福岡市博物館、福岡市、日本

福岡市博物館(Fukuoka City Museum)は、福岡市にある博物館です。元々アジア太平洋博覧会に合わせて開催された会場内のテーマパビリオンとして建設されていた福岡市立歴史博物館(現在の福岡市文学会館)が作られた後は、博覧会終了時に一度閉鎖された西側の福岡市総合図書館、北側の福岡タワー、川を横切る東側の福岡ドームなど、1990年10月18日に博物館として改装され正式にオープンしました。などが観光地です。

福岡市は、九州北部の玄海灘に面しています。三日月形の日本列島の西端にあり、ユーラシア大陸や朝鮮半島に近づいています。私たちの祖先は、これまで経験したことのない生産と経済活動の形を開発し、これまでに遭遇したことのない脅威を克服することによって、日本の他の国々が知らなかった文化に最初に触れることによって、この地域を豊かで活気づけました。恒久的な展覧会の主題は、福岡の歴史とこの地域の人々の生活様式であり、外国交流の玄関口となっています。

福岡市博物館には3種類の展示室があります。常設展示室、特集展示室、特別展示室常設展示室では、福岡の歴史や民俗文化を紹介しています。福岡の歴史や古くから今日までの外国交流の玄関口となったこの町の人々の歴史的な生活様式を知ることができます。フィーチャー展示室では、福岡や日本の歴史、風習、文化などを個別のテーマに基づいて展示しています。内容は約2ヶ月ごとに変わります。特別展示室は、様々なテーマに基づく大規模な展示会を開催します。内容は約2ヶ月ごとに変わります。私たちの展示室に加えて、私たちは訪問者が様々なテーマについて探求したり学ぶことができる他の分野も持っています。

展覧会:
常設展示室は2階にあります。それは2,121m²をカバーする連続的かつ大規模な展示室です。全部で11つのセクションに分かれています。最初のセクションは博物館が知られている国宝を展示しています。最後のセクションでは、この都市を代表するフェスティバルを紹介します。

ゴールドシールの世界
ゴールド・シール日本列島で最初の国家と呼ぶことができるのは、この地域にここに来たことです。それは中国の記録に書かれています。漢王朝の歴史に書かれています。西暦57年には、漢王朝の皇Guangが皇帝に尋ねに来た王の使者たちに装飾リボンと一緒に捺印しました彼らの王国を支援する。このシールはゴールドシール以外のものではありません。なんらかの理由で、この封印は福岡の鹿ノ島に埋葬され、1784年に発見された。すぐに封建主に贈られ、亀井南明などの学者が中国の歴史的記録に記された印鑑であることを証明した。 1931年、ゴールドシールは日本の国宝に指定されました。この封印は、日本の教科書でさえ、日本の国家がどのようになったのかを確認するための文化財であるという事実からよく知られています。しかし、その輝きとサイズは、多くの人々に新しい驚きの感覚をもたらすことがよくあります。

福岡の夜明け
氷河期には、今日われわれが知っている玄海灘海の大部分は土地でした。およそ2万6000年前、アジア大陸から来て、ここに住んでいました。約1万5000年前、海は大陸からその地域を分離するようになった。人々は、海や森の食べ物を調理し、矢を使って狩りをしていました。

ナコクの時代
いつでも誰も知りませんが、アジア大陸から稲作が導入されました。豊かな米収穫を社会の基盤として、地域の人々は農業共同体を経営し始めました。これは国家の存在にまで発展しました。国王を強化するために、王は大陸の天皇に使節を送り、高度に高度な文化を紹介することに熱心に取り組んだ。

ころがんの時代
国家の中心は東に移動しました。この地域は、外交や商業への玄関口として、そして国家の最前線として重要な役割を果たしました。当時の政府は、この地域にコロカンと呼ばれる外交施設を設立した。 1987年福岡市で発見された古美術館の遺跡。古美術館から古代の国際交流を学ぶことができます。

博多ous生の時代
コロッカンで行われた商業は、11世紀半ばまでに廃業になった。ハカタは、博多に住む中国商人の取引活動の規模が拡大している博多だった。彼らはトゥボと呼ばれる中国の町を形成し、彼らの活動は輝く陶器と、日本に導入された禅を含む新しいアイデアにつながった。

博多の裕福な商人の時代
モンゴルが日本を侵略しようとした後、貿易は日本人の手に渡った。彼らは日明明日の貿易船を管理し、琉球列島と朝鮮半島に旅行した。博多は、東アジアの商業を通じて裕福な商人になった富裕層のために大きく栄えました。しかし、これは武士の闘争の激しい戦場に地域を変える効果があった。

福岡市の時代
江戸時代には、黒田の家がその地域の新しい封建的支配者になりました。その最初の封建領主長門は、新しい城と城下町を建設し、福岡という名前をつけた。福岡はお互いに影響を受け、城下町として、博多は商業の町として成長しました。社会の平和の長期は、新しい形の研究と思考の創造につながった。

近代福岡
近代化の急進的な波は、19世紀末のこの地域でさえ感じることができた。福岡と博多を結ぶ福岡市は、1889年に創設されました。福岡市は博覧会の幕開けを踏まえ、都市部と交通網を持ち、九州一の都市となりました。太平洋戦争の終わりに大空襲で灰になったにもかかわらず、人々は祭りやスポーツによって霊的に盛り上がり、回復に向かって歩み始めました。

コンテンポラリー福岡
日本の急速な経済成長の後、都市都市としての福岡はますます成長しました。福岡市は1989年にアジア太平洋博覧会を開催しました。福岡市博物館があるシーサイドモモチ地区は、このほど作成された比較的新しいエリアです。おそらく、この地域からの福岡の未来の形を見ることができます。

福間での生活
地方にはその生き方があります。この地域に住むことはどういう意味ですか?架空の4世代の家族に起こったいくつかの出来事からヒントを得て、福岡と博多の人々が自分の社会環境のなかでどのように考え、行動したかを見てみましょう。

山鹿の世界
博多祇園山笠はこの地域を代表する祭りです。地域社会と文化に大きな影響を与えている。昔からの流行を恐れている日本人は、夏の初めに日本の暑い季節に、このような病気に祈るために多くのフェスティバルを開催しました。博多祇園山中の起源は、このような祭りであると言えます。人形や様々な装飾による歴史的・文学的な英雄の行為を描いた山中は、当初は静かにその地区を行進した祭りでした。しかし誰も気づく前に、それはダイナミックなダッシュでラウンドを行うお祭りになった。博多地区内にあるNagareと呼ばれる様々な地区に拠点を置く団体がフェスティバルを運営しています。これらの組織内では、この伝統的で絶対的に華やかでダイナミックな勇敢な祭典をサポートするために、人間関係の絆が緊密に結ばれています。

展示物やコレクションは博多・福岡に関連しています。福岡県の「漢字」の漢字記号と福岡県民謡の黒田句に詠唱されている天神三人の槍の「日本問題」を中心にしています。この展覧会は金色の看板から始まり、プラコウ遺跡、香港コンカンなどの福岡市の遺跡を中心に発掘された遺物を中心に時系列に展示されています。また、市民等から寄贈された多くのアイテムが収集されています。また、福岡市博物館の開館に伴い、旧福岡藩の黒田氏には、武器や古い資料(黒田記事)が移転された(黄金と日本も黒田の記事の一部である) 。現代のコレクションでは、日本で最も古い国内生産車に機械的遺産として認定されているArrowを保管しています。

タグ: