黒板アートまたはチョークアートは、ビジュアルアートとして黒板にチョークを使用することです。それはパステルを使ったアートに似ていて、チョークをよく使う歩道のアートに関連しています。黒板アートは、レストラン、商店、または壁でよく使われます。

チョークアートとは、特殊なペンキ塗りの黒板に消えない絵や文字を描いたもので、商店街のアートやレストランの店頭や店内で飾るための看板アートの技法です。現在、それはそのような肖像画、ウェルカムボードやインテリアなどのさまざまな分野に導入されているとして広く認識されています。素材や色の工夫によるポップな印象や高輝度の作品が多く、独特の存在感のある芸術です。

原点
チョークアートの起源はイギリスのパブサインと言われています。彼はイギリスの移民と共にオーストラリアに旅行し、オーストラリアの看板係によってよりカラフルで芸術的なプレゼントフォームになりました。もともとチョークで描かれていましたが、耐久性と色の必要性に応じて、オイルパステルは徐々に主流になるでしょう。今日では、画材の種類にかかわらず、黒板に描かれたすべての芸術はチョークアートと呼ばれています。

特徴
黒板アートは短命です。

黒板アーティスト
黒板のアーティストには、キャサリン・オーウェンズ、クリス・ユーン、マギー・チョーテ、ブライス知恵、CJヒューズなどがあります。

Related Post

オーストラリアのチョークアート
オーストラリア全土、特にブリスベン、クイーンズランド、ゴールドコーストのレストランで比較的頻繁に見られます。オーストラリアでは、アートはアートではなく看板の方法として認識されていますが、近年では装飾的な絵画、ランチマットなどの食器、皿、カップなど、多くの分野で活躍するアーティストやワークショップが増えています。個人の住居用の銘板、時計、名札などの幅広い製品があり、現在はオーストラリア発の芸術分野として認識されています。

ゴールドコーストには、チョークアーティストが直接率いる職業訓練校があり、数時間のレッスンを受けた後、すべての生徒が各学校から独自の資格認定証を受け取ります。オーストラリアの女性アーティストMonique Cannonは講師として広く知られており、Monique Cannonのアトリエで講師として働いていた女性アーティスト、Lisa PollackとJeff Hapfeldの学校が活発です。活動的なアーティストのワークショップでプロから直接指導を受けるこのシステムは、オーストラリアのアドベンチャースタディツアー(AAST)によって共同で計画され開発されたユニークなシステムであり、この新しいシステムはもともと外部の独自の技術を使っています。伝えたくなかったオーストラリア人アーティスト、そしてオーストラリアでも比類のないユニークな専門学校として注目を集めました。また、企画・PRを担当するAASTは日系企業であるため、研修生のほとんどが日本人であることも特徴です。

日本のチョークアート
日本でのチョークアートは、オーストラリアでその技術を学んだ人々がそれを日本に持ち帰ったときに始まりました。現在、チョークアートはオーストラリアだけでなく日本でも広く認知されており、各チョークアートクラスの参加者数と各オーストラリアの学校の卒業生数も増えています。チョークアートの授業を講師として受講する卒業生が増えており、今や日本で自由に作品を購入したり、教室で授業を受けることが可能になっています。日本で最初に設立された協会は「Japan Choke Art Association」であり、それ以来他の多くの団体や団体が設立されています。しかし、オーストラリアの職業訓練校と日本の各協会が後援する学校の卒業生の場合、全員が個人資格証明書を授与され、同じ称号を持っているので、それぞれの能力の違いによって能力はかなり異なります。 。場合によっては(講師と同様に)あります。たとえあなたがレッスンを受けたとしても、授業料はしばしばオーストラリアの専門学校より高いです。日本に存在する3つのチョークアートの権利グループは、それぞれ独自の活動を特徴としています。

ギネス世界記録もあり、2014年10月12日、魚津商工会議所の珠洲倶楽部が、テーマが魚津市のミラージュランドイベントであるか、絵が完璧に描かれているか、308枚認定、従来の記録を変更しました。

日本で活動している任意団体
日本チョークアート協会
CAA日本チョークアーティスト協会
モニクチョークアート協会

Share
Tags: Art media