第30回香港フードエキスポは、香港の毎年恒例のグルメイベントです。フードフェアは、香港国際ティーフェア、香港ビューティー&ウェルネスエキスポ、香港ホームディライトエキスポ、中国医学・健康製品近代化国際会議(ICMCM)とともに、8月15日から19日まで香港で開催されました。コングコンベンションアンドエキシビションセンター(HKCEC)。

グルメ食品、上質なお茶、家庭用品、美容製品の豊富なショーケースで、HKTDC8月のイベントは現代のライフスタイル体験を提供しています。世界の出展者とバイヤーは、これらの見本市を調達と事業促進のための重要なワンストップ取引プラットフォームと見なしています。 4つの見本市には、合計2,100を超える国際的な出展者が参加し、世界中のさまざまな珍味やライフスタイル製品を紹介しています。

第30回フードエキスポには、21の国と地域から1,570を超える出展者が集まりました。今年も引き続き農林水産省の支援を受け、約270の日本出展者を招集し、香港の人々が楽しめるさまざまな日本料理を紹介しています。

フードエキスポのトレードホールには900を超える出展者がおり、23のグループパビリオンがあり、ベトナム、サウジアラビア、新疆ウイグル自治区が初めてエキスポに参加しています。これは、世界の外食産業の最高の取引プラットフォームとしての香港の継続的な地位を浮き彫りにしています。

文化は国境から国境へと変化しますが、素晴らしい料理は本当に普遍的な言語です。より多くの出展者とバイヤーをつなぐために、このフェアは、貿易専門家を対象としたフードエキスポのトレードホールと香港国際ティーフェアでのビジネスマッチングサービスを強化しました。貿易ホールは、中国本土やカンボジア、インドネシア、カザフスタン、マレーシア、ポーランド、タイなどの新興市場からのかなりの数を含む、約18,000人のバイヤーを魅了しました。

テーマゾーン
フードエキスポは、グルメゾーン、パブリックホール、トレードホールの3つのセクションで構成されています。待望のグルメゾーンは、4日間(8月15日〜18日)、一般のチケット所有者に開放されました。90以上の出展者を集めています。

人気のグルメゾーンには、アジア料理、西洋料理、スウィートディライト、グリーンパラテ、コーヒーアベニューの5つのテーマゾーンがあり、さまざまな特製コーヒーが展示されています。新しいテーマゾーン、コーヒーアベニュー。特製コーヒーと関連製品が特徴です。ハイライト商品には、地元のクラフトコーヒービール、トリュフフレーク入りトリュフアイスクリーム、冷凍庫で一晩で作る日本の梅酒シャーベットなどがあります。

ゾーンには、地元のバリスタが作成した3D漫画ラテアートで飾られたコーヒーと淹れたてのイタリアンコーヒー(ブース:3B-E16)、チャンピオンバリスタが作成したパナマ芸者コーヒー(3B-E12)、職人技のアイスドリップコーヒーなどの製品もあります。成都ペッパーアイスドリップコーヒー、さわやかなレモンハニーアイスドリップコーヒーとウィスキー、そして地元の人々に人気の香港スタイルのユエンヤンアイスドリップコーヒー(3B-E14)など。さらに、コーヒー雑誌のCoffeederは、ラテアートワークショップとCoffee x Chocolate –コーヒー愛好家のためのパーフェクトマッチワークショップを開催します。

カリフォルニア州貿易拡大プログラム(California STEP)は、米国から12の食品会社を招き、今年のFood Expoに出展しました。これは、これまでよりも強い存在感を示しています。出展者は、アボカドオイル、ワイン、ナッツ、チョコレートなど、さまざまな特製食品や飲料を展示しました。

今年は日本館に300近くのトップクラスの出展者が集まり、上質な農産物や肉、刺激的な飲み物、最高品質のスナック、調味料、シーフード、菓子などを宣伝しています。

イベントのハイライト
一方、トレードホールは、フェアの最初の2日間(8月15〜16日)はトレードバイヤーに、最終日(8月17日)は公のチケット所有者に開放されています。 22のグループパビリオンを含む900以上の出展者が、漢方薬とハラールフードの2つのテーマ製品ゾーンとともに、ホールで製品を展示しています。注目の商品は、有田町産の黒和牛、ノルマンディーのアップルサイダー、さまざまな風味のタイの低カロリーサラダドレッシングなどです。

さらに、博覧会の最初の4泊の間、ナイトバザールは午後7時から午後10時まで開いており、30を超える出展者がさらに割引を提供しています。そして、17人の有名シェフによる料理のデモンストレーションを含む一連のエキサイティングな活動がフェア全体で上演されました。人気のテレビクッキングショーのホストであるスティーブリーとヘレンタムに加えて、田村隆、田村月二の3代目シェフ、ミンレオン、Ah Yat Harbour View Restaurantのエグゼクティブシェフ、ジャッキーチョン、J&Tのエグゼクティブシェフの4人の主要シェフが含まれます。 Restaurant Ltdと、Hung’sDelicaciesおよびMasterHungの創設者であるLaiWai-hungは、さまざまな「塩分が少なく、砂糖が少ない」レシピを実演します。

Related Post

Food Expoでのその他の注目すべき活動には、2019-2020WanChaiàLaCarteフードマップの立ち上げ、コーヒー愛好家が醸造に最適なチョコレートを見つけるのに役立つCoffee X Chocolate – Find the PerfectMatchセミナーなどがあります。テーブルマナーに関するセミナー。

グリーン展
HKTDCは、社会的企業のBottLessおよび健康保険会社のBupaとともに、来年のさまざまな見本市で再びFood Expoから再利用可能なカップを提供することを決定しました。香港での規模のイベント。

現場での対応は、5日間の博覧会期間中に、食品容器、フォーク、カップなど、22,000を超える再利用可能な器具が訪問者に貸し出されたことで心強いものでした。さらに、多くの訪問者は、博覧会での使い捨て器具の使用を減らすための措置の有効性を強調し、食品の試飲のために自分の器具を持参するというHKTDCの呼びかけに耳を傾けました。

香港ティーフェア2019
第11回ティーフェアには、9の国と地域から250を超える出展者が集まり、ラオスの企業がフェアにデビューするなど、世界中の高級茶、茶器、茶製品を紹介しました。フェアは最初の2日間は貿易バイヤーのみが参加でき、最終日は一般のチケット所有者を歓迎します。

フェアでは、若い消費者をターゲットにした、美しくパッケージされた高品質のお茶が展示されています。高山ウーロン茶、オリエンタルビューティーティー、ジャスミングリーンティーなど、台湾を象徴する5種類のお茶からなるギフトセット「台湾ギフトティー(5F-B24)」が含まれます。近年、フラワーティーの人気が高まり、韓国のレッドバルーンフラワールートティー(ドラジ)(5F-A21)が出展されています。茶器としては、精巧に描かれた長寿エナメルペイントシルバーティーセット(5F-A11)は他に類を見ません。

その他のハイライトされたイベントには、最初のグレーターベイエリアカムチャコンペティション2019(香港ミルクティー)が含まれます。フェアの毎年恒例の署名イベントである国際カムチャコンペティション2019(香港式ミルクティー)ファイナル。

「昆布茶:なぜ次の大物なのか?」と題したセミナー。日本の茶道と和菓子のペアリングに関するセミナー。さらに、国際的なお茶の試飲会、国際的なお茶の芸術公演、「お茶の知識をドルに変換する:お茶の科学とブランディング戦略」と題されたセミナーなどの業界イベントは、貿易と文化交流を促進するのに役立ちます。

漢方薬と健康製品の近代化に関する国際会議2019
漢方薬と健康製品の近代化に関する国際会議(ICMCM)は、伝統的な漢方薬(TCM)の専門家が最新の業界洞察を得るためのプラットフォームです。

今年は、5つの国と地域から14人のヘビー級スピーカーが、「TCMの近代化と国際化:グレーターベイエリアから始める」というテーマで2日間のイベント(8月15〜16日)に参加します。講演者には、上海中医薬大学の学部長兼教授であるXu HongXi教授が含まれます。ジェイコブソンファーマコーポレーションリミテッド、中国医学担当上級副社長、ケビンチュー博士。 Nin Jiom Medicine Mfy HKLtd。中国市場マーケティングディレクターJanisChan

8月17日、公的チケット所有者は「中国医学健康公開フォーラム-一般的な都市疾患の治療と食事療法」に参加し、TCM開業医が乳房疾患、湿疹、膝のケア、食事療法、指圧などのさまざまな健康トピックについて話し合うのを聞くことができます。痛みを和らげるためのマッサージ。

HKTDC
1966年に設立された香港貿易発展局(HKTDC)は、香港のビジネスに機会を創出することを目的とした法定機関です。HKTDCは、中国本土に13を含む、世界に40以上のオフィスを持ち、香港を中国、アジア、そして世界とビジネスを行うためのプラットフォームとして推進しています。50年の経験を持つHKTDCは、国際展示会、会議、ビジネスミッションを開催し、企業、特に中小企業に本土および国際市場でのビジネスチャンスを提供すると同時に、業界誌、調査レポート、メディアルームを含むデジタルチャネルを通じて情報を提供しています。

Share
Tags: China