航空機安全カード

航空機安全カードは、飛行中に発生する可能性のある様々な緊急事態に対処するための手順について航空機の乗客に指示する文書である。

セーフティカードは、通常、すべての商業飛行の航空会社によって提供されます。通常、各乗客の前の座席の後ろにあります。 フライトアテンダントやビデオプレゼンテーションの前の飛行前の安全デモは、乗客に離陸前に安全カードを習得させるよう指示します。

カードはしばしば積層されているか、またはプラスチック製であり、それらが見つかった飛行機のモデルに固有の説明書を含んでいる。 内容は、通常、シートベルトの座屈、飛行機の衝突時の衝撃に対抗する、減圧を扱う、緊急出口ドアを開く、水上着陸の際に救命いかだを膨らませるなどの手順を図式的に示す写真の形態である。 グラフィック表現により、乗務員とは異なる言語を話す人、子供や文盲の乗客にカードにアクセスできるようになります。

通常の安全カードに加えて、緊急時の座席列の一部の航空会社は、これらの緊急出口の正しい動作を具体的に示す追加の地図上の翼の上を出ます。

航空機の安全カードは、航空熱狂者のコミュニティの間では、航空会社、航空機の種類、文化、過去の歴史を反映しているため、収集可能なアイテムです。 航空機の緊急装備の一部であるため、航空機からボードを取り外すことは禁止されています。 便宜的で最も有望なのは、客室乗務員にカードを求めることです。

概要
通常は旅客機の座席のポケットに用意されており(格安航空会社の中には座席の前に安全のしおりの内容が書かれたシールが貼付されているものもある。)、緊急時対応及び禁止事項などを記載している。機種ごとに制作されている。機種によって避難経路やドアの開け方、酸素マスクの使用方法などが異なることから、離陸前には全ての乗客が、客室乗務員による緊急時対応の案内や安全ビデオと伴に、目を通すことが求められている。

殆どの航空会社においては、自国語と英語の併記がされている(英語では「Safety Instructions」や「Aircraft safety card」と呼ばれる)ほか、スペイン語やフランス語、日本語やドイツ語などの主要言語による記載がされている場合もある。また、日本航空やブリティッシュ・エアウェイズ、アメリカン航空などの大手航空会社を中心に、点字版も用意している航空会社も多い。なお、緊急時に安易に理解できることと、英語など外国語が理解できない乗客も、内容が理解できるように、絵や写真やピクトグラムが多用されている。

なお、日本を始めとする先進国においては、全ての旅客機(貨物機の荷主などが搭乗する座席部分や日本国政府専用機も含む)に、常時最大乗客数分を用意するように法令で義務付けられている。このため、世界全ての航空会社において、機内から持ち出すことが禁止されているが、機材引退や内容の改訂に伴い、不用品として放出されたものが旅客機マニアの間で取引されており、専門のコレクターも存在している。

機内安全ビデオ
また、紙の安全のしおりと併用して、離陸直前に機内安全ビデオの上映、または客室乗務員による機内安全に関する口頭説明・実演が行われる。後者は主にビデオ上映設備を搭載しない小型機や格安航空会社等で行われることが多いが、ビデオ設備がある場合でも映像に合わせて客室乗務員が実演することもある。

内容は安全のしおりとほぼ同じで、ビデオ方式の場合は普通、航空会社所属の国家による母語と英語で説明が行われ、放送言語がわからなくても映像を見ただけで内容が理解できるようになっている。また、近年ではバリアフリーの観点から、字幕や手話映像も挿入されている。また、航空会社により、各言語用の吹き替え版が用意されていることがある。

機内安全ビデオの場合、航空機の機種ごとに非常口の位置や数などが異なるため、機種ごとに制作されることが多い(例外として、日本航空はビデオ方式を採用する全機種で同一の映像を放送する(ただし国内線と国際線では異なる)。たとえば、非常口は「安全のしおり」で確認できると説明している)。

最近ではより注目されやすくするために、堅苦しい画一的な内容から、エンターテイメント性を重視した内容の安全ビデオ(スターフライヤー、ニュージーランド航空など)や、サウスウエスト航空のようなラップを取り入れた客室乗務員の実演など、工夫も見られるようになった。

主な記載内容
離着陸時の注意
緊急時対応
非常口の位置
非常口/ドアの開け方
酸素マスクの使用方法
安全姿勢のとり方
救命胴衣の使い方
機内における禁止事項
その他注意事項

Share