日本庭園、足立美術館

「庭園も絵です」 – 偉大なる芸術家の世界へようこそ

庭園の外観は毎日異なります。実際、私たちはそれぞれの美しい瞬間を再び見ることはないかもしれません。そのため、庭全体は常に美しさに満ちています。創業者の足立禅子は、91年に亡くなるまで園芸に専念した「庭も絵である」との信念を持っています。ドライランドを含む6つの庭園は合計約165,000平方メートルです。さまざまな季節の顔を見せ、周囲の自然の山々とのバランスが良い。このように、足立の庭園は「生きた日本の絵画」と言われています。

「2016年日本庭園ランキング」では、足立美術館の庭園が1位にランクされ、14年連続で1位を記録しています。このランキングには、歴史的な場所を含めて日本全国に900以上の場所があり、日本の庭園をテーマにした雑誌「すきやリビング誌/日本庭園誌」にまとめられています。

日本の庭園を世界に紹介するため、1998年には「月刊ジャパン」が発行されました。このジャーナルは、米国Todayに拠点を置くDouglas Rothによって発行され、主に英語圏の国々の37カ国に加入しています。雑誌のランキングは、サイズや名声ではなく、庭の美しさや雰囲気に人々の注目を集めようとしています。そのために、日本、米国、オーストラリアの専門家が日本の庭園を調査し、庭の品質、庭と建物のバランス、訪問者のサポートを総合的に判断します。

2016年ランキングにおけるトップ5の庭園
1.足立美術館(島根)
2.桂ライク(京都)
3.山本亭(東京都)
4.平安ホテル(京都)
5.横館(福井県)

フランスを拠点とする旅行ガイド「ミシュラングリーンガイドジャパン」は、安達の庭園に「スタースター」を授与しています。サンインエリアにある唯一の3つ星のサイトです。

Related Post

ミシュラングリーンガイドジャパンは、フランスで最も有名な旅行ガイドシリーズの一部です。それは80年以上の歴史を持っています。推奨サイトは、独自の基準に基づいて、旅行者の視点から、スタースターからスタースター(旅行に値する)までの独自の評価システムを使用してリストされています。

足立美術館は、現代日本画で活躍している画家の作品を中心に、合計1,500点を保持しています。その中には、横山大樹、上越竹内、上村松園など、偉大な芸術家として知られる数々の画家の作品があります。しかし、コレクションは大正のような有名な画家だけではありません。かつては忘れられた画家のような多くの知識の芸術家、名前が知られていない分野で活躍した画家、多くの傑作が国内外で高い評価と人気を得ました。さらに、有名な画家でさえ、一般的に知られている印象とは異なる異例の作品や、展覧会での展示の機会があまりない魅力的な作品もあります。

足立高安の情熱は定評のある場所ですが、最も忘れられないイベントは北沢コレクションの「紅葉」、「虹」、「海の潮」です。六本木大観展では、「秋の葉」(6畳の折り畳み画面)は、何の言葉も出てこないという印象を受け、何かを得ることができたという印象を受けました。 「ファントムコレクション」と言われていた北沢コレクションの一部で、その当時は受託者の手に入っていて、「秋の葉」以外の大観の作品は20点以上ありました。さらに驚いたことに、長い間、アートコレクションから切り取って額に入れ、毎日見続けて、夢の中で見た「雨」を含めて見続けました。苦難の後、それは2つすべての物語の話をし、購入リストから「雨が降っている」と「海潮が4つの題材/夏」を取り除くために何年もの間、もし私がそれを黙っていないならば、 “私は一見して2年間愛されている女性を引き継いで枕のお金を決めるつもりだから、床に入るときは枕を持っていて、あなたは信託委員会の前に座って、私はあなたを泣かせてホテルが最後を決めたと言った。

創設者・足立足立の目によってコレクションの大部分が厳選されました。 作家や作品を選ぶ際には、特定の学校や傾向に偏っていなくても幅広いコレクションを行っていると言えます。 1954年頃から本格的な日本画のコレクションが始まりましたが、平成2年になるまではコレクターの強迫観念と言える情熱が消え去ったことはありません。

今日でも、足立コレクションの基本をベースに内容を充実させるべく努力しており、毎年4回の特別展を開催し、庭園、本館(大館 大型展示室/小間展示室では前後70点の作品が絶えず公開されています。

Share