島根県立石見美術館、益田市、日本

島根県立石見美術館(Iwami Art Museum)が一緒に島根県立いわみ芸術劇場で2005年に、増田、島根県、日本で開かれたことは、島根県芸術文化センターの一部を形成し、また、「大屋根」のためのグランドToit(ジュエリースイートWA nnは取得)、フランス人として知られている。コレクションは(狩野松栄、雲谷等顔、クローダ・セイキ、藤島武二、岡田三郎助、と岸田劉生の作品が含まれています。

島根アーツセンターこの施設。島根県石見美術館、島根県石見芸術劇場を兼ね備えた施設で、石見地域における芸術文化の収束の点としては、そのような視覚芸術などの分野間の往復を容易にし、音楽、演劇、そしてスポンサーの多様化、高品質の芸術や文化を理解する機会。

博物館は地域に関係なく、テーマや年齢の、日本および海外からの芸術の優秀作品の広い範囲を収集しています。博物館は、芸術作品の収集、保存、展示会、ならびに当技術分野の振興の分野における研究調査を行い、教育。博物館は、このような芸術についての人々の理解を深め講演会やワークショップなどの教育を推進する活動を、提供します。

石見地域の先住民族の芸術や文化をサポートしながら加えて、それはまた、新しいアートを作成し、育成して地域社会と協力することを目指しています。

博物館は幅広い分野をカバーし、多くの特別展示を保持している。また、この会場は、そのパーマネントコレクションから、テーマ別、高品質の展示を提供します。

島根県立石見美術館と、島根県立いわみ芸術劇場で構成され、2005年10月8日に開館した。正式名称は「島根芸術文化センター」で、「グラントワ」は愛称である。「グラントワ」の由来は、広い屋根と言う意味のフランス語 (Grand Toit) である。全国からの16,456点の応募の中から選ばれた。建物の屋根が、石見の景観・風土を象徴する、落ち着いた赤色石州瓦の使用された、大きな切妻屋根で作られていることに由来している。

石見美術館コレクション
コレクション・ポリシー:与えるためになどの絵画、工芸、彫刻、写真、服、を含む、アンティークから現代美術まで、地域に関係なく、フィールドや年齢の、国内外から芸術の優秀作品を幅広く収集し、するには博物館に特徴的なキャラクター、それは次のカテゴリに焦点を当てることに決めました。
MORI Ogaiと接続されたアイテム
ファッション
石見市周辺のアート

Related Post

島根芸術文化センターアートの美術館や劇場の両方として機能石見地域の設立を構築するために島根市民の熱烈な要望に対応して誕生した全国の著名な施設です。

元のフランス語の手段でそのニックネームは「グランドToit」、「大屋根」。その大屋根と中央の壁には石見地域の伝統や文化を継承Sekishuタイルを使用されている。これらのタイルの特性赤の色相を通りに並ぶ店や家を照らす、そして、彼らがこの分野の発展の象徴であることを確かです。

歴史と地域の自然の精神を大切にしながら、県内の芸術と文化のための神社として、中央の努力は、新たな文化の創造のための場所として機能する。同時に、このセンターは、誰もが理解するための機会を提供しています日本と世界の優れた芸術と文化。

中庭には大ホール、小ホールや美術館に囲まれています。タイル(Sekishu-gawara)は、屋根に使用され、外部の壁は特別に地元のタイル業界で島根県芸術文化センターのために作成されました。

益田市中心部の再開発の必要性が1970年代から語られていた、2001年3月に策定された「第4次益田市総合振興計画」、「益田市中心市街地活性化基本計画」をもとにして益田駅前地区周辺は2004年11月頃から再開発が進められている。この一環により島根県芸術文化センター グラントワが建築され、他にも益田駅前に益田駅前ビル EAGAが建築され、旧市街を通る中島染羽線が拡張整備された。

アクセス:
石見交通「グラントワ前」バス停から徒歩1分
JR益田駅から約1km(徒歩15分)
萩・石見空港から約6km(連絡バスJR益田駅まで約15分)
最寄りバス停は、石見交通「グラントワ前」バス停だが、石見交通本社からも近い