用される紙ステンシルの工芸品で、薄いthin紙とof汁を結合した多層で作られます。伊勢片上は紀州Domainによって最初に管理され、支持され、江戸時代を通じてますます人気を博しました。それは今日、洗練された応用芸術として認識されています。

江戸時代から昭和時代にかけて伊勢型紙を世界に紹介したいという思いからこの博物館をオープンしました。私たちの豊富なコレクションには、もともとoriginallyの着物に使用された江戸門、奇形(幾何学的な抽象的なデザイン)、花鳥風月(日本の美学における自然美の伝統的なテーマ)、および古事録(古典文学と歴史の表現)などの多数の日本のパターンが含まれています。

江戸時代の終Inに、著名な学者シーボルト博士は、多くの伊勢形紙のステンシルを浮世絵とともにヨーロッパに持ち込み、ジャポニスム運動の誕生を引き起こし、この洗練された工芸品の評価を日本以外にも広げました。国境と世界中。

紀尾井アートギャラリー
著名な建築家A原太郎によって設計された日本の文化と芸術を紹介する見事なギャラリー、この革新的で魅力的なギャラリーは、あらゆる種類の展示、セミナー、集会のために借りることができます。

江戸時代に着物の柄を染めるために使用された伊勢型紙。江戸伊勢片神美術館は、100年以上前に使用された道具であるパターンを芸術として復活させる常設展です。

ディレクターのKa浦Atは、日本語教師を養成し、外国人ビジネスマンに日本語を教える語学学校のディレクターです。日本橋にある老舗の染料屋が閉店したときに発売された、江戸の伊勢型紙5,000枚に基づいて、世界で唯一の常設博物館を開設しました。

伊勢型紙は、縞模様、彫刻、道具、彫刻など、人間の仕事ではない可能性のある彫刻技法を使用して、型紙から彫られたパターンです。着物文化が発達した江戸時代には、桑紙から作られた和紙のいくつかのシートが渋渋に貼り付けられ、太陽の下で乾燥され、喫煙され、繁栄しました。

奈良時代に生まれ、三重県鈴鹿市の伊勢湾に近い白子町と慈家町で作られたことから、伊勢型紙と呼ばれました。ステンシルディーラーは、国内のさまざまな地域から注文を受け、注文を受けていました。

2〜3階と2階の展示室。 2階には、大型のものと模様を復刻したオリジナル商品があります。見ているだけで気分が良くなるものがたくさんあります。たとえば、扇のように踊る「バタフライファン」や、流水の中に桜が置かれた「桜」などです。 「着物の柄は和柄であり、伊勢柄は和柄の美しさの集大成ともみなされています。

外国人だけでなく、古代からのすべてのパターンが世界でユニークであるため、日本人はしばしば驚かされます」。幼虫から美しく変化する蝶は不滅であり、強い葉は子供の健康の願いです。

Related Post

多くのモチーフは、季節の感情だけでなく、欲望も具体化します。江戸小紋は、江戸で特に好まれるスタイルです。四季の花々がパッチワークのように集まった小さな模様も、一年中着ることができる実用性があると言われています。舌は、ファッションに合理性を求める江戸の人々の身長を包みます。

3階にはティールームがあり、四季に合わせた柄や着物の展示やイベントなどに利用されています。必要なのは、パターン付きの格子窓です。自然光でのA、べっ甲、藤などの外観はとても美しいです。小さなパターンが散在するものから大きな変形モチーフを持つものまで、現代の人々にも反映されています。日本の伝統的なデザインと美学を外国人や若者に伝えたいという監督の欲求も納得できます。

建物の内部は有名な建築家によるモダンな空間で、片側にはガラスが取り付けられており、隣接する緑が眺められます。現代美術のようなパターンのデザインを楽しみ、まるで良いカフェを訪れたかのように、古いパターンを心に刻みたいです。

伊勢形紙
伊勢型紙は、三重県伊勢市鈴鹿市の室町時代(1337-1573)に最初に開発された、着物の染色に使用される紙ステンシルの工芸品で、薄いthin紙とof汁を結合した多層で作られます。伊勢片上は紀州Domainによって最初に管理され、支持され、江戸時代を通じてますます人気を博しました。それは今日、洗練された応用芸術として認識されています。

江戸時代の終Inに、著名な学者シーボルト博士は、多くの伊勢形紙のステンシルを浮世絵とともにヨーロッパに持ち込み、ジャポニスム運動の誕生を引き起こし、この洗練された工芸品の評価を日本以外にも広げました。国境と世界中。

エキシビション:
美しい伝統的な着物の柄の宝庫で、この絶妙な日本の工芸のデザインと技術を発見してください!

この博物館では、江戸から昭和までの伊勢型紙のステンシルを世界に紹介しています。豊富なコレクションには、もともと武士の着物に使用されていた江戸門、奇形(幾何学的な抽象的なデザイン)、花鳥別月(日本の美学における自然美の伝統的なテーマ)、古事記(古典文学と歴史の表現)などの多数の日本のパターンが含まれています。

伊勢型紙は、織物を染色するための紙ステンシルを作る日本の工芸品です。 1955年には、日本の重要無形文化財の1つに指定されました。

江戸時代から昭和時代にかけて5,000を超えるステンシルが展示されている江戸伊勢型紙博物館には、日本最大の伊勢型紙コレクションがあります。

ギフトショップ
江戸スタイル–「紀尾井」。伊勢型紙のアンティークと現代のステンシル、伊勢型紙のTシャツ、バッグ、陶器、日傘、ファン、レターセット、カード、着物などが販売されています。

ティールーム
紀尾An、忠実に装飾された、さわやかでリラックスできる伝統的な茶室

文化サロン
アルファランゲージインスティテュート(当社の親施設)は、紀尾井スクールの外国人ビジネスマン向けの日本語クラスを提供しています。