福岡アジア美術館、福岡県、日本

福岡アジア美術館(Fukuoka Asian Art Museum, FAAM)は、福岡市第3位下川畑町第1博多リバリの7階と8階の福岡市が運営する美術館です。 1999年3月6日(平成19年)にオープンしました。

福岡市は、その地理的・歴史的特性から、古代からアジアの大陸文化への玄関口として活躍してきました。今日では、アジアにとって重要なインタラクティブな都市の新しい役割を担っています。福岡アジア美術館は、アジアの異なる文化との交流のための街の進歩的な戦略の一環として、1999年にオープンしました。開会以来、日本だけでなく、アジアや世界各国で次のような活動を展開しています。

福岡アジア美術館は、アジアの近代・現代美術を体系的に収集・展示する世界で唯一の博物館です。博物館のコレクションの作品は、西洋の芸術や伝統的な作品の繰り返しを模倣するものではありません。代わりに、彼らは現代のアジアに住むアーティストによって作られた、既存の芸術の枠組みを克服しようとします。これらの芸術家たちは、変化するアジアの世界の中で、そしてその変化について、メッセージを鋭く表現しようとしています。 FAAMのアジア現代美術と現代美術の展示は、豊かで深みがあり、質も豊富で、幅も広い。彼らは世界の他のどの博物館でも経験できない方法で、アジアの芸術の独創性と魅力を提示します。

福岡アジア美術館は、レジデンスプログラムの招待者の芸術的な創造と研究を通じてアジアの芸術文化に精通する場として機能しています。インタラクティブな博物館です。会合の場、お互いを理解し合って一緒に作る場所です。

福岡アジア博物館は福岡と博多のエネルギーが混ざり合った都心に位置しています。市内の住民は、博物館を通じて今日のアジアに簡単にアクセスできます。それと同時に、アジアのアーティストは市内中心部のミュージアムの位置と作品の原点を利用して、街の人々にアプローチすることができます。

コレクション:
福岡アジア美術館は1999年3月6日、アジアの現代美術を収集・展示するための博物館として開館しました。アジアの23の国と地域から得た様々な側面をカバーする2,900を超える作品(2017年3月現在)を持つ世界でも、このような質と量のコレクションは他にありません。
アジア・ギャラリーでは、アジアの現代美術と現代美術の流れを、特定のテーマのコレクションや仮展示を通じて紹介します。アジア美術の豊かさ、多様な表現、新鮮な影響を紹介するために、展示物が時々変更されています。

コレクションの基本は、福岡アジア美術館の親博物館である福岡美術館によって行われました。福岡美術館では、1979年の開館以来、5年ごとのアジアアートショー、アジア現代アーティストの個展やグループ展を開催していました。各期間のアートシーン。福岡美術館は、狭義の「美術」から除外された民俗民俗芸術にも注目し、現実を反映した作品をコレクションに加えました。福岡アジア美術館は、以下の原則を追求し、過去の成果を基にしたコレクションの充実を続けています。

福岡アジア美術館は、現代西洋の価値から生まれた「美術」の枠組みを守らずに、アジアの芸術の独創性と独特な美学を示す現代的かつ現代的な作品を体系的に収集しています。それは、アジアの芸術の新しい基準を作り出すことを目指して、以下の原則を設定します。
福岡アジア美術館が集まります。
現代から現代へのアジアの芸術の流れを示す作品
アジアの現代美術を考える上で重要な民俗芸術、民族芸術、人気アート
アジアの現代美術を考える上で重要な他の伝統的な工芸品

アジア近代美術とは、アジアの国や地域が西洋の近代美術と文化に触れた後に芸術が上昇した後、個々の創造性に焦点を当てた伝統的な芸術とは異なる新しい表現を求め始めたことを意味する。福岡アジア美術館は、各国・地域の異なる芸術の中で、この「現代」の問題に取り組んでいきます。

展覧会:
アジアの近代的かつ現代的な作品は、西洋の芸術や日本の芸術とはまったく異なる独特の芸術的感性とオリジナリティを呈するように系統的に展示されている。特定のテーマの下では、年に8回表示が変更されます。

「現代アーティスト」「現代アジアアーティスト」「人の芸術」「クロッシングビジョン」など、4つの仮設展シリーズが展示され、異なる時代、地域、ジャンルのアジアの魅力を紹介しています。

「福岡アジアアートトリエンナーレ」は、3年ごとに開催され、最新のアジアのアートを紹介しています。他にもアジア関連の様々な分野の特別展が開催されています。

教育:
FAAMは、幅広い観客に向けたワークショップ、講演会、その他の教育プログラムを提供しています。ボランティアギャラリーのガイドでは、博物館の訪問者がアジアの芸術や文化に慣れ親しんでいると感じる博物館の常設展を紹介しています。また、AJIBIニュース(定期刊行物)やウェブサイトを通じてアジア美術に関する情報を広く配布しています。

研究:
FAAMは、関連する場所や機関を訪れ、書類やアーカイブを利用してアジアの現代美術を研究しています。研究の成果を展示や講演の形で提示します。ローカルで実施された調査によって収集された貴重な情報とアーカイブには、地元の市民や国内外の専門家がアクセスできます。 FAAMの研究者とともに、アジアの美術に関するさらなる研究を続けています。

プログラム:
アジアのアーティストや研究者は、福岡の人々とのインタラクティブな活動に参加するためにレジデンスプログラムに参加するよう招待されます。オープンスタジオ、ワークショップ、公演、講演会など、様々なアート交流プログラムを紹介しています。レジデンスプログラムに加えて、日本国内外の美術館や美術館とアジアのアートに関する情報が交換され、さまざまなプログラムや奨学金の研究者がFAAMで受け入れられます。これらの様々なアート交流プログラムを通して、FAAMは、アジアのアーティストや国内外の研究者や専門家との協力ネットワークを構築しています。

タグ: